3.11 3年後

テーマ:

あの大地震から早3年。

正直なところ、あの時の記憶は薄らいできている。


津波・原発事故・計画停電・ガソリン給油困難・液状化(浦安)など。



私が住んでいる千葉県の東葛地域では震度5弱程度だったと思う。



家族は皆無事だったが、携帯電話は夜まで繋がらなかった。

家財はほとんど無事だった。

ガスや、水道、電気も大きな影響はなかった。


茨城の実家の近くでは瓦屋根が落ちたり、雨漏りが発生。

ちなみに茨城では長期的な停電、ガスが止まり、水道も止まった。



小さな余震が度々あった。



スーパーは生鮮食品が主に品薄状態だったが、食品であまり困った記憶はない。

たばこは品薄。生産する製品の種類も減った。


原発事故の影響でヨウ素やセシウムが拡散し、水道水に関しては皆過敏になった。

ゆえに、ミネラルウォーターは常に品薄だったし、値段も高騰していた。

近くの浄水場では、子供がいる家庭のみ、水の配布を行っていた。

福島から遠く離れたこの地でも、ホットスポットと呼ばれ、放射線が高値で検出され、市は除染作業に取り組んだ。


ガソリンスタンドの復旧には時間がかかった。1か所で一時的にオープンすると、渋滞ができ、10リッターしか給油できなかった。

病院や介護施設の送迎バスはガソリンの調達に時間を費やした。(数日後より、優先給油ができるようになった。)


大規模な停電はなかったが、原発事故の影響により、東京電力管内で消費電力を抑える必要が出た。企業をはじめ、皆、省エネ生活へと変わっていった。駅やショッピングセンターでは照明が間引きされるようになった。電車の本数も数か月間、間引き運転となった。


千葉県浦安市にある、東京ディズニーランドでは、ゲストに対して売り物のお菓子を配布したり、防寒等の配慮にキャストが夜を通して動いていたという。


また、病院では東北地方からの転院相談も多かったようだ。しかし、ヘリコプターでの移送ならまだしも、高速道路や一般道での移動は、倒壊や地割れ、渋滞等を考えると、かなり困難を極めたに違いない。



私の職場で、仙台出身の同僚が、翌日の12日に車で地元に帰ったが、ほぼ1日がかりだった。しかも、着いたはいいが、給油ができず、長い間帰ってこれなくなった。


また、学生時代の友人は福島の南相馬に住んでいたが、死の淵を彷徨うような状況だったと、後からメールで知った。その時の状況もあり、あまり深くは話を聞けずにいる。



ここまでは、私が住む千葉での話。



岩手県、宮城県、福島県など、東日本の太平洋側の地域では大津波が発生し、多数の死者や行方不明者が出た。多くの建物は流された。

宮城県気仙沼では大規模な火災が発生し、3.11当日の夜はテレビでずっと中継されていた。


仮設住宅での生活者は今でもいる。


福島の原発事故は数か月に渡り、情報が公開されず、東電と国との足並みも揃わず、国民はマスコミの情報に振り回された。避難区域となった近隣住民は、家に住むことができなくなり、埼玉県加須市をはじめ、地方の自治体への非難を余儀なくされた。



これらの経験と知識を、これから先の防災に活かしていけるのか。

記憶や意識は完全に薄らいできている今、僕はもう一度立ち止まって、後ろを振り返って、そしてまた前に進む。

AD

非日常のススメ

テーマ:
ケアマネ更新中期研修
久々に千葉駅で降りた。懐かしい。
この日常が僕にとっては冒険であり、今まで不自由なく生活できたことが奇跡だと感じる。仕事をしているとそれを忘れてしまう。
親には感謝しているが、様々な巡り合わせにもありがとう。
AD

メモ

テーマ:
ケアマネ更新研修2日目。千葉県文化会館。
終了後、バスで総豊へ。移転していた。替わりに茶屋へ入る。抹茶をいただく。妻へ土産。蘇我駅へ戻る。階段を昇ると16年前の僕のスタートラインが見えた。振り返り立ち止まる。夜の冷たい風。京葉線、発車メロディー、OVER。心にしみた。

【出発前夜】


古(いにしえ)より現代に残された遺産。


世界遺産。

日本には歴史的、自然遺産が数多く残っている。


現在の礎は過去にあり、過去の文化・世界を知り身を置くことで、現在の文化を客観的に観察することができる。


僕と妻は過去への扉をたたき、森羅万象への旅へと向かった。。。


【5月1日 土曜日】


20時30分、仕事を終えた僕たちは2つのリュックサックにすべてを詰め込んで自宅を出発。体に負担がかからないよう余計な荷物は省き、軽量化した。気象庁の予報によると連休中の陽気は暖かいようだったが、なにがあってもいいように防寒対策には気を配った。


22時20分、東京駅発のドリーム和歌山号(夜行高速バス)に乗る。3列シート。トイレは車内にある。シートにはブランケットと車内用スリッパが置いてあった。


2列前に座った青年は落ち着きがなく、カーテンを開けては窓の外をよく眺めていた。


【5月2日 日曜日】


8時ごろ、定刻より少し早くJR和歌山駅前に到着。朝ごはんを駅前のセブンイレブンで買い食い。


JRで橋本駅まで行き、南海高野線に乗り換えて極楽橋駅へと向かう。

極楽橋駅から南海高野山ケーブルにて高野山駅へ。
常磐線沿線日記-高野山駅


高野山駅前で南海りんかんバスの1日フリー乗車券(800円)を購入。

大門行きのバスに乗り、大門から奥の院にかけてゆっくりと徒歩で散策。
常磐線沿線日記-高野山内バス1日乗車券


「大門」 11:00
常磐線沿線日記-大門

「金堂」 11:15

「根本大塔」 11:20 内覧可能。


常磐線沿線日記-根本大塔


「金剛峯寺」 11:45

ゆっくりと時間をかけて内覧。45分くらいいたような気がする。
常磐線沿線日記-金剛峯寺

奥の院までの道のりは少しある。

途中で柿の葉寿司を食べたり、散策しながら向かう。
常磐線沿線日記-柿の葉すし 常磐線沿線日記-麩

寺院で連なっていた道も、苅萱堂・一の橋を越えたあたりからは森となり、

過去の偉人たちの石碑が散見できる。
常磐線沿線日記-奥の院へ向かう途中

「奥の院」 14:15

興奮のあまり、写真取るの忘れました。途中で妻が買ったアンプを食べて休憩。
常磐線沿線日記-餡麩


高野山駅までバスで戻り、電車を乗り継いで紀伊田辺駅まで。

スムーズに行けば8時すぎには到着予定だったが、橋本駅からなんば?行きの電車に乗ってしまいタイムロス発生。大阪経由で向かう。
常磐線沿線日記-大阪

ホテルにはかなり遅い時間に到着した。