東京から飛行機で2時間余り。奄美大島(鹿児島県)では、国の天然記念物ルリカケス(体長約40センチ)の親鳥が忙しそうに若鳥に餌を与えていた。森には、柔らかな日が差し、野鳥が木の幹をつつく音が響く。ルリカケスが生息するのは大島を含む奄美群島のみ。1000羽を超えると推定されるが、生態には謎が多い。【足立旬子】

【関連写真特集】毎日動物園・鳥類別館

【関連ニュース】
<鳥の写真特集>「神の鳥」息づく森 中米・コスタリカ
<鳥の話題>トキ:佐渡から「分散飼育」のひなかえる いしかわ動物園
<動物と人間>文化財保護法違反:39歳容疑者逮捕 シカにボーガン
<奄美といえば>在日米軍再編:普天間移設問題、宙に 鹿児島・徳之島と沖縄、政府対応に不信感

<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
「憲法記念日」各地で集会 民間臨調「憲法審査会始動を」社民・福島氏「阻止する」(産経新聞)
もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
熱のこもった演奏 アマバンドが披露 木場ストック2010(産経新聞)
AD