菅直人首相は15日夜、参院選の民主党の勝敗ラインについて、首相官邸で記者団に「6年前の参院選で獲得した議席、あるいは現有議席と言っていいかもしれないが、それをまずクリアできるかどうかが一つの目標だ」と語った。2004年の同党の獲得議席は50、改選議席はその後の入党者を含めて54に増えているが、どちらを指すのか明確にしなかった。
 首相は8日の就任記者会見で「6年前、岡田克也代表の下で戦った参院選でいただいた議席(50)がベースになる」と表明。しかし、14日には記者団に「まずは現有議席(54)をしっかり確保する」と述べた。このため、記者団が15日、「50議席か、54議席か」と確認を求めたが、首相は直接答えず、インタビューを打ち切った。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
民間人、今後も起用=丹羽中国大使は「適任」
参院代表質問の詳報
沖縄と粘り強く協議=菅首相

参院選、負ければ辞任=自民・谷垣氏(時事通信)
木村前会長を任意聴取=役員ら数人からも―振興銀の銀行法違反事件・警視庁(時事通信)
JOGMEC、米でリチウム権益獲得 年1万トン生産目指す(産経新聞)
子ども手当満額断念「理解してもらえる」と首相(読売新聞)
<ブループラネット賞>米英の2博士が受賞(毎日新聞)
AD
 日本テレビの関係者をかたり、「カメラをあげるけど、ケース代だけ払ってほしい」と偽り、約5万円を詐取したとして、警視庁が詐欺容疑で、住所不定、無職岩尾真市容疑者(62)を逮捕していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、容疑を認め、「金が欲しかった」と供述しているという。
 捜査関係者によると、逮捕容疑は4月下旬、明治神宮外苑で、渋谷区の30代自営業男性に、日本テレビの番組名が書かれたカードを提示。「番組の担当者だが、カメラをあげる。ケースが新しいのでケース代だけ欲しい」と偽り、現金約5万円を詐取した疑い。
 実際にはカメラもケースも渡さなかったという。
 男性が今月7日、岩尾容疑者が同外苑にいるのを発見し、110番。同容疑者が逮捕されたという。 

【関連ニュース】
「亀梨さんのブレスレット販売」=投資話で現金詐取、男逮捕
Jパワー子会社から1270万詐取=容疑で元総務部長代理再逮捕
県融資制度の資金詐取=容疑で組員ら4人逮捕
保険金3600万詐取=死亡装い、朝日生命から
暴力団会長、生活保護費を不正受給=466万円詐欺容疑で逮捕

【小鳩退場】邦夫氏「耐え難い」 「兄弟新党も」(産経新聞)
大分で住宅全焼、2人の遺体・4人重軽傷(読売新聞)
<共産党>参院選比例代表の追加公認を発表(毎日新聞)
「首相挨拶に感銘を受けた」小沢氏(産経新聞)
ポスト鳩山は菅副総理最有力 「小沢離れ」志向か(J-CASTニュース)
 毎日新聞が29、30日実施した全国世論調査では、普天間飛行場を沖縄県名護市辺野古周辺に移設する政府方針への「賛成」は41%にとどまり、「反対」は過半数の52%。「最低でも県外」「地元の同意を得ての5月末決着」の約束を守れなかった首相への不信感は6割近い退陣要求となって表れ、発足当初77%を誇った内閣支持率を20%まで押し下げた。

 辺野古移設に反対した福島瑞穂社民党党首の罷免については「適切だ」との回答が56%を占め、「適切でない」は41%。一方、閣僚を罷免された社民党に対しては「連立を離脱すべきだ」が64%、「離脱する必要はない」は33%だった。同党の又市征治副党首は30日、党本部で記者団の取材に応じ、連立維持を求める鳩山由紀夫首相に対し「社民党を切りながら連立をそのままやりましょうというのは支離滅裂としか言いようがない。首相は退陣し、閣議決定に至る過程を反省しないといけない」と退陣を求めた。

 首相への退陣要求は、参院選を控えた民主党内からも聞こえてくる。世論調査では、民主、自民両党の政党支持率が17%と政権交代後、初めて並んだ。政権交代直後は45%対12%で33ポイントの差があった。参院選比例代表の投票先も民主党が前回調査と同じ22%だったのに対し、自民党は3ポイント増の21%で拮抗(きっこう)。みんなの党が14%(前回比1ポイント減)で第3党の地位を保つ一方、舛添要一前厚生労働相が代表の新党改革は1%と前回の4%から失速した。

 民主党の輿石東参院議員会長は毎日新聞の取材に「普天間問題が響いている」と指摘。一方、政府関係者は「閣議決定せずに『首相発言』で済ませ、福島氏を罷免しなければもっと下がった。被害は最小限だ」と見る。ただ、鳩山政権の「頼みの綱」だった事業仕分け第2弾は既に終了。「支持率を上げる手は見当たらない」(首相周辺)と八方ふさがりだ。

 首相は27日夜、公邸でひそかに民主党の小沢一郎幹事長と会談。福島氏への対応を協議した上で28日の閣僚罷免に踏み切っており、小沢氏との連携は一定程度保っている模様だ。小沢氏の党内への影響力はなお大きく、党内では週明けから首相退陣論がどの程度広がるかが注視されている。

 ただ、その小沢氏に関し、資金管理団体による政治資金規正法違反事件で再び検察が「不起訴」としたにもかかわらず「辞任すべきだ」との回答は73%(同5ポイント減)と依然高水準で、「小鳩」体制への国民の厳しい視線が続いている。

 鳩山首相は韓国・済州島から帰国後、首相公邸で約2時間、平野博文官房長官と会談し、社民党の連立離脱について報告を受けるとともに、現在の政局状況についても協議した。【田中成之、坂口裕彦】

【関連ニュース】
毎日世論調査:辺野古移設に反対84% 沖縄県民対象
内閣支持率:続落23%「危険水域」近づく
日本国憲法:「改憲に期待」50%…毎日新聞全国世論調査
衆院選:民主が勢い保つ…終盤、本社世論調査
記者の目:諫早湾干拓事業の開門調査=原剛

首相動静(5月27日)(時事通信)
社民、署名拒否を決定 日米共同声明「辺野古」削除要求(産経新聞)
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
ケータイ圏外だと「嫁も孫も来ない」 総務省が「地方の悩み」報告書(産経新聞)
ストラーダポケットは機能強化でフルナビと遜色ない性能に