厚生労働省は31日、新型インフルエンザの流行について「現時点では沈静化している」として、第一波が事実上、終息したとの見解を示した。

 同省が同日開いた専門家会議で、長妻厚生労働相の談話として発表した。会議では今後、ワクチンや水際対策など6項目の政策について検証。再流行などに備え、結果を6月中にまとめる。

 ワクチンは、スイス・ノバルティス社から輸入した234万回分(30億円)が同日、出荷しないまま使用期限を迎えた。同省は廃棄方針を示している。

郵政改革法案 指導力なき首相 内閣は分裂状態(産経新聞)
チューリップまた切られる=さらに900本、花博記念公園-大阪(時事通信)
特養介護職に医療行為=「たん吸引」など来年度から-厚労省(時事通信)
首相元秘書、起訴事実認める…偽装献金初公判(読売新聞)
<医療事故>手術器具、腹部に2週間置き忘れ 京都の病院(毎日新聞)
AD