ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。



$ボクシング・メタボリック
$ボクシング・メタボリック $ボクシング・メタボリック
$ボクシング・メタボリック
$ボクシング・メタボリック $ボクシング・メタボリック $ボクシング・メタボリック $ボクシング・メタボリック



$ボクシング・メタボリック

大場さんのダイジェストを観てファンになり約30年あの時代感動をもう一度味合わせてくれるボクサーは今後現れるのだろうか。

出来ることなら昭和のボクシン黄金期を堪能したかった。来たれボクシング黄金期よ再び。頑張れ日本ボクシング界グー

強豪との対戦を避け先に進むボクサーより挫折を乗り越えて這い上がってきたボクサーを応援いたします。 ボクシングファンたるもの紳士であれ。












NEW !
テーマ:
「ボクシング・10回戦」(28日、名古屋国際会議場)

 前WBO世界ミニマム級王者の田中恒成(20)=畑中=が50キロ契約のノンタイトル10回戦に臨み、IBFライトフライ級10位のレネ・パティラノ(24)=フィリピン=に6回2分23秒KO勝ち。ライトフライでの2階級制覇へ弾みを付けた試合後、リング上でWBA同級王者・田口良一(29)=ワタナベ=に挑戦状をたたきつけた。

 勝利の余韻冷めやらぬうちに田中はマイクで挑戦状をたたきつけた。「田口選手、挑戦を受けてください!」。日本人対決を望む地元のファンからドッと歓声が沸いた。

 対戦を熱望した田口は8月に次戦を予定する。畑中清詞会長(49)は「挑戦者ですからね。全てチャンピオンに合わせますよ。東京に行ってでもやりたい。今から電話します」と鼻息は荒い。8月ならインターバルは約2カ月しかない。低い体勢だったパティラノの頭に何度も両拳が当たった田中も「もう冷やしてますから。すぐ次にスタートしたいので」と戦闘モードだ。

 試合は6回、ラッシュから右、左と当ててダウンを奪うと、倒れた相手に10カウントを聞かせた。それでも「理想には全然及ばなかった。倒すことをテーマにしていたけど、倒し方、詰め方はへたくそでした」と反省した。

 世界奪取は日本人最速5戦目だった。田口との日本人対決を制して、井上尚弥に並ぶ世界最速8戦目での2階級制覇へ。目標への第2章完結の日はそう遠くなさそうだ。

う~ん田中選手の希望は田口さんですか? 田口選手も井上選手相手に判定まで粘ってますし、決まったらどうなりますか。田口選手次も選択試合で行けるんでしょうか?何よりできれば、八重樫選手かニエテス希望です。
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
WBOミニマム級王者・田中「自信ある」2階級制覇へ前哨戦
デイリースポーツ 5月28日 7時0分配信


 「ボクシング・10回戦」(28日、名古屋国際会議場)

 ボクシングの前WBO世界ミニマム級王者・田中恒成(20)=畑中=が27日、50キロ契約のノンタイトル10回戦の前日計量に臨んだ。

 田中はリミットの50キロ、対戦相手でIBFライトフライ級10位のレネ・パティラノ(24)=フィリピン=は900グラム少ない49・1キロで、ともに一発でパス。田中は「久しぶりに本当に調子がいい。自信もある」と話した。

村田“シューズ効果”期待「次の試合へのサポートになれば」
スポニチアネックス 5月28日 7時2分配信



 ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太(帝拳)や陸上長距離の設楽悠太(ホンダ)、サッカー日本代表DF太田宏介(フィテッセ)らが、東京・表参道で28日にオープンするナイキのランニングサービス専門店のイベントに参加した。

 7月23日に米ラスベガスでプロ11戦目を予定している村田は施設を体験し、足の外側から着地する傾向をチェック。自身に適したシューズを勧められ「今回は走ることをしっかりやろうと思っていた。次の試合への大きなサポートになれば」と効果を期待していた。

減量から解放された田中、昨年はポイント全部取られての逆転KOでしたが、井上選手のような本来の動きをみせてくれるでしょうか?できれば、八重樫さんに挑戦して欲しい。打撃戦になりそう。あとはWBCのメキシコ人ですが、あんまりみたくないし、田口さんは宮崎さんみたいたし、WBOのニエテス戦もありますな。出来れば強いチャンピオンから取って欲しいですね。

どうでもいいですが、高野引退表面、ジムの歴代のチャンピオンも怒っているって、んなわけないでしよ、興味ないしょ高野なんかに。協栄最近ジムで婚活やってるっうから(笑)ボクシングジムとしてはほぼ終わってますな、坂田さんも代表辞めたみたいだし。
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ボクシング・IBF世界フライ級タイトルマッチ」(25日、北京)

 IBF世界フライ級タイトルマッチが25日(日本時間同日深夜)、中国・北京国家体育場・ダイヤモンドコートで開催され、王者のアムナト・ルエンロン(36)=タイ=が、挑戦者で同級1位のジョンリエル・カシメロ(26)=フィリピン=に4回2分10秒KOで敗れ、6度目の防衛に失敗した。WBO世界暫定ライトフライ級、IBF世界ライトフライ級の王座を獲得したことのあるカシメロは2階級制覇を達成した。

【写真】井岡家の“夢”砕いたアムナト満面の笑み

 2014年5月に大阪で現WBA世界同級王者の井岡一翔(井岡)を判定で退け、15年3月にはマカオで中国の英雄である五輪2連覇の鄒市明(中国)からもプロ初黒星を付けたタイの技巧派王者が北京で壮絶に散った。

 この試合は北京で開催されたIBFの年次総会における目玉イベントとして位置付けられ、元統一世界ヘビー級王者のマイク・タイソン氏を招待するなどして挙行された。ところが試合前日に万里の長城で行われた公開計量で、王者と挑戦者がともに規定体重を超過するという前代未聞のハプニングが起こる。試合の成立が危ぶまれたが、数時間後にIBFが、計量は地面が水平に保たれておらずアトラクションで、ホテルで公式に行ったところ両者ともリミットでクリアしたとアナウンス。タイトル戦として行われることになった。

 両者は昨年6月にタイ・バンコクで対戦し、アムナトが3-0で防衛に成功。しかしアムナトの反則乱発のファイトスタイルとレフェリングが問題視され、再戦指令が出ていた。

 試合では序盤、アムナトが左ジャブを当ててペースをつかみつつあったが、4回に衝撃的場面を迎える。リング中央で右ストレートから左ストレートにつなぐ逆ワンツーを放った王者に、カシメロの左フックのカウンターが直撃。顔面から前のめりにダウンしたアムナトは何とか立ち上がるが、ダメージは大きく、カシメロの猛攻からの左ボディーでもん絶した。

 14年1月から保持してきた王座を手放したアムナトの通算戦績は18戦17勝(5KO)1敗。新王者のカシメロは25戦22勝(14KO)3敗。試合後、カシメロ陣営は軽量級最強と目されるWBC世界同級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との統一戦を行いたいとの意向を示した

さてアムナットが陥落、井岡選手は7月に防衛戦を予定してるようですが、クリアしたら年末に統一戦へとなるんでしょうか?しかし計量がアトラクションって良くわかりませんな。
いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自民党がボクシング振興議員連盟設立 村田諒太ら出席
デイリースポーツ 5月25日 11時24分配信


 自由民主党の議員有志が、主にアマチュアボクシングの振興を通し、競技環境の整備や青少年の健全な育成を図る目的で立ち上げた「自由民主党ボクシング振興議員連盟」(西村康稔会長)の設立総会が25日、衆議院第二議員会館で行われた。

 総会には、元プロレスラーの馳浩文部科学大臣、橋本聖子参議院議員らも出席。また、山根明日本ボクシング連盟会長、ロンドン五輪ボクシング・ミドル級金メダリストで、IBF世界同級3位の村田諒太(帝拳)も招かれ、ロンドン五輪当時の体験として、メディアの力の大きさや、マルチサポートセンターありがたさなどの体験談を語った。

 山根明会長は「このような会を設立していただいて感無量です。リングで闘うのは選手。法人は陰に隠れて支える。国会の先生方の力で、アマチュアボクシングを大きくして下さい」とあいさつした。

サポートしてもらって、ボクシング人口が増えて世界でメダルが取れる選手が沢山でるといいですね。アマチュアボクシング界に取ってはよい流れですね。あとはプロ転向時にすんなりさせてあげてほしいですね。
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
浪速のショー」中沢奨が東京の帝拳ジムで修行へ
日刊スポーツ 5月25日 0時16分配信

ボクシングの日本スーパーバンタム級13位中沢奨(23=大阪帝拳)が東京の帝拳ジムで1年間“修業”することが24日、明らかになった。大阪帝拳ジムの吉井会長が「本人から『環境を変えたい』と話があった」と説明した。



 中沢は高校4冠を達成し「浪速のショー」の愛称で将来を期待されてきた。しかし、3月27日のテイル渥美(渥美)戦で4回TKO負け。デビューからの連勝が8(4KO)で止まり、武者修行を直訴した。今後は籍こそ大阪帝拳に残すものの、都内に拠点を移すことになる。

 また、13年全日本バンタム級新人王の池水達也(23)も井岡ジムへの移籍が決定。同会長は「次の試合は井岡ジムでの試合になる」と説明した。池水も3月27日の試合でプロ2敗目(通算13勝6KO2敗)を喫していた。

 元WBC世界バンタム級王者辰吉丈一郎(46)の次男寿以輝(19=大阪帝拳)が順調にキャリアを重ねる裏で、看板選手がジムを離れるまさかの展開になった。

いろいろな事情があるんでしょうね。中澤選手は、サッカーのレンタル移籍とはちと違いますが、本家へという事で、環境が変わってどう変化しますか?何よりファンは分かりやすい試合をしてくれれば、ジムがどこだろうと関係ないですよ。
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。