ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:
12月31日である。もし今日が昭和47年最後の日で私が今くらいのファンならあと2日待ち遠しくてたまらなかっただろう。昭和48年1月2日大場対チャチャイ戦。
大晦日1年の最後の日であるが、歳を取るにつれ、ただの12月31日、明日は1月1日。コンビにも開いている。街のデパートも。私が子供の頃とは大きくかわった。正月の雰囲気もテレビだけに感じる。2007年今年はあの三馬鹿亀田兄弟の嫌な印象で幕を閉じる。
2008年こそ期待に大きく胸を膨らませられた少年時代を思い出させてくれるようなボクサー
試合に出会いたい。そして坂田、内藤の様に努力して栄光を掴んだ者が評価される正しい年になって欲しい。
そして明日私は誕生日
皆様良いお年をお迎えください。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日書きました。網膜剥離すっかり忘れていたがあのレナードも患っていた。彼軌跡は多くの方がご存知だろう。1987年4月試合は行われた。その前に放送されたHBOの特番で
ハグラーのインタビューがあった「私のデビュー戦は50ドル、かれは何千ドル。なんで3年近くも試合をしていないボクサーが私に挑戦出来るんだ。彼は特別なのか?私は負けない。」
一方レナードは「これは夢だ、しかし現実になる。」つまりハグラーと戦って3階級を制覇する、という事かな?と思った。試合は接戦だったがレナード(私は3ポイントハグラーの勝ち)
試合後リングで変なダンスをするハグラー。判定はレナードこのあとレナードはハグラーに
「ヘイ、マービン、ウィ スティル フレンド?」と話しかけている。レナードも勝ったとは思ってなかったんだろなと私は思った。この試合はHBOで録画放送され視聴者のアンケ^トを先にとってあり番組の冒頭で発表されたが6対4でハグラーだった。その後ハグラーは再戦を求めるもレナードは返上しカンバック欺瞞の5階級制覇。殿堂では2人が接触しないように関係者が気を遣っていた。2人も言葉を交わしたシーンは私は見なかった。
レナードに話しかけた。「私はあなたに会うのが夢だった」と彼は「じゃ次の夢は?」と聞いてきた「今は無い」と答えると。ウインクして笑い「早く次の夢をもってかなえろ。」といってサインと写真を撮ってくれた。いまなら「あなたとハグラーの再戦が見たかった。」といっていたかな?
注 当時私はアメリカにいましたがテレビの訳は自分なりに訳したところもあると思います。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふと思ったのだが、鬼塚と辰吉どちらも眼を患った。鬼塚はアルマンド・カストロ戦だったという。私自身は中島との2戦目あたりだと思っていた。次の北澤戦でロープに下がり迎え撃つ。というスタイルだった。「世界へ行った時の対処。」的な事を言っていたが。
ところで鬼塚視力表を覚えて予備検診をパスした。と言っていたが、私はこれは多いに疑問である。視力が落ちているなら指されてる場所がはっきりしないから、覚えていても無理なのではないか?私が思うにコンタクトを入れての検査ではなかったのか。と勝手に思っている。
辰吉にいたっては、裂肛(字はあっているかわからない)剥離と来た。辰吉自身が眼の具合が悪く病院に行き発覚したのだと思う(違ってたらすみません)。その後辰吉ルールなどといわれながら王座返り咲きを果たすなどした。対象的に鬼塚は最後の試合後網膜はく離を告白して引退した。
2人の世界チャンピオン、マスコミを避けた鬼塚、マスコミを意識した発言をした辰吉。何から何まで対照的な2人だったな。ふと昔を思い書いてみました。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日ボクサーのサインについて書きましたが、今度はサインを頂く方について。サインしてもらう方にもマナーがある。良く会場でチャンピオンが関係者と話している時に「失礼します」とか「お話中すみませんが」も無く「サインもらえますか?」というファンを見かける。これでは相手もサインしようという気にならない。仮にしてくれても明らかに不快な表情になっている。話が終わるまで待つか。上記の言葉を先に言ってから色紙を出して欲しい。
次アルゲリョが日本に来たときホールで観戦中彼の後ろから肩を叩きサインを貰ってるファンを見たことがある。せめてラウンド終了のインターバルにしよう。アルゲリョはサインしていたが・・・サインいただいたら必ず「有難うございます」人として常識。
その他私が試合会場でみた信じられない光景だが、ある元チャンピオンが観戦後会場をでた。そこに一部の観戦後の若者が「あ、○○や」と言って後ろから彼の方に手を掛け跳び箱の様に飛びこえようとした、それをみた周りの仲間も彼を囲みプロレスの入場の様にパチンパチン叩いていた。驚いた元チャンピオンは走ってその場を逃げたが、彼でなかったら乱闘になっていたかもしれない。もはやこんなのはファンにあらず。
あなたのその行動がその応援されたボクサーの品位を落とす事を忘れないで欲しい。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
多くのボクシングファンなら憧れのボクサーを見かけたら写真やサインをしてもらいたいと思うのではないだろうか?ただ相手の都合もある。しかし断るにしても断り方があると思う。
話は違うが、私が小学生の頃地元の球場でプロ野球の試合が開催される日があった。その日私は球場の近くを家路に向かい歩いていると、プロ野球の選手が球場入りするのがみえた。テレビでしか見たことの無い選手が近くにいる。そう思い走って近づいてみた。みんなでかい。で、思ったサイン欲しいな。当時は野球選手なら誰でもよかった。たまたま学校で使ったペンをカバンから出し学年帽子を差し出したが、だれも書いてくれない。そのうち一人の選手にペンと帽子を叩き落とされた。今思えばただ単に手が当たり落ちたのかもしれない。しかし当時の私には物凄いショックであった。その選手は振り返る事もなく球場入りしていった。泣きたい気持ちで帰りだすと今度は阪神の選手が見えた、ただなんとなく近づきみていた。皆前を通り過ぎていく。しかしそんな私の帽子とペンをとりサインしてくれたのが、ラインバックであった。その時の喜びは、30数年近く経った今も忘れない。以来私は阪神ファンである。
ボクサーのみなさん。タイミングの合わない時もあるでしょうが時間の許す限り少年には特にサインしてあげてください。その一筆が明日の世界チャンピオンを作るかもしれないのですから。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。