政府は31日、拉致問題対策本部の事務局長代理に、4月2日付で内閣情報官を退任する三谷秀史氏を充てる人事を内定した。鳩山由紀夫首相は31日、首相官邸で記者団に対し「拉致問題で一番大事なことは情報収集だ。そういった能力にたけた三谷君を起用することにした」と説明した。三谷氏は警察庁出身で、小泉純一郎政権下の06年4月から4年間、内閣情報官を務めた。

民族の血、先祖捨てる心理に 在日の“帰化タブー”(産経新聞)
トラブル後も速度20キロ超過 大阪市営地下鉄ずさん運行(産経新聞)
国内2例目のロタウイルス胃腸炎の予防ワクチンを承認申請―万有製薬(医療介護CBニュース)
首相動静(4月1日)(時事通信)
鳩山首相、郵政法案決着「一任受けて即断即決」(産経新聞)
AD