1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-11-20 10:08:33

SPACE BATTLESHIP ヤマト試写会

テーマ:TV/映画

(;^_^A予告通り、昨日、行ってきました。


人間万事塞翁が馬


TBS主催、よみうりホールで開催の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」試写会です。

5時50分開場、6時20分上映だったので、開場30分も前に行けば余裕だろうと思っていたら、既に7階のホール入口から続く階段の行列が2階まできてました。

しかも、半数以上がどう見てもヤマトとかSFとか見たことのなさそうなオバサマ方々。・・・そう、キムタクファンの方々です。

全く予想に反する客層に困惑しながら、よみうりホールを埋め尽くす大観衆と共に見た山崎ヤマトの感想は・・・


(以下、ネタばれありです。ご注意ください。)


































先日の記事で期待半分不安半分と書きましたが、残念ながら不安の方が的中しちゃったみたいです。


山崎監督、大好きだったのになあ。

ジュブナイルから始まって、リターナー、三丁目の夕日2作まで、DVDまで買い込む信奉者の一人を自認していたのですが、BALLADでちょっと不安なものを感じはじめ、そして今回のヤマト。

まずもって素材そのものが不安。そんでもってキムタク古代もとっても不安、でも、山崎監督のことだから、きっと思わず唸ってしまうような傑作にしてくれるんじゃないかと祈るような思いで期待していたのですが・・・。


はっきり言って、デビルマン並みの駄作だと思います、コレ。

まあ、誰がやっても難しかったんだろうと思うんですが、それにしても山崎監督らしさの感じられない失敗作だと思います。


どこが悪かったのか、数えだしたらキリがないのですが、まずは冒頭のヤマト発進のシーン。

ここって、この映画の一番の見せ所な訳なんですが、なんだかあれよあれよという間に発進してしまって、ここで得られるはずのカタルシスが全くない!爆発に巻き込まれて消息不明のヤマトが爆炎の向こうから登場する場面だって、ヤマトの巨大感を表現しながら、クローズアップでなめるように撮れば良いのにと思うんですが、なんだか玩具がヒョイと煙に向こうから出てくるような描写で、あちゃー、こりゃ駄目だと。


そのすぐ後の最初のワープ。ここも手に汗握るシーンなはずなんですが、ほえ?これでワープしたの?って感じ。まずもってワープシーンのVFXがチンケだし、ワープ時の船内描写もなんだかなあ。


って訳で、この最初の2つのシーンを観て、すっごく不安に駆られていたら、あとはもうそのままの延長線上で2時間18分、ダラダラとやってくれていました。


不満なシーンを書きあげて行くと超長文になってしまいますし、試写会でタダで見せてもらいながら、酷評しまくるのもTBSに悪いかな?と思って控えめにしておきますが、どうしても言っておきたいのが以下の4点。


まずは、山崎監督自慢のはずのVFX。これもいつものようなキレが感じられませんでした。なにしろヤマトの巨大感が伝わってこず、しかも艦内はいかにも安っぽいセットですって感じ。ガミラス星人もいつもの山崎エイリアンのりで、ちょっとマンネリ過ぎやしないですかい?


二点目は、やっぱりキムタクはミスキャスト。あの人は何をやらせても全く同じキャラなので、まさしくあの調子で古代艦長代理を務めちゃいます。要するに、僕らの持ってる古代進のイメージに対する冒涜以外の何物でもありません。まあ、キムタクムービーとして観に来るオバサマ方にはあれで大満足なのかもしれませんが。


三点目は、脚本が最悪。失笑するしかないシーンがてんこ盛りです。特にヒドイのが古代&森雪のラブシーン。山崎監督は、淡いくて切ない初恋とか、報われない恋とかは上手だと思うんですが、黒木メイサ使っての大人の愛なんてのはやっぱり超不得意なんでしょうね。


そして、最後に最も致命的なのが、14万光年遥かイスカンダルまでのロングジャーニー感が全く感じられないって点でしょうね。これこそヤマトの真髄だと私は思うのですが、それが全く欠如していて、せいぜい往復3日の旅ぐらいにしか感じられません。

そんでもって、沖田艦長に、「地球か・・・。何もかもみな懐かしい。」ってやられたって、何の感動もなく、力なく苦笑いするしかない訳なんですね。


要するに、昔やってた正月恒例のスターかくし芸大会のレベルって言えば、わかってもらえるかな?

・・・ああ、もうこれぐらいにしておきます。

ついつい熱くなって愚痴ってしまうのは、実は密かにかなりハイレベルの期待をしていたからなんでしょね。


最後に一つだけ。

大好きな山崎監督にこんなことは言いたくはなんですが、三丁目の夕日の大成功以来、巨大商業資本に踊らされて、監督が本来撮りたかったものとは違うものを無理やり撮らされているように感じているのは私だけでしょうか?

今回のヤマトが興行的に成功するかどうかはわかりませんが、仮に巨額の宣伝効果でそこそこ成功したとしても、昔からの山崎監督のファンの気持ちは離れてきてしまっているのではないかという気がします。

ここで一旦、巨大商業資本から離れて、小品でも良いから昔のジュブナイルのような佳作作りに戻って欲しいと、切に願ってやみません。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2010-11-12 00:34:20

SPACE BATTLESHIP ヤマト

テーマ:TV/映画

映画ブログにカテゴリー変更すべきかなあ?(;^_^A

この冬一番注目の映画と言えば・・・


人間万事塞翁が馬


SPACE BATTLESHIP ヤマト!

観たいような観たくないような複雑な気分でいたのですが、プレミアム試写会の評判は心配していた程、壊滅的という訳でもなさそうで。そこはそれ、山崎貴監督だけにそれなりのエンターテイメント作品に仕上げてくれているようです。

となると、一刻も早く観たくなってくるのが人のサガ。ダメもとで試写会応募していたら・・・


人間万事塞翁が馬


キターーーーーーーーーーーーーーーーーー!

19日のよみうりホールです!

やっぱりこういうものは最初から諦めていないで、応募してみないと駄目なんですねえ。


来週金曜日、期待半分不安半分で観に行ってきたいと思います!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-19 18:31:50

借りぐらしのアリエッティ

テーマ:TV/映画

観てきました!・・・って訳じゃないんです。

ブログ仲間のK-chan様のこの記事 を拝見して申し込んでおいたチケットが今日届いていました!


クレヲタ予備軍の独り言


「借りぐらしのアリエッティ」の前売券です!


何が凄いかって、そのお値段。

なんと、1枚300円!


購入したのはこのサイト

Qpodという共同購入サイトです。

50%以上の大幅な割引チケットが日替わりで販売されるのですが、一定期間内で最低販売枚数以上の購入がないと取引が成立しないという仕組みです。

買えない場合は決済も生じませんので、ノーリスクハイリターンと言えるのではないでしょうか?


1300円の前売券が300円だなんて、そんなうまい話があるのか?と半信半疑でしたが、こうしてちゃんと到着していますので、世の中にはそういう旨い話もあるみたいです。^^;;;

あ、既にアリエッティの販売は終わってしまっていますので、今から駆け付けてもダメですよ。


レストランの割引券とかも、8500円の料理が3900円とか、不二家ギフト券500円が100円とか、とっても魅力的なお値段ですので、今日は何が出ているのか?と毎日覗いてみるのも楽しそうです。


って訳で、今週末にでも観に行きたいと思います。

どうもYahoo!での評判はイマイチみたいですが、300円なら全体に損はないでしょうからね。^^;;;

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-13 13:03:16

アイアンマン2

テーマ:TV/映画

今日は久しぶりに休日出勤にならなかったので、「アイアンマン2」を観に行ってきました!

しかも近所の映画館が周年記念日で、全ての映画が1000円!これを逃す手はありません。

人間万事塞翁が馬


で、感想ですが・・・

まあ、こんなもんかなって感じ。

面白くない訳ではありませんが、いやあ、面白かった!と膝を打つような映画ではありませんでした。

やっぱり2作目っていうのは、前編の1.5倍ぐらいじゃダメで、2倍とか3倍とかの面白さにしないと、観る人の期待に応えることが難しいんじゃないかなあ。


1作目もそうだったんですが、飛行機の中でタダで観る映画としては超お勧めです。

お金出すなら・・・まあ、今日の1000円で丁度良いぐらいかな。


人間万事塞翁が馬


主役を食う活躍をしてるのが、女スパイ「ブラック・ウィドー」を演じるスカーレット・ヨハンソン。この人観に行くだけでも価値はあるかも。^^;;;;


そうそう、エンドロールが終わるまで席立っちゃダメですよ。

ネタばれになるので、内容は言いませんが、・・・まあ、2で終わるシリーズ物は滅多にないってところでしょうか。(爆)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-07 01:19:11

実写版 宇宙戦艦ヤマト

テーマ:TV/映画

新年のカウントダウンが終わって、テレビ番組を何気に彷徨っていたら、見ちゃいましたよ。


人間万事塞翁が馬


実写版宇宙戦艦ヤマトのCM。

キムタクが確かに古代進の服を着ていて、山崎努が沖田艦長で、黒木メイサが森雪してた訳ですが、はっきり言って、新春かくし芸大会がもう始まっちゃったの?って感じで出来栄えでしたね。(爆)

どう考えても、キムタクってミスキャストだと思うんだけどなあ。


それよりなにより気になったのがあのVFX。

なんだかメチャクチャ安っぽいCGでヤマトがパルスレーザーとかぶっ放していましたが、まさか我が敬愛する山崎貴監督ともあろう方が、あのレベルで満足しているとは思いたくないです。

公開まであと1年あるので、それまでの間にブラッシュアップされて見違えるようになっていることを祈っているんですが、総製作費は20億円しかないんですよね。

キムタクはじめキャストは金がかかりそうなので、ギャラの支払いに大半が消えてしまって、VFXの方にまでロクにお金が回ってこないのではないかと危ぶんでいます。


山崎監督のことだから、きっと周りの危惧や懸念を引っくり返して、あっと驚くようなヤマトにしてくれるのではないかと期待をしてはいるんですが、同じくSMAPの草薙BALLADの時に、今までの山崎作品のようなシャープさが感じられず、まさにかくし芸大会になってしまっていたので、今回のヤマトもすごーーく心配しています。

ヤマトと共に撃沈してしまわないように、頑張ってくださいね。>山崎監督殿^^;;;;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-23 20:36:23

AVATAR

テーマ:TV/映画

今日はもう一つ・・・


人間万事塞翁が馬


公開初日の「AVATAR」を観に行ってきました。

予告編とか見てもあんまり乗り気になれなかったので、スルーしようかなあと思っていたのですが、米国での興行成績や評判が非常に良いということだったので、まあとりあえず観ておくかぐらいの気持ちで、予約もせずに映画開始20分前に飛び込んだのですが・・・


いやはや、こいつは凄いです!

最初から最後まで圧倒されまくりの2時間42分。これだけ長いと普通、途中で中だるみがあるものですが、この映画に関しては、画面に目が釘付けのままでした。


異世界を0から作り上げようとしたSFやファンタジーはこれまでにも数多くありましたが、ここまで完璧かつ広がりをもって新たな世界を創造できた映画は嘗てなかったのではないでしょうか。

シナリオも非常によく練られていて、それとなく張り巡らせておいた伏線もきちんと手繰り寄せられてクライマックスに向かっていくので、心地よく安心して観ていられます。これぞまさにくエンターテイメントの王道という感じです。


さすがはジェームズ・キャメロン監督!

タイタニックは私的にはちょっと食傷気味だったのですが、過去にターミネーター、エイリアン2、ターミネーター2という今でもSFファンにとっての語り草となる傑作を撮ってきた監督だけあって、また新たなキャメロン伝説の新たな1ページを付け加えたようです。


今年は、スタートレック、ターミネーター4、トランスフォーマー2と、大作が続々と公開されたSF映画豊作の1年でしたが、その中でも文句なくNo.1と言ってよいのではないかと思います。

SF映画好きの方は勿論、恋人同士でラブストーリーを楽しみたい方にとってもお勧めできますので、是非、劇場の3D版でこの新世界を体験してみてください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-05 23:59:58

BALLAD 名もなき恋のうた

テーマ:TV/映画

初日の第1回上映で観にいってきました。


人間万事塞翁が馬


「BALLAD 名もなき恋のうた」


この記事 で書いた通り、山崎貴監督の大ファンとして、三丁目で大ブレイクした後の作品や如何に?ってことで、とっても期待していたのですが・・・


一言で言うと、期待はずれ。

ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、山崎監督過去5作品の中で最低。監督らしからぬ凡庸な作品になってしまいました。


決して面白くないと言う訳ではありません。映画としては及第点だと思いますし、ガッキーファン、草薙ファンなら観にいって損はないと思います。

でも、山崎監督ファンとしては、これまでの山崎監督ならではの持ち味が薄れてしまって、単なる邦画監督の一人になっちゃったのかなあ?という寂しさを覚えずにいられません。

三丁目の夕日のメガヒットで商業主義の手垢にまみれてしまって、こんな作品しか作れなくなってしまったのだとしたら非常に残念です。


この作品がそこそこヒットしてしまって、この程度で良いんだと誤解されない為にも、一度ここで挫折を味わっていただいて、もう一度本来の山崎イズムに立ち帰って欲しいものだと切に願っております。


過去4作品は全て豪華版DVDを買い揃えてきましたが、恐らくBALLADは通常版すら買わないと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-13 12:41:25

BALLAD 名もなき恋のうた

テーマ:TV/映画

今、私が最も期待している映画と言えば・・・


人間万事塞翁が馬


「BALLAD 名もなき恋のうた」


ガッキーのファンじゃありませんし、草薙君が好きな訳でもありません。(爆)

私が注目しているのは、山崎貴監督。

今では「Always」の・・・と言えば、誰でも知っている超メジャー監督になりましたが、第1作の「ジュブナイル」からの大ファンなのです。

Alwaysで大ブレークしたので、昔から何本も映画を撮っているベテラン監督と思われている方も多いようですが、実はAlwaysが3作目、今回のBALLADが5作目。


1作目:ジュブナイル(2000年)

2作目:リターナー(2002年)

3作目:Always三丁目の夕日(2005年)

4作目:Always続・三丁目の夕日(2007年)

5作目:BALLAD名もなき恋のうた(2009年)


1作目のジュブナイルは、その名の通り少年少女向けSFでしたが、山下達郎の主題歌と相俟って子供の頃の夏の思い出がリリカルに蘇ってきて、涙ボロボロものの佳作でした。映画館でも2回観にいって、DVDでも3回ぐらい観た覚えがあります。

2作目のリターナーは、うってかわってマトリックスばりのアクションを駆使したハードボイルドSF。主演が金城武で話題を呼びましたが、今にして思うと山崎監督の得意とするところではあったものの、イマイチ一般ウケはしなかった感があります。

3作目、4作目はあらためてコメントするに及びませんのでスルーして^^;;;


そして5作目のBALLAD!

今までだいたい2年に1作のペースでしたので、そろそろだよな、次は何でくるんだろう?と楽しみにしていましたが、さすがは山崎監督!誰にも思いつかない原作で来ましたね。

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」


まさかクレヨンしんちゃんがこんな形で実写化されるとは!

つーか、しんちゃんは借り物で、あの感動のストーリーの方の映画化なんですけどね。お尻フリフリとかぞーさんとかやる訳じゃないし。

でも、そういうギャグ路線の山崎監督作品も一度は観てみたいかも?(爆)


9月5日から全国の劇場でロードショー。

勿論、初日の第1回目に駆けつける予定です。

草薙君でちょっとケチついちゃっているのと、試写会での評判がイマイチなのが気になるけど、撮る作品皆傑作という山崎監督伝説がここで途切れることのないよう祈っております。^^;;;;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-10 12:27:48

G.I.ジョー!

テーマ:TV/映画

予告編で気になってはいたものの、ヤフーレビューでも評価がイマイチ低いので、どうしたものか迷っていたこの映画。


人間万事塞翁が馬


「G.I.JOE THE RISE OF COBRA」


映画館の無料ポイントも貯まっていたので、まあ暇つぶしで行ってみるか・・・ぐらいの感じだったのですが、いやはやどうしてどうして、この春からの一連のSFもの映画の中でもトランスフォーマーに劣らぬ面白さでした。

期待していなかったのが幸いしたのかもしれませんが、少なくとも私の中では、トランスフォーマー≧G.I.ジョー>スタートレック>ターミネーターって感じの位置づけ。


時間の無駄とか、シナリオが薄っぺらとかいうレビューも多々見受けられますが、そういう人はそもそもこの手の映画を見に行くこと自体が間違っているんだとお思います。最初から最後までノンストップジェットコースターに乗った気分で何も考えずに楽しむにはうってつけの1本。

特にパリの市街チェイスシーンは、予告編比5倍ぐらいの凄さで楽しめます。トランスフォーマーを純粋に楽しめた人には文句なくオススメです!

ちなみに今日私が見に行った劇場では全席完売。観客の皆さんも私同様に楽しんでいる様子でしたよ。


以下ネタバレありなので、ご注意を。


















もう良いかな?

タイトルからして「THE RISE OF COBRA」。コブラという悪の組織の誕生ってことで、最初から3部作狙ってますって感がありあり。ストーリー的にも、続篇への布石を張りまくりで、恐らく2作目の1/3ぐらいまで既に撮り貯めてあるんじゃないでしょうか?^^;;;;

2作目のタイトルは「THE RIVENGE OF COBRA」かな?(爆)

悪役2人に加え、あの大統領、そしてアナがどうなってしまうのか、とっても楽しみです。続篇制作の話が聞こえてきませんが、日本で大ヒットして是非2作目作ってほしいものです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-02 11:18:14

サマーウォーズ

テーマ:TV/映画

昨日観てきた映画。


人間万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬


「時かけ」で大ブレークした細川守監督が3年ぶりに世に問う新作アニメ「サマーウォーズ」!

時かけのスタッフが再集結し、貞本キャラに主題歌が山下達郎ときたら、もうこりゃヒットしない訳がないでしょう。実際、試写会での評判もよく、昨日からのYahoo!映画のユーザーレビューも☆5つがズラリと並んでいるのですが・・・・


イマイチのれなかったなあ。

エヴァ破の後だったから何を観ても・・・ってのもあるのかもしれませんが、それを割り引いて考えてみても、tとりあえず及第点ってとこでしょうか。観る側の期待が高すぎたっていうよりも、作り手が観る側の期待を高く感じ過ぎて、あれもこれも詰め過ぎて今一歩及ばなかったという感じかなあ。


キャラとか、絵とか、風景とか、セリフとか、音楽とか、一つ一つはよく出来ていると思うんですが、それらが全体として繋がっていない。結果として、ツギハギでご都合主義な感じだけが後味として残ってしまったような気がします。


以下ネタバレありなので、ご注意を。






















最大の問題は、ストーリーに新味がないことですね。

はっきり言って、細田監督の出世作「デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム」のリメイク。特に後半の見せ場部分は、そっくりと言っても過言ではありません。ウィルスの集合体である巨大な敵→世界中からのメールでの応援→味方のパワーアップ→残る1個体→ミサイル攻撃をめぐってのカウントダウンの攻防・・・って、これ「サマーウォーズ」ではなくて「ぼくらのウォーゲーム」のストーリーですよ。^^;;;;


リメイクしちゃいけないってことじゃないんですけどね。現に庵野監督なんか胸張って「序」を作っちゃっている訳だから。でも、完全オリジナル新作だろうと期待して観に行ったら「序」を見せられちゃったとなると、みんな怒りますよね。逆にエヴァの場合はそこを上手く逆手に取られてみんな参っちゃっているんですけどね。


人間万事塞翁が馬


劇場先着入場者に配布のポストカード。8月15日から第2弾の配布もあるんですが・・・

それ貰いに行くぐらいなら、エヴァの大入りポストカード貰いにいくわな。(爆)


嗚呼、やっぱり「破」を凌ぐ作品に出会えるのは「Q」を待つしかないってことなのかなあ?

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。