ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。



$ボクシング・メタボリック
$ボクシング・メタボリック $ボクシング・メタボリック
$ボクシング・メタボリック
$ボクシング・メタボリック $ボクシング・メタボリック $ボクシング・メタボリック $ボクシング・メタボリック



$ボクシング・メタボリック

大場さんのダイジェストを観てファンになり約30年あの時代感動をもう一度味合わせてくれるボクサーは今後現れるのだろうか。

出来ることなら昭和のボクシン黄金期を堪能したかった。来たれボクシング黄金期よ再び。頑張れ日本ボクシング界グー

強豪との対戦を避け先に進むボクサーより挫折を乗り越えて這い上がってきたボクサーを応援いたします。 ボクシングファンたるもの紳士であれ。












NEW !
テーマ:

【BOX】山中、「神の左」に磨きかける…11度目防衛戦へ下半身強化
 プロボクシングWBC世界バンタム級王者・山中慎介(33)=帝拳=が、地獄の合宿で下半身をいじめ抜き“神の左”をさらに進化させる。走り込み合宿を行っている沖縄・恩納村で29日、砂浜での1時間走や短距離ダッシュなどを行い、30度を超える厳しい暑さの中で自らを追い込んだ。

 9月中旬に大阪で11度目の防衛戦を予定する山中は「文句なしの環境でやらせてもらっている。さらにパワーアップしなくちゃいけない」と言葉に力を込めた。さらに「僕の左ストレートは、爪先から伝わるもの。それを忘れないようにしたい」と明かした。今合宿で強打の土台となる下半身を鍛え抜き、神の左にさらに磨きをかけるつもりだ。

 先輩王者の存在も刺激だ。今合宿には元世界2階級制覇王者・長谷川穂積(35)=真正=も参加。長谷川は参加4選手の中でもトップクラスの走力を持っており、山中は「速い。内山(高志)さんもそうだけど、現役の先輩には勇気づけられる。自分もまだまだ頑張れると思わせてくれる」と話した。灼熱(しゃくねつ)の太陽の下でさまざまな刺激を受け、日本歴代2位タイのV11へ向かう。(三須 慶太)

長谷川選手のキャンプ参加で思い出したが粟生選手はどうしてしまったんだ。仙台の試合キャンセルしてしまったんで1年以上試合してないんじゃないか、長谷川選手も頑張ってるんで、ぜひとももう一度リングへ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

和気 先手必勝で世界王座奪取誓う 「スーパースターになります」
デイリースポーツ 6月29日 6時59分配信
 「ボクシング・IBF世界スーパーバンタム級王座決定戦」(7月20日、エディオンアリーナ大阪)

 世界初挑戦のリーゼントボクサー・和気慎吾(28)=古口=が28日、都内で練習を公開した。対戦相手のグスマンは21勝(21KO)無敗の強敵だが、和気は順調な調整を積んでいる。

 フィリピン・スーパーフライ級王者で、東洋太平洋同級6位のジョナス・スルタン(25)=フィリピン=との2ラウンドのスパーリングではスピードと手数で圧倒。「練習通り、相手のサイドに回れている」と調子の良さをアピールした。

 古口哲会長は「1回からポーンと飛び出せば面白い。(前WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の)内山(高志)君が倒されたようなことがあるかも」と、4月に内山を先手必勝で2回KOしたジェスレル・コラレス(パナマ)のような作戦も描いている。

 会見で「最高の舞台、見せどころだよ。勝って有名になるんだろう!」と古口会長に乗せられ、あおられた和気は「会長から“おだてりゃ天まで登る”と言われてます。スーパースターになります」と世界王座奪取を誓った。


一部報道ですと、勝ったらドネアなどという話しも出てるようですね。まずはこの試合に勝ってスーパースターへの足掛りを作って欲しいですね
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

村田“百人組手”スパー ベガス2戦目で世界へアピール
スポニチアネックス 6月28日 7時2分配信

 ◇ミドル級ノンタイトル戦 WBC4位 村田諒太―ジョージ・タドニパー(2016年7月23日 米ネバダ州ラスベガス・MGMグランドガーデンアリーナ)

 ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリスト・村田が27日、都内のジムで7月23日のプロ11戦目へ向けたメキシコ人選手とのスパーリングを開始した。招へいしたパートナーは14年9月の同5戦目で対戦し、判定まで粘られた元同国ミドル級王者アドリアン・ルナら3人。この日は1人2ラウンドずつ計6ラウンド、村田一人に対し元気な相手が次々に向かってくる“百人組手”方式のスパーに取り組んだ。

 村田は「1人と長いラウンドをやると相手からのプレッシャーも弱くなってしまう。(自身にかかる)負荷は強いけど、ペースを落としても意味がない」と説明した。24日まで行った約2週間の米ラスベガス合宿でも、同じ方式でスパーに取り組んでいたという。今回はパートナー1人につき一日2~3ラウンドまでに限定。「たまには1人と長くやることも必要だけど、MAXでも一日8~9ラウンドしかやらない」と質を重視する考えを明かした。

 この日は疲れからか、ラウンドが進むにつれて動きが悪くなった。村田も「手と下半身のバランスが合っていない」と反省したが、「試合前に調子の波はあるもの」と前向きに捉えた。プロ11戦目で対戦する37歳のベテラン、タドニパーの映像は帰国後に初めて見たそうで「変則的だけど、極めて変則的というわけではない」と分析。パートナーの一人が似た体形で「いい対策になるのでは」と歓迎した。

 世界初挑戦へ重要なアピールの機会となる自身2度目のラスベガスでの試合へ向け、厳しい練習で自らを追い込んでいく。

百人組手ですぐ思い出したのは、空手バカ一代でした。古い(笑)今度の相手は37なんですね。世間では働き盛りですが、ボクサーとしては年寄りですね。見たことないのでわかりませんが、豪快に倒してアピールして欲しいですね。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

山中、9月に大阪でV11戦 KO防衛へ“最強王者”から刺激
スポニチアネックス 6月27日 7時1分配信

 ボクシングのWBC世界バンタム級王者・山中慎介(33=帝拳)の11度目の防衛戦が9月中旬に大阪で行われることが26日、分かった。山中は東京・錦糸町の東武ホテルレバント東京で開かれた10連続防衛の祝勝会に出席。次戦について「9月に大阪と(帝拳ジムの本田)会長から聞いている」と明かした。山中にとって大阪での防衛戦は3度目。3月に京都で行われたV10戦に続き関西圏での試合となる。

 3月のV10戦はダウンの応酬の末にリボリオ・ソリス(ベネズエラ)に判定勝ち。2試合続けてKOを逃しただけに、練習再開後は「足のバランスを含めて、しっかりいかない部分があった」という武器の左ストレートの修正に努めてきた。

 また、今月中旬には来日したWBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレス(帝拳、ニカラグア)にミットを持ってもらい、1時間連続のミット打ちを体験。「足の動きやパンチを出した次の意識が徹底されていた。ぶっ通しでやったけど、集中力が凄い。ああやって相手の心を折っているのかな」と、全階級を通じて最強と評される王者から新たな刺激も受けた。

 祝勝会は歌手・松崎しげる、俳優・岩城滉一、女子レスリングの吉田沙保里、J1浦和の李忠成ら500人が出席して盛大に開催。「普段応援してくれる方々に、試合以外でも楽しんでもらえるとうれしい」と話した。27日から沖縄で走り込みキャンプを行い、日本歴代2位に並ぶV11への土台づくりを行う。

大阪と言うことは長谷川選手も絡みますよね、多分。相手を発表してくれ
キャンプ終わったら正式に発表でしょうもう少し待ちましょう。7、8、9と関西地区世界戦ラッシュですね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
村田 米ラスベガスから帰国「体の下地ができた」
スポニチアネックス 6月25日 7時1分配信

 ◇ミドル級ノンタイトル戦10回戦 WBC4位・村田諒太―ジョージ・タドニパー(2016年7月23日 米ネバダ州ラスベガス)

 ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリスト・村田が米ラスベガスでのスパーリング合宿を終え、成田空港着の航空機で帰国した。現地では約2週間、それぞれタイプが異なるパートナー4人を相手に計35ラウンドのスパーを消化。1カ月後のプロ11戦目に向け「いいキャンプで体の下地ができた。腕回りもデカくなり、体重も順調。いいスタートが切れた」と充実の表情を見せた。

 従来は日によってスパーの出来に波があったが「崩れなくなった。ボクシング自体が安定してきた」という。体を右に傾けて防御するパートナーが多く、課題だった左のパンチを磨く機会にも恵まれ「試合で使えるか分からないが、練習では良くなっているのかな」と手応えも口にした。次週からはメキシコ人パートナー3人を相手に、自身2度目のラスベガスでの試合へ仕上げる予定だ。

すでに昨日のですが、環境は恵まれてますね、ボブアラムさんは7月のあと12月に日本で1試合とか行ってませんでしたっけ?村田さんは金メダリストからのプロ入りで世界を取ればそれもサクセスストーリーですが日本人でただ1人のミドル級チャンピオン竹原さんも広島の粗大ゴミから世界を取ったサクセスストーリーの成功者ですよね。竹原さんは味があったなぁ、短命政権でしたけど、カストロをダウンさせたボディと、勝者コールを受けた時のあの表情は長い観戦歴でも忘れられないシーンですね。村田さんには是非日本人初の金メダリストからの世界チャンピオンとなって欲しいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。