裁判員制度の施行から1年を迎えた21日、「裁判員」の名付け親である松尾浩也・東京大名誉教授が法務省で、「刑事裁判と国民参加」と題して法曹関係者らに講演した。「国民が、お上のやってきた裁きに入り込んで意見を言う時代になった。司法への国民参加は日本の一つの文化になりつつある」と制度を評価した。

 講演では、裁判員裁判経験者の多くが「良い経験となった」と肯定的に受け止めている点について、「裁判員法の成立から5年の準備期間で、模擬裁判などでノウハウを蓄積した。法曹三者が満を持してスタートを切った」と分析。「国民の積極姿勢は今後も変わることがないだろう」と期待を込めた。【石川淳一】

【関連ニュース】
裁判員裁判:起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期
裁判員制度:施行1年 千葉法相「理念が定着しつつある」
裁判員制度:会見へ協力求める 新聞協会が文書公表
裁判員制度:「法廷技術向上、弁護士に必要」日弁連会長
裁判員制度:530人に判決、無期懲役は8人…開始1年

会社に行くのが嫌になった……どうすればいいでしょうか?(Business Media 誠)
岡田外相、上海万博日本館に国旗掲揚を要請へ(読売新聞)
韓国艦沈没で政府閣僚会議 追加制裁で米韓と連携(産経新聞)
「ハイエース」盗、部品輸出 大阪の貿易会社捜索 幇助容疑(産経新聞)
作詞家の吉岡治氏死去=「天城越え」「真赤な太陽」など手掛ける(時事通信)
AD