今、「脳が認める外国語勉強法」という本を読んでいるが、これがなかなか面白い。

著者はガブリエル・ワイナーさんという人で、オペラ歌手だそうだ。

ワイナーさんは自分で編み出した勉強法を使って、数か国語をマスターしたとのこと。

日本語もチャレンジされているらしい。

 

   

 

ここで、この本の概要が書かれているので参考までに。

http://diamond.jp/articles/-/156991

 

 

今、私は英語の勉強中だが、困ったことに、折角覚えた英単語や例文も、一月後にはほとんど忘れてしまっている。

昔から記憶は良い方ではないが、これでは勉強する意味がないのでは…と思っていた。

しかし、この「脳が認める外国語勉強法」によると、脳の機能は本来そういったものなので、なるべく記憶に残しておける方法が分れば効率の良い勉強ができるのだそうだ。

 

と、言った訳で、私も効率を考えた勉強法を試みてみた。

 

具体的には、今勉強中の「中学・高校6年分の英単語を総復習する」 を使って、英単語を覚え、後でどのくらい覚えているか試した。

まず1Unit 10個の単語とその例文を学習して、次の日にどの位記憶に残っているのか確認してみたら、半分以上忘れてしまい、ほとんど問題を解けなかった。それだけではなく、完全に忘れてしまい、こんな英文あったかなあ…というものまである始末。

ちょっとショックだった。

 

その次の日は、復習のタイミングを考えて、寝る前に2Unit分の英単語と例文、合計20個を覚え、次の日の朝、起床してから即、それを復習。そしてお昼休みに再度確認してみたら、9割以上覚えていた。

復習するタイミングが良いと、私でも覚えていられることが確認できたので、一日6Unit分、合計60個の英単語と英文を学習し、同様のタイミングで復習してみたら、効果抜群!

今日でUnit67まで進んでしまっていた。

それでもやはり一割程度は忘れてしまう。しかも忘れてしまう単語は毎回同じなので、後でそれをまとめて覚えることにした。

 

「脳が認める外国語勉強法」では、他にも具体的なアイディアが豊富にあるので、一度読んでみるといいかも知れない。

一般的な勉強法が書かれた本とは違い、ワイナーさんがこの方法を編み出すに至った過程を一緒に考えてみることが出来るように書かれてあるので、読んでいて面白い。

 

今、勉強中の英語テキスト 「中学・高校6年分の英単語を総復習する」 もなかなか良いペースで3割くらい進むことが出来た。

今年末までに、ひょっとして、現役高校生に追いついてしまうかも!?

 

 

私は昨日から4連休を堪能中。

 

今日は天気も良く、朝早くから公園を散歩。

午後からは暫く会っていなかった知人を訪ねてきた。

その方はもう85歳になるが、背筋はピンと伸びて、まだ車の運転をしている。

かなり聡明な方で、どう見ても75歳位にしか見えない。

現役の頃はお医者さんだったらしい。

 

夕方はJA3UMKさんと7MHzでSKED QSO。

いつも通りに英語を使ってCWでのラグチュー。私はだいたい中学2年程度の英作文で限界。

CONDXもそんなに悪くはなかったが、小刻みなQSBがあり、時々信号が埋もれていたが、聞こえない部分も文脈から想像可能な範疇だった。

 

夕食後は英語のお勉強をしていた。

先月挑戦していた「DUO Select」は難しすぎて直ぐにギブアップ。

しかし、その後書店で、私にピッタリの英単語テキストを見つけたのでトライしてみた。

「中学・高校6年分の英単語を総復習する」というタイトルのテキストだが、例文が短く覚えやすい。

 

 

   

 

   

 

 

頭脳への負担も少なく、良いペースで進んでいる。

覚えた後は付録のCDを使ってひたすらモノマネ。

今日は中学レベル最後のページ(UNIT 32)をやっていた。明日からは、いよいよ高校レベルに「進級」する予定。

今年1年はこれをやりつくそう。

 

 

昨日、断線して使えなくなった7MHzダイポールを撤去したが、今日は新しいワイヤーに張り替えて再設置した。

 

給電点の高さは、前は約6mだったが、今回はメンテナンスを容易にするため、4mに下げて設置した。

アンテナのポールもコメットのCP-60LからCP-45に交換したので、ステーを張らなくても良くなった。

この頃めっきり体力が落ちてきているので、なるべく楽な作業で済ませたいと思っていたが、これで次回からの修理や改造が短時間で済むだろう。

 

 

   

 

 

給電点を6m→4mと下げたことが、電波の飛びにどの程度影響するのか気になったので、シミュレーションしてみた。

そうしたら6mも4mも大差なかったようで、どちらも「低いアンテナ」で打ち上げ角は90度になった。

 

17:00からJA3UMK/JayさんとSKED QSOしてみたが、送信も受信も以前と違いは感じなかった。

QSO後、スカイプで自分の信号を聞かせていただいた。

初めにホイップで信号を出してみたら、QSOが難しい位の信号強度しかなかった。

次に同軸切替器で今日設置したダイポールに切り替えたら、十分交信出来る強度で届いていたので一安心。

 

 

3日前、突然7MHz ダイポールのSWRが∞になってしまった。

今日は休みだったので、ポールを下げて点検してみたら、片側エレメントが端子の根元で断線していた。

 

とりあえず電波を出せるようにしておきたいので、ダイポールのワイヤーを撤去して、

ダイヤモンドのモービルホイップHF40FXWを物干し台に取り付けた。

 

 

   

 

 

   

 

 

ラジアル用に、5m位のACコード2本を左右に延ばして地面に這わせたら、綺麗にSWRが下がり、CW帯は全て1.5以内に収まってくれた。

 

 

   

 

ダイポールを張り替えるまで、とりあえず、この仮設ホイップでやってみよう。

CONDXが良ければ国内全域に飛んでくれるだろう。

 

 

※追伸

たった今、JA4MRL/MasaGさんが559位で聞こえていたのでコールしてみたが、かなり弱かったらしい。

でも、まあ、電波は出ていることは確認できたので、これで良しとしよう (^^;

 

 

 

 

私が英語嫌いになった訳は…

テーマ:

私は数年前までは、英語が大嫌いだった。

もっと正確に言うと、「英語を憎んで」いた。

何でこんなに英語が嫌いになったのだろう?と考えていたら思い出した。

 

私の英語の先生は大変発音が良かった。

丁寧に分りやすく教えてくれたのだが…。

 

あるとき、先生に当てられたので、先生のイントネーション、リズム、発音をそっくりに真似てみた。

そうしたら、周りの生徒数人にからかわれた。

その時は、何でからかわれたのか分からなかったのだが、直ぐに理解した。

 

クラスに発音の良い生徒がいたが、耳が良いらしく、かなり正確にコピーできていた。

しかし、やはりからかいの対象になってしまった。

それを察したクラス全員は、それ以来、極力英語らしく聞こえないように、皆、カタカナ発音に徹したのである。

そんなんで英語が面白くなる筈もなく、英語の授業が苦痛になってしまった。

 

折角先生が良くても、生徒がダメだと、残念な結果になることもある。

昔の田舎では、よくあることだったのかも知れないが、今はどうなんだろう?

 

 

勉強の合間の欧文ラグチュー

テーマ:

今日は休みだったので、朝から晩まで英語に漬かっていた。

 

午前中は「中学英語長文1」を使ってシャドーイングの練習。

午後からはDUO select の音読とシャドーイング。

その後はNHKラジオ エンジョイ・シンプル・イングリッシュの古いやつを楽しみながら読んでいた。

ろくろ首の話で面白かった。

 

夕食の後は、明日暗唱する予定のDUO select の例文をメモ帳に書き写していた。

毎日、これくらい英語の練習をしていたら、数年後には凄いことになっているのでは…。

などと妄想しながら書き写していたが、ちょっと疲れてしまったので一休み。

そして無線機の電源を入れて、クルクルクル…。

 

すると7MHzの下の方で JG2OXJ/MotoさんのCQが聞こえていたので、呼ばせていただいた。

20時近くだったせいか、あまりCONDXが良くなかったが、約15分間程のラグチューができた。

久しぶりのQSOだったので嬉しかった。

 

 

     

 

 

ハードルを下げる工夫

テーマ:

少しでも英語の語彙を増やそうと買ってきたDUO select

昨夜から勉強を始めてみた。

 

    

 

 

…が、9個目の例文でいきなり躓いた。

 

 

    

 

 

ほとんど見たことがない単語ばかりでできた文章だ。

 

 The company has made deliberate attempts to deceive consumers.

 

赤い単語は私の知らない単語で、この本の脇に並んでいる単語リストを見ながら読もうとしても、なかなか覚えられない。

こんなのばかりだと、流石にやる気が失せるので、ちょっとハードルを下げる工夫をしてみた。

 

 

    

 

 

まずは文章を分割して、コロケーションのようにしてみた。

たったこれだけで、ぐっと覚えやすくなった。

左に英文、右は日本語を書いておき、日本語でイメージをつかんでから英文を音読すると、そんなに苦労せずに覚えられる。

今年はこの1冊だけじっくりと読み込んで、身体で覚えてしまおう。

 

 

やればできた! 中学英語

テーマ:

娘が中学生の頃、「お父さん勉強教えて~」とテスト範囲のプリントを持ってきた。

その時、私が決まって言っていた言葉。

「俺に国語と英語は聞くな。特に英語」

 

そんな私だったが、数年前に英語を勉強してみようと思い立ち、やってみることにした。

だが、中学1年の教科書の第2章で躓いてしまった。

さっぱりわからん…。

 

仕方がないので、中1用のごく簡単な参考書を買ってきて、英文法を学んだ。

そして、単語の並びはちゃんと決まっていて、

「誰が、どうする、何を」

という順になっていることを知った。

 

とりあえず文法を学べば、簡単な文なら読めるようになりそうだと思ったが、中3の英文法はほとんど理解できなかった。

何度か挫折しかけたが、理屈抜きで覚えてしまおうと思い、一冊の参考書を買い、それを丸暗記した。

しかし、丸暗記したものの、暫くは意味の分からない空念仏を唱えているような状態が続いていた。

半年位かかって、その参考書を10回ほど通したが、そのうち、何か意味のようなものを捉えることが出来るようになってきた。

だが、その後暫くは英語の勉強をサボっていたので、だいぶ忘れてしまっていた。

 

その後も、やったりやらなかったりしていたが、一昨年、その参考書の新バージョン「短文で覚える英単語1900」を見つけたので買ってきた。

そしてひたすら読み込み、300の例文を暗唱。日本語訳からこの例文をほとんど想起できるようになった。

これはかなり力になったようで、中学3年分の英語の教科書を読めるようになっていた。

 

 

     

 

     

 

このように、例文で単語や熟語を覚えるタイプの参考書で、300の例文の中に中学英語に必要な語彙を網羅している。

効率良く、単熟語や英文法が覚えられる良書だ。慣れると挿絵から例文を想起できるようになる。

私に奇跡を起こしてくれた(かもしれない)この参考書の著者には本当に感謝している。

 

 

今日は高校入試問題の長文を読んでいたが、この位であれば普通の読み物として読める。

http://www.study-x.com/5070204_shinsetunokusari.pdf

なるほど、良い話だ。

 

私の今の中学英語力は、知識としては十分だと思う。

だが、その中学英語を使えるの?と問われれば否だ。

今後は沢山活用して、自由に英文を作れるようになることを目標として頑張ろう。

 

 

終活

テーマ:

この冬、函館市では、観測史上最高の降雪量だったそうだ。

函館は、道南地方の中でも雪は決して多くない地域だ。冬でも比較的住みやすいこの街も、今世紀に入ってから降雪量が増加傾向にあるそうだ。

 

正直、この冬は体力的にキツかった。でも、もうそんな心配をしなくても良さそうだ。

先週末から急に気温が上がってきたので、家の前の道路の氷割りをしていた。

明日は更に気温が上がり、10℃超えるとのこと。

 

散歩をしていたら、近所のVDPが撤去されているのに気が付いた。

ご主人はまだお元気で、雪かきをしているのを見かける、無線はもうやっておられないそうだ。

 

昨年、姉が、もう「終活」を始めていると言っていた。

まだ50代でそれは早過ぎだろうと言ったら、同年代でも「終活」を始めている人が結構いるらしい。

いつ死んでも周りに迷惑をかけないように、不要なものは処分して身軽にしておきたいとのこと。

自分も早いうちに始めておいた方がいいかなあ…と思い始めている。

 

万一の事態が生じたとき、一番困るのは無線関係の設備とガラクタだ。

うちはダイポールを張っているが、借家なので、このままでは万一の場合、迷惑をかけてしまう。

いつでも撤去できるように、アンテナをモービルホイップにしようとか、色々と考えている。

いつまでアマチュア無線を続けていられるかは分らないが、あと数年で定年を迎え、収入が減ったときに、もしもリグが故障して使えなくなってしまったら、それでお終いとなるだろう。

 

だったら、今のうちに、設備を必要をしない他の趣味で遊んでいた方が後々のために良いのでは…。

とか、ついつい考えてしまうが、そんなに先の話ではない。

 

久しぶりの7MHz 夜間国内QSO

テーマ:

今日は一日中吹雪。

幹線道路以外は酷い悪路で、会社の帰り道、車が何台も雪道に嵌って動けなくなっていた。

 

帰宅後、急いでストーブを点けてから、何気なくリグのSWを入れて7MHzの様子見していたら、JA4MRL/MasaGさんと、JF1TTN/Mukaiさんの欧文ラグチューが聞こえてきた。CONDXも良さそうでお二人とも良い信号で届いていたので、交信終了後、MasaGさんと呼ばせていただいた。お邪魔が入ったようだが、お邪魔虫の信号は弱かったので、特に支障はなかった。

 

 

    

 

 

 

夜でも、7MHz国内が使える季節になってきたようなので、今後もチェックしておこう。

 

 

※追伸

函館新聞の朝刊が今(21:30)届いた。こんなのは珍しい。

 

台風でも猛吹雪でも毎朝必ず届けてくれる。

これは本当に大変なお仕事だと思う。

うちの新聞配達を担当されておられる方には心から感謝したい。