菅直人首相は15日夜、参院選の民主党の勝敗ラインについて、首相官邸で記者団に「6年前の参院選で獲得した議席、あるいは現有議席と言っていいかもしれないが、それをまずクリアできるかどうかが一つの目標だ」と語った。2004年の同党の獲得議席は50、改選議席はその後の入党者を含めて54に増えているが、どちらを指すのか明確にしなかった。
 首相は8日の就任記者会見で「6年前、岡田克也代表の下で戦った参院選でいただいた議席(50)がベースになる」と表明。しかし、14日には記者団に「まずは現有議席(54)をしっかり確保する」と述べた。このため、記者団が15日、「50議席か、54議席か」と確認を求めたが、首相は直接答えず、インタビューを打ち切った。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
民間人、今後も起用=丹羽中国大使は「適任」
参院代表質問の詳報
沖縄と粘り強く協議=菅首相

参院選、負ければ辞任=自民・谷垣氏(時事通信)
木村前会長を任意聴取=役員ら数人からも―振興銀の銀行法違反事件・警視庁(時事通信)
JOGMEC、米でリチウム権益獲得 年1万トン生産目指す(産経新聞)
子ども手当満額断念「理解してもらえる」と首相(読売新聞)
<ブループラネット賞>米英の2博士が受賞(毎日新聞)
AD