臍帯血移植後2年になります。

テーマ:

こんにちは。Joeです。

 

東京は雨で寒いです。

 

さて、私は明日で臍帯血移植後2年を迎えます。

 

今は血小板を上げる薬と気管支・肺系の薬とアシクロビルを飲んでますが体調は良いです。

 

ただシングレア、クラリスなど肺・気管支系の薬を中断すると肺のマーカー(?)が上がってしまうようで次回肺のCTを撮ることになってます。

 

二年を迎えるにあたり、特に特別な感情は湧いてこないです。ただ単に二年という時間が経ったんだなぁ、と思うだけです。

 

たぶん年末に血小板が1000以下で入院したときに再発を覚悟したときに自分の人生に対しての覚悟も決まったので特別嬉しいという気持ちにならなかったんじゃないかと思います。

 

正直言うと最近は移植して良かったんだろうか?と思うときが時々あります。

 

ただこれは今現在思ってることなので、もしかしたら来年、再来年は違う思いで過ごしているかもしれないです。

 

先日、ご報告させていただいた通り、就職も決まったこともあり、自分の生活自体も少しずつ

通常に戻りつつあるように思います。

 

それは就職するにあたって健康診断を受けたり、書類をもらったり書いたりとか、人と話をする機会があるたびに実感します。

 

「あ~だんだん一般社会に戻っているんだな~。」って。

 

移植後の体にもようやく慣れてきて食べる量の調節だったり、生卵・生魚は食べないとか、牛乳飲むと調子悪くなるとか、昼寝し過ぎるとだるくなりやすいとかその他諸々のことがわかってきて自分の生活に落とし込むのに二年くらいかかったように思います。

 

やれることとやれないことがわかってきて、それを気持ちが受け入れられる状態にやっとなってきたのかな。

 

あとは先のことはわかりませんし、もし再発したときの自分の対応とかも昨年末の入院である程度決めましたので心配し過ぎずにやっていきたいですね。

 

臍帯血移植後2年、白血病発覚後だと約3年、随分やっていないことがありますからそれらをちょっとずつやっていきたいと思ってます。

 

夜お酒を飲みに行ったりとか、旅行とかそろそろ近場でも行きたいですね。

 

当面は新しくいただいたお仕事を一生懸命やろうと思います。

 

なんだかんだいってブログ続いてますね。

 

今まで読んでくださっている方々、ありがとうございます。

 

今後ともよろしくお願いします(*^_^*)

 

今、治療中の方、良い方向へ向かわれることを祈っております。

 

また来年の今を目指して歩んでいきたいと思いますグッド!

 

 

 

 

 

AD