バイキンくん紫外線に弱い髪の人が増えている理由は?

肌だけではなく、「髪にも紫外線ケアが必要」といった話を、最近、よく耳にします。強い陽ざしのせいで、すぐに髪がパサパサになったり、色が変わったり…。紫外線を浴び続けると、髪も老化していきます。でも実は、皆さんの髪そのものが紫外線に弱くなっていることを知っていますか?

原因は、合成シャンプーです。合成シャンプーの洗浄成分は合成界面活性剤。合成界面活性剤は、たんぱく質変性作用があるため、髪を保護している透明層のキューティクルをどんどん壊してしまいます。キューティクルのない髪は、ストレートに紫外線の影響を受けやすくなってしまうのです。

 


とくに夏は、汗をかくことが多いため、髪を洗う回数が増えます。そのたびに合成シャンプーを使うわけです。合成シャンプーが引き起こす問題は、ただ髪が細くなるだけではありません。頭皮も薄くしていくため、痒みやフケの問題も出てきます。また合成界面活性剤は、皮膚に浸透して、体内にも蓄積するため、重い生理痛やそのほかの子宮に関係した病気を誘発します。

さらに合成シャンプーは、顔やからだにも流れ落ちるので、この場合は、たんぱく質変性作用で肌バリアも薄くなっていきます。

夏が終わり涼しくなってくると、髪が乾燥しきり、からだのあちこちが痒くなる人がどっと増えるのは、頻繁に使った合成シャンプーが原因と思われます。

 

おとめ座石鹸シャンプーで、本当の髪の艶を取り戻そう!

 

「アミノ酸系シャンプーを使っているから大丈夫」という人も多いのですが、これもまた合成シャンプーで、髪や頭皮にダメージを与えます。

「オーガニックシャンプーを使っているから大丈夫」という人は、成分をしっかりとチェックしてくださいね。オーガニックとは名ばかりで、実は合成シャンプーという製品が出回っています。

また合成シャンプーを使っているけど、髪は「つやつや」なので問題はないと思っている人も多いようです。でもその「つやつや」は、本当の艶ではなく、合成ポリマーの偽の「つやつや」です。

合成ポリマーは、髪全体をビニールコーティングしてくれているだけなのです。 偽の艶に満足している間にも、さらに髪は細くなり、芯だけになっていきます。

まやかしの「つやつや」に満足していないで、髪が本来持っている「つやつや」=キューティクルを取り戻しませんか。 キューティクルを取り戻すために、もっとも大切なポイントは、まずは合成シャンプーを止めることです。
 

本当の髪の艶=キューティクルを取り戻すには、やはり石鹸シャンプーを使うことです。

 

ハリネズミ石鹸シャンプーで髪のボリュームアップ、紫外線にも強い髪を育む

長年、使ってきた合成シャンプーのおかげで、キューティクルがすっかり消失している髪には、石鹸シャンプーは、最初のうち、きしみ感があるかもしれません。しかし頭皮から伸びている髪にはキューティクルがあるので、それが順調に伸びてくれば石鹸シャンプーはぐんと使いやすくなります。

何よりうれしいのは、石鹸シャンプーを使い続けていると、まず髪のボリュームが出てきます。そしてまったく合成ポリマーにたよる必要のない、髪本来の艶が蘇ってきます。それは、本物のその人の実力の「つやつや」です。

嬉しいことにキューティクルがある髪は、夏の紫外線にも強くなります。キューティクルには、紫外線を和らげる効果があるからです。そのため、いつもほどほどにしっとりサラサラの髪をキープすることができます。

髪を頻繁に洗う夏だからこそ、石鹸シャンプーを使いましょう。そして紫外線に負けない、本物の「つやつや」髪を大事に育てましょう!

 

 

 

 

イベントの詳細はこちら

 

 

 

 

 

プロフィール

jocacosme

自己紹介:
「日本オーガニックコスメ協会(JOCA)」は、消費者の立場から安心安全なオーガニックコスメを普及する...

続きを見る >

読者になる

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

旧ランキング