未来は今ここから!

未来から今を見て創造する

~感動社会に向けて。和のこころを、日本から世界に~


テーマ:
3日目の韓国。
とってもいい天気の中、昌徳宮へ向かいました。





ここは世界遺産にも登録されている場所で
多くの観光客が訪れていました。
私は、日本人専用ガイドさんに連れられ、宮廷内を回りました。


 




 







合流したみんなと一枚


 









 




 


美しい装飾の数々にびっくりでした。





光の当たり方によって色が変わる、緑(青)色の瓦。





彩色を施さない質素な造りが、逆に目を引きました。


自然の中でいいエネルギーをいただいた後は、三清洞へ。






ぶらぶらと歩いていると、何やら行列が。







小腹もすいたとこで、何が出る変わらないまま注文し、お店の中へ。





雑誌にも載っているらしく、OLさんやカップルらしき人達が多い。
で、注文の品が来てびっくり。

トッピングと言われて頼んだものが、鍋の中に全部入って出てきた
チーズ、おでん、ラーメン、そして海苔巻。





どうやらトッポギのお店らしいのだけど、かなりアレンジしてあって、全然辛くない。
しかし、韓国は何でも混ぜちゃうと聞いたけど、やっぱりそうだった~



 



しめは、残りのスープとのり、ごま油、コーンが入ったご飯。
これは美味しかった

帰国して知ったのですが、このお店はいつも行列ができる人気店だそうで、たまたま遭遇した私達はラッキーでした。

モッシンドンナ 三清洞本店
http://www.mukshidonna.com/


3日目、まだまだ続きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
韓国2日目。

静かな早朝のソウル市街。
道路も広くて気持ちいい

ソウル駅 


ソウルからしばらく車を走らせ、到着。





ここ独立記念館は、韓国の人は小さい頃から見学に行くスポットだとか。
この日も、多くの家族づれが来ていました。

ここで何をどう感じたか、一言で言うのはとても難しいのですが
お互いを理解し、どう未来を共に作っていくのか。
国家間と人間関係、どちらにも共通するこのことを
本気で考えていかなくてはいけないと、改めて思った時間でした。


独立ランチ


ちなみにランチはいかにも韓国!といったこんなご飯でした。
キムチがとにかく辛かった





夜は寄せ鍋みたいな料理。
おいしくてあっという間に完食

今日もあっという間の一日でした。

ソウル駅前のビルがきれいだったなー




 



 









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

早いもので、韓国から戻って一週間が経ちました。
記憶が褪せる前に、気づきや感動を残しておこう!
と思い立ち、久しぶりにブログを書くことにしました。

――――――――――――――――――――――――

約10年ぶりの海外。
なのに、方向音痴の私が一人で行かなきゃいけないなんて
そんな不安な気持ちで成田へ向かいました。
案の定、空港内で迷子になりながら、ようやく搭乗。





そこで同じ飛行機に乗る友人達と出会い、ほっ
約2時間のフライトで、仁川空港に到着。
ということで、まずは1枚


仁川空港


仁川空港を後にし、その足で明洞へ向かいました。
夕食は、カルグクスとマンドゥが有名な「明洞餃子」。
http://www.seoulnavi.com/food/32/
カルググスは辛くなくて、とても食べやすいお味。
おいしかった~


明洞餃子



食後は、夜の明洞を散策。
色んな屋台があって、たのしー


これ、けっこうウケた。
かわいいチマチョゴリの女の子の下に、リアルなドラえもんとアンパンマン。
その隣にはPSYがいます。


キーホルダー 


お好み焼き?


お好み焼き


白い糸みたいなものをくるくると巻いていました。

 



じゃがいも??


いも 


あめ??


あめ 
 


ウィンナー??


ウィンナー 


SYSの人気はこんなところにまで


くつした 


この写真の男性は誰だろう。


のり 
 


何か分からないものが沢山あるけど、見てるだけでも面白~い

夜もすっかり更けて、いざホテルへ。
道に迷い、約2時間かけて到着

ホテル玄関 



ホテル

さて、あすは本番の観ツアー。
歩き疲れてぐったり・・・
おやすみなさーい

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近の新聞の紙面を賑わせている話題と言えば、阿倍政権が掲げる経済対策案。
日本経済再生に向けて、政府が大規模な経済政策を打ち出しているのは周知の事実。
デフレ脱却をはかり、雇用創出からGDPの上昇を目指しているとのこと。

対策を講じることで、逼迫している日本経済に成長の兆しが見えてはくるだろう。
しかし、その成長が持続的なものになるかは疑問である。

2011年3月11日、東日本大震災、津波、福島原発事故が発生した。
これらは、全世界を震撼させる事態となった。
「このままでいいのだろうか」
そんな意識の変化が起こった日本人は少なくないはずだ。
ボランティアに邁進する人も増え、今までのライフスタイルの変化が起きている。
また、あれだけショックを受けたにもかかわらず、日本は復興へと前進している。
これはとてもすばらしいことだと思う。

だが、今の日本を見ていて、これらのショックを超えるショックが入らなければ、現状からさらに転換させることは限界では・・・と感じている。
それは、大規模な経済政策でも難しいかもしれない。
リセットは、今まで受けたことないほどのショックとの出会いによって起こる。
人間が持つすべての概念からの総リセットが、大きなショックとして持続的な成長エンジンを稼働させるきっかけになるだろうと感じている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一週間前、突然母から来たメール。

「手術のため、入院することになりました」

色んな病気を併発し、長年薬のお世話になってきた母。
今まで何度もこんな状態はあったけど、母の淡々としたメールを見ながら、今回ばかりは本当に事実なんだろうかと、どこか夢を見ている気がした。
私はすぐ母に電話をして確認したが、やはり本当だった。

私がとらわれたら母が一番とらわれて不安になる。
私が元気にとわれない状態でいなければ!

と思い、明るく電話を切ったが・・・・
このままで生きながらえることが、母にとって幸せなんだろうか?
他に方法はないんだろうか?
もう会えないかもしれない。
でも生きていてほしい。
そんなことを毎晩考え、今日ももうすぐ夜が明けようとしている。

病の原因はわかっている。
体の健康は心の健康と切り離せないということを。
ずっと痛めてきた心が、母の病を生んだことを。

健康とは何?
病とは何?
心とは何?
なぜ生きることが苦しいのか?
苦しみの原因は何なのか?
どうすれば人と人が分かり合えるのか?
なぜ戦争が終わらないのか?
戦争の原因は何なのか?
人間とは何なのか?
なぜ生きるのか?
生きてどうしたいのか?
死ぬってどういうこと?
今の目の前の現実は何なのか?
日本に生まれた意味とは何なのか?

あらゆる疑問を解決することができないまま生きることが、人間をこんな状態に追い詰めてしまうのか。
ということをいくら自分が分かっていても、それを共有して、共有した相手自らが変化できるようにさせてあげることができなければ意味がない。

人間が持っている判断基準(マインドーム)がどういうものかを知るだけでも平和になれるんだ。
さらに、宇宙の外、観点の外まで幅広く深く観点移動すれば、幸せ・感動になれるんだ。

悔しくても誰も恨めない。
こんな歴史を生み出した人間の脳と五感覚に固定された観点からイノベーションを起こす必要性を、いかに多くの人と共有していくか。
そうなったとき、一瞬一瞬の全てとの出会いが疎かにできないようになる。

「風邪ひいてない?」
「ごはん食べてる?」

何気なく送られてくる母のメールに返信することもなくやり過ごしていたことを、こんな時に反省するなんて。
母だけでなく、私の周りにいる人、物、すべてに対して、出会いのマンネリを重ねている。

今ここ最高な状態で生きることが、すべての出会いを感動にし、安心で満たされた状態として影響を与えていく。
私もいい加減、根底から変わらなきゃね・・・。

支離滅裂ですみません・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、涙が出るほど悔しかった出来事がありました

自分のプライドが傷ついたとか、分かってもらえなかったとか
そんなレベルのものではなく

どこまでもどこまでも、自分が作った概念全てをゼロにできる力
ゼロの心を、いつも創造し続けているのかどうか
それをいかに今ここで実践できるのか
自分のアイデンティティを試され、まだまだ未熟な自分を確認したからです

自分が作った概念がそのまま存在する状態で
この現実は絶対だ!と思い込み
目の前の人とコミュニケーションしていると思い込んでいても
そもそも、目の前の人と出会ってなんかいないんです
所詮、自分の勝手な思い込み、錯覚のストーリーの中にいるだけです

観点が自分の体(脳、判断基準)に固定していたら
過去の蓄積でしか「今」を生きることしかできません
自分の過去の体験やイメージとつなげて
自分の判断基準で相手を決めつけて、ジャッジするのに忙しくなるばかりです

自分の宇宙は、自分が勝手に創造するストーリーだから
100%相手と共有することは不可能・・・・
ということは、人と人が分かりあう事は不可能・・・
だから
自分に気が合う人は好き
自分に気が合わない人とは嫌い
自分にメリットがあれば、お付き合いしたい
自分にメリットがなければ、お付き合いする価値がない
と、分けて、波風立たないよう、めんどくさくならないような関係を作ることが、本当の解決かというと、私はそう思いません

そもそも、全く違う宇宙で出会っていることがどういうことなのかを理解して
新しい解決方法で、人と人が心から信頼し、お金以上の裏切らない関係を築くことができる道にチャレンジするあきらめない姿勢がとても大事なんだと、改めて感じています

人生とは「今」の蓄積です
「今」をどう生きるのかがすべてです
自分のリセットから、また今日もスタートしたいと思います
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

物より心の豊かさ重視 64% 過去最高 内閣府世論調査
http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012082501001686.html

日本社会は、物に溢れた時代から
心の豊かさをより求める時代へと移り変わっています。
心の豊かさは人生の豊かさ、
そして人間関係の豊かさとつながっています。

今やどんな職業においても働く人の人間力・人間関係力が重要視され
大学生でも就活に必要な能力として、
これらの力を養うことが求められています。


なぜ私が「マインドームコーチ」としてやっていこうと思ったかというと、
今の時代に生きる現代人のニーズに答えることができる職業に間違いない!
と思ったからなんです。

ちなみ既存のコーチをイメージされる方がとっても多いんですが、
実は全く違うんですよねー。
全ての問題の根本原因となっている「マインドーム(判断基準)」を活用して、
個人・人間関係・社会・時代の問題を根本から解決する突破口を
アテンドさせていただいています。

私達の周りには、個人の問題から社会全体の問題まで、
多様な問題で溢れかえっています。
特に日本国内では、自殺や鬱、引きこもりなどの心の問題が
社会現象となっています。

そんな中、日々の生活を送る家庭や職場、地域社会で、
人間関係は切っても切り離せないものです。
人生の豊かさや質は、良好な人間関係を構築できるかどうかに
左右されます。
ですが、思うような人間関係を構築することは容易でないのが
現実ではないでしょうか。 

これからの時代は、まさに関係性構築能力
カギを握っていると言えますね

それから、今まで 「コウノトリSSM」 というゲームを使って、
交流会などを開催してきましたが、
今回装いも新たに
 「幸せを呼ぶコミュニケーションゲーム『マインドームSSM』」
としてリニューアルいたしました~  

「マインドームSSM」は、
楽しく関係構築能力を高めていくトレーニングにもなります。
この場を通して、皆さんと一緒に、
新しい関係性構築能力を一緒に育てていけたらなと思っていますので、
これからもよろしくお願いします
http://www.mindome-ssm.com/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
     

 
9.11アメリカ同時多発テロから11年、3.11東日本大震災から1年半が経った。

9.11当日、帰宅した私は、目の前のテレビを見て「これ、映画のシーン?」と家族に聞いた記憶がある。
あまりにも現実離れした光景に、ショックでしばらくその場に立ちすくんでいた気がする。

3.11当日、自宅にいた私は、今まで体験したことない揺れに、恐怖のため気が動転し、何が起こったのかよく分からない感じだった。
その後、想像を絶する被災地の姿を目の当たりにし、言葉を失った。

アメリカ、日本と、時と場を越えて起こった二つの悲劇。
私達は、この二つの悲劇を通して、何を学んだのだろう。
そして、どんな未来を作りたいと願ったのだろう。
そして、その結果、どんな今があるのだろう。

私達人間は、もう本気で考えなければいけない時が来ている。
国家、民族、宗教、あらゆる壁を超え、人間一人ひとりが、尊厳あふれる生き方ができるにはどうすればいいのかを。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日から9月がスタートしました。
この一カ月をどう過ごすのか、目標や計画を立てる方も多いと思います。
ですが、明確なスタートを切るためには、ストップ、反省が必要なんですよねー。
実は、このストップに対して、いかに本気で向き合って深い反省ができるかが、力強いスタートを切る秘訣です。

なんて、偉そうなことを言ってますが、自分のストップすべき課題・難題が目の前に次々と起こり、今日はかなりハードな一日でした

日々の中で、一瞬の中で、ストップとスタートを繰りすことで、その過程で色んな現象が起こるんですね
ですが、それらも進化・成長するための出会いでありメッセージであると受け取って、あきらめずチャレンジしていきたいなと思います。

みなさん、これからもよろしくお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと思い出してみてください。
例えば、熱が出たとします。
すると、大体の方は病院に行きますよね。
診察してもらった結果、ドクターから 「原因はよく分からないんだけど、大したことないからお薬出しておきますね」 と一度でも言われたことはありませんか??
出された薬だから、まあ飲んどくか、と飲みはするが、それが効くときと効かないときがある。
効かないときは、新しく処方してもらうか、別の病院に行くか。
いずれにしても、結果的に治ったとしても、そもそも原因ってなんだったの?が分からないままなんてこと、私はよくありました
原因が分からなければ、結果に対するアプローチを変えても、一時的な処方にすぎないのは、実感されている方も多いのではないでしょうか?

これと同じような状況が、実は別の世界でも起こっています。
世界経済の危機的状況に対して、あらゆる策を講じているようですが、そもそもそこに対して正確に診断、処方ができている感じはありません。

今日、Nohさんのコラムをたまたま見ていたら、こんな記事がアップされていたので、かなりビックリしてしまって、「これはちょっと共有したい!」と思って書いてみました。
まさに現代の病に対する診断結果 

------------------------------------------------------------

http://www.noh-jesu.com/column/archives/366

2012.7.4 日本から始まる人類の黄金時代

終わりの見えないユーロ危機、政権争いに翻弄される日本の政治、今の時代は国家が方向性を見失い、誰もがどこへ向かって、どのように生きればよいのか、答えを出しづらい時代です。
そんな時代においてもなお、私は日本から人類の黄金時代が始まることを1ミリも疑っていません。

そう言い切ることができるのは、この時代の流れを診断できているからです。
医師が処方箋を出す際には診断が必要なように、今の時代のどこが病んでいて、その原因が何なのかを明確に診断することができれば、この時代と文明の向かうべき方向性も明確に定まります。

21世紀は心の時代と言われますが、国内を見てもこの60年間で肉体労働から精神労働の時代へと移り変わってきました。
営業や企画、事務、接客業、サービス業などの3次産業においては働く人の人間力、人間関係力が重要視され、大学でも就職前に人間力を養うことが求められています。

近代社会において成功を収めた3つのモデルは、ドイツの社会システム、アメリカの利益創出モデル、そして人間関係で戦後の復興を成し遂げた日本のモデルです。
ですから、人間力、人間関係力が重視される21世紀「心の時代」は、日本の時代の幕開けでもあるのです。

現代は、世界人口の1%に過ぎない人が世界の富の約40%を有しており、99%の持たざる人類は1%の既得権に抵抗できない社会になっています。
昨年、ウォールストリートで起きたデモを機に、この1%:99%の勢力が正面衝突を始め、そのムーブメントは世界各国へと伝播されていきました。
今の地球上において主導権を握っているのは1%の勢力ですが、これが21世紀にはひっくり返されるようになります。
これからお金と人間の価値勝負がスタートするのです。

皆さんは、人間とお金のどちらに価値があると思いますか?

多くの方が「人間」と答えられますが、本当にそうでしょうか。
人間は酷い生き物です。
お金のために人を殺すのが人間です。
戦争も起こします。
人を騙し、相手の物を奪い、人を傷つけ、尊厳性を殺して、奴隷のように支配しているのが、今この地球上で人間が行っている営みです。

このような状態のままの人間に、本当に価値を認められるでしょうか?
人間はお金の価値に勝つことができるのでしょうか?

お金は無限大蓄積することができます。
知り合いを無限に増やすのは人生の有限な時間を考えると難しいことですし、信頼のおける友人となるとさらに数は限られてきます。
しかし、金融市場においてレバレッジを効かせるヘッジファンドは、たった1日で数兆円に上る利益を稼ぐことも珍しくありません。
投資に勝ち続けることができれば、短い期間でも莫大な富を蓄積することは可能です。

また、人に何か頼むには時間をかけて関係性を構築する必要がありますが、お金があればその時間も要りませんし、スピードも速いのです。
たとえば「○○してくれたら100万円あげる」と言われれば、頼みごとを聞こうとするのが人間です。
今の経済や仕事はそのようにしてお金の関係性で成り立っています。

また、中国が稼ぐようになって各国とのパワーバランスが変わってきたように、お金は未来を決定する強烈な力も有しています。
巨額のマネーで国債を買い支える一方で、政治的な要求を相手に飲ませ、アフリカなどの途上国においては、自国の政策・意思を貫き通すことにも成功しています。

お金は無限に蓄積することができ、スピードが半端ではありません。
そして、未来を決定する強烈な力まで有しています。
そんなお金に、果たして人間が勝てるのでしょうか?

人間は裏切りますが、お金は裏切りません。
どれだけ多くの友人や仲間がいても、考え方や価値観が違うので長続きさせることは難しく、何かのきっかけで組織が分裂することも珍しくありません。
条件・状況・環境が変われば変化するのが人の心です。
しかしお金は離れて行きません。
未来を決定する力を持っているのも人間ではなくてお金です。
だから生きる意味や価値を追求することより、お金を追求する世の中になってしまったのです。
今までの人間のレベルでは、お金に人間が勝てる道はないのです。

理想を現実化させるために、人間ではなくお金を中心にするのがいい、それが資本主義です。

資本主義を一言で表すと「循環」です。
宇宙自然のあらゆるものは循環しています。
言い方を変えれば売買しています。
自分の中にあるものを外にあげること、これが売買(循環)の定義です。
封建時代の売買は、人格まで販売していました。
多くの民が王様の奴隷として戦争の道具にされ、戦争に勝てばまた多くの奴隷を得ることができる時代でした。
王様を中心に国家を形成して、戦争を通じて領土を広げることが一番経済的に利潤や富を蓄積するメジャーな生き方だったのです。

その後、人格まで売買する奴隷市場の残酷さを見かねた良心のある人たちが奴隷解放運動まで起こして時代は変わりました。
社会の一番端に位置する人たちが中心に来る革命が、歴史では繰り返し起きています。

近代革命を通して農業社会から産業社会へ移行するときに、封建時代の反省を踏まえて資本主義社会では人格の売買を禁じるようになりました。

資本主義・市場主義の発展に伴って人間のライフスタイルも変化してきましたが、需要と供給によって値段が決定される市場主義のメリットとは一体何でしょうか?

市場主義の一番の素晴らしさは、資源の効率的な分配が可能なことです。
地球上の多様な物質も資源ですが、人間の創造性や能力も人的資源と捉えられます。
これらの資源を偏らせることなく、効率的に必要とされる場所へ分配ができるようになった結果、人類の文明はまた一歩進化しました。
戦争が少なくなったのです。
通貨戦争や貿易戦争など形を変えて争ってはいるものの、人が人を殺す争いから、新しい物商品を創って人間の体を便利にさせる方向へと力が注がれるようになり、人々の暮らしはどんどん便利になっていきました。

そこで発達したのが民主主義です。
市場主義によって資源の効率的な分配が可能になり、戦争に使われていたエネルギーがもっといい商品を創ろうという方向性へと向けられた結果、産業革命発祥の地であったイギリスから民主主義が発展し、世界へと広がっていきました。

しかし、そこには大きな問題もあります。

市場が成り立つためには需要側と供給側の勢力の、力の均衡がとれていることが重要です。
需要がないところに商品が供給されれば売れ残りが大量発生して経済にも環境にも良くありませんし、需要があるのに商品が供給されなければ不平・不満が広がり、市場の良さを活かし切れていないことになります。
需要と供給の力のバランスが対等になることが、市場の成立には必要なのです。

ところが、そのバランスを意図的に壊したのがレーガン(米)とサッチャー(英)の両大統領です。
労働組合を弾圧し、一番勢力のあった組合を撲滅した結果、資本を供給する側がパワーを持つようになりました。
モノを創って消費者を感動さえ、価値を提供する産業資本より、お金がお金を生む金融資本の勢力が大きくなっていったのです。

その結果、金融や資本の供給過剰な状態を生み出し、需要を創る為に植民地を開拓し、金融機関を創りました。
消費者に需要がないのは消費できるだけのお金がないからだと規定し、消費者が稼ぐ能力を上げる政策ではなく、消費力を育てるために「お金を貸してあげるから消費しなさい」といわんばかりの政策を連ね、宣伝・扇動にも力を入れます。テレビや雑誌を通して、不必要な欲求まで扇動しなければなりません。消費者は、メディア・大企業によって造られた欲求に従って消費することを洗脳されます。

しかし、給料が増える訳ではないのにお金を借りて消費をしたら、利息も支払わないといけないので消費者心理は不安になっていきます。
所得と消費のアンバランスに対する不安感をなくして、もっと消費させようと考えた供給側の勢力が考えたのが、家や不動産の価値が上がるように誘導することでした。

家や土地を持っていれば、毎日寝ていても価値が上がっていくという幻想を生み出したのです。
自分の給料が高くなったり、自分の価値や能力が高くなった訳でもないのに、なんの努力もしなくても自宅と不動産の価値が上がって自分の資産も増えると思えば、誰もが安心して消費をするようになります。

その結果起きたのが、資産バブル、不動産バブルです。サブプライムローンの問題に端を発したリーマンショックの影響で、一夜にして自分の資産価値が暴落していきます。
1億円の資産があると思って消費を楽しんでいたのに、実は100万円しか持っていなかったと気付かされた大ショックと共に、夢と希望も破壊されたのです。

夢と希望が破壊されると、何が起きるでしょうか?

人として生きる意味・価値を失うのです。
エンジンの火が消えた車のように、生きるエンジンが消えて、もう頑張れなくなってしまいます。家を持てば価値が上がって資産家になり、株や投資で儲けて幸せになれると夢見ていたのに、金融バブルで社会の仕組みも金融システムも信頼できないと多くの人が感じれば、生きるエンジンは消えてしまいます。
不信や不安が社会に蔓延し、未来の希望や夢を持つことができず、生きる意味や価値も見出せない状態では、結婚もしませんし、少子高齢化も進んでいきます。

世界は今、バブルの崩壊、すなわち信頼システムが崩壊している状態です。

今の世界危機の中で、国家は金融支配権力の道具になってしまっています。
金融機関の株式を持つ政治家の人も多く、民間企業のFRBの株主は、アメリカの利益ではなく自分たちの利益のためにFRBの政策を動かしています。
国家は金融支配権力の道具となり下がり、個人もお金の奴隷にされて、借金地獄まで作って、お金を稼ぐための道具として人間を使う組織の多い現実を、皆さんは悲惨で、残酷で、屈辱なことだとは感じないでしょうか。

中産階級はどの国でも崩壊して、1%対99%の戦いが始まっています。

そんな中、ユーロ諸国がやっていることは、お金の点滴を打つかのような政策ばかりです。
EU加盟国から集めた資金をギリシャに投入して景気を活性化させようとしていますが、本質的に経済発展させる方法は2つしかありません。

それは、「生産要素」と「生産性(生産力)」です。

生産要素はお金、資本、土地、資源などです。生産力(生産性)を高めるのは、人間のアイデアや技術です。
人との疎通交流が活性化することで無限のやる気・アイデア・イメージ・創造性が生まれてきます。
この生産力(生産性)によって経済がどんどん発展するようになるのが一番良いのですが、今の中国も生産要素であるお金の力で走っている状態で、この世界経済の危機に対して明確な代案や方向性を示せている国はありません。

これは、「労働力」と「資本」のアンバランス、「お金」と「人間」のアンバランスが起きている状態です。

人間は裏切ります。
奴隷のように所有していても裏切るのに、奴隷ではない現代人はなおさらです。100億円のお金は裏切りませんが、100万の人がいても、みんな判断基準は違いますし、エゴも強いので、統制する力のない状態では簡単に裏切ります。
実際、あなたの周りで給料や資産をがんばって増やそうとする人と、友達や仲間を一生懸命増やそうとする人のどちらが多いでしょうか?
お金と人間の価値戦争において、人間が完璧に負けている状態と言えるのです。

この状態を、このまま放って置いてよいのでしょうか?

私たちは、支配階級の道具になっている国家を取り戻さなければなりません。
人間一人ひとりの尊厳性に貢献できる国を創らなければならないのです。
それを観術では「フィールド国家」と呼んでいます。最新刊の「観術で生かす日本の和心」にも書いていますが、私は悟りの教育を通して、人間の第二の誕生(精神の誕生)を起こし、「体人間」から「心人間」へと身分上昇させ、本来の人間の尊厳性を確認できるフィールド国家を創りたいと願っています。

人類に強烈なプレゼントを遺してくれたスティーブ・ジョブスは、スマートフォンという道具を与えて、人間一人ひとりの可能性を開かせようとしました。

私は、誰もが悟りを当たり前に理解できる新しい言語として「イメージ言語」を開発しました。これからの時代は、機械ではなく人間そのものをバージョンアップさせる時代になるのです。
悟りの教育によって、人間一人ひとりの人間力・人間関係力を高め、世界に求められる憧れの職業を創出しながら、「和の産業化・悟りの産業化」を通して、日本から人類の黄金時代を創建することができるのです。

人間の尊厳性を確認できるフィールド国家日本を創建しながら、21世紀、愛と信頼が溢れる本当の意味の心の時代を皆さんと共に創っていきたいと願っています。

科学を超えるスーパーサイエンスである「日本哲学」を生み出すことができる観術の「イメージ言語」を、ぜひ多くの方に知っていただきたいと思っています。

Noh Jesu


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。