宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、発生地から半径10~20キロ圏の「搬出制限区域」の家畜を早期出荷する対策について、県は28日の県議会全員協議会で、食肉処理できるのは、同区域の全家畜の22%に当たる約7700頭で、処理には約3か月かかるとの試算を明らかにした。

 早期出荷対象の家畜は10市町の3万3568頭(牛1万8256頭、豚1万5312頭)。

 1週間以内に食肉加工して出荷することで「家畜の空白地帯」を作る狙いだったが、加工場不足などで対策が進んでいなかった。子牛や子豚は食肉にならない規格外として処理するという。

社民党の「ぐじゃぐじゃ」迷走 連立離脱するのかしないのか(J-CASTニュース)
150周年のサムライ遣米使節団 ホテルの窓から褌…(産経新聞)
重くして“エコカー認定”の欺瞞(Business Media 誠)
<税務署員>確定申告書を放置、書類偽造…減給処分に 愛知(毎日新聞)
えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
AD