死亡した夫の遺産約2億3600万円を隠し、相続税約5800万円を脱税したとして、大阪国税局が相続税法違反罪で、兵庫県姫路市の印刷会社「タツカワグラビア」の達川玉子取締役(64)ら3人を神戸地検に告発していたことが9日、分かった。重加算税を含む追徴税額は7800万円で、すでに修正申告しているという。

 関係者によると、達川取締役は平成19年3月に死亡した夫から、生命保険金など総額約5億2700万円の遺産を実子4人とともに相続した。しかし、親族に依頼して2億円分の金銭貸借契約書を偽造するなどし、遺産を架空の債務と相殺して約2億9100万円と申告、約1600万円しか納税しなかった。

 達川取締役は「夫が命にかえて残した保険金を少しでも多く残したかった」と話しているという。

【関連記事】
遺産脱税、自宅に現金4億3000万円
“ヒルズ族”を在宅起訴 FXで1億6千万円脱税
「貧困ビジネス」で蓄財5億円 名古屋国税局、無料低額宿泊所運営団体を告発
派遣村で国に皮肉 「お気の毒」で済むのか
“脱税マネー”を隠蔽…重い鳩山首相の道義的責任

L&G元会長に懲役18年求刑 「円天、空前の大詐欺」(産経新聞)
「週刊新潮」の記事問題で楽天の三木谷社長らと新潮社が和解(産経新聞)
毎日育英会奨学生 卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
聖地・しまなみ海道、「タンデム自転車」解禁へ(読売新聞)
<雑記帳>エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)
AD