ジャパンプライベートバンク

ジャパンプライベートバンク トライアンドサクセス


テーマ:
3000万チャレンジプロジェクト ジャパンプライベートバンク
>




 安い中古車……といえば、最低でも40万円以上というのが常識的な相場だが、世の中には10万円以下の激安中古車も存在する。



◆自動車ジャーナリスト・高野マリオが激安中古車をレポート!



 もっとも、年式はさすがに骨董品並み。中古車の査定基準には「年式10年、走行距離10万km」の壁があり、これを超えると査定額0円なんてこともザラ。そんな車が激安で売られているのだ。ちなみに写真は9万円で売られていた初代キューブである。



 車両価格に加えて自動車税(乗用車の場合最低2万9500円)などもかかるため、実際の乗り出し価格は20万円ほどになるが、諸費用込みで10万円以内に収めたいなら、狙うべきは「軽自動車」。車体も安けりゃ諸費用も安い。前述の自動車税にしても、軽自動車税なら現行で7200円。重量税も乗用車の約半額。また、軽自動車は’98年に現行規格へ変わったので、旧規格車は安さが加速中だ。



 実際に激安中古車に乗ってみたところ、拍子抜けするほど普通に走る。もちろん、旧規格のデメリットはあり、エンジンが回りすぎて燃費は最悪。そのうえ、シートにタバコの跡があったり、エアコンが臭かったりと、素人目にもボロい。あくまで「走りさえすればいいレベル」なのは間違いない。



 とはいえ、タイヤがどこかに飛んでいってしまうようなハプニングなどはなし。特に国産車は信頼できる。フランス車などは、新車でも突然サイドエアバッグが暴発してくれたりするので楽しいのだが……。カー専門誌で「5万円の中古車に1か月間乗ってみる」というような企画も何度か経験しているが、途中で壊れたのはエアコンくらい。エアコンの調子が悪くなるのを車の買い替え時と考えている人は多いので、エアコンの故障は結構な確率で起こると考えたほうがよさそうだ。



 安さを追求するなら車検残り3~6か月といったものを狙って乗りつぶすもよし(レンタカーより断然おトク)、車検を通しながら騙し騙し乗るもよし(運がよければ十数万円の投資で2年くらい乗れる)。なお、購入費用にはリサイクル代も含まれているので、廃車にかかる費用は1~2万円。さほど気にすることはないだろう。



 激安中古車は事故車などの不安もつきまとうが、それも一昔前の話。最近はネットの普及で悪い評判はかけめぐるので、悪どいやり口は割に合わなくなっている。激安といえども、そこまでハイリスクな買い物ではないのだ。結論、年式10年、走行距離10万kmを超えた車が安いのは、ひとえに消費者の気分的なもの。車に詳しい人間ほど、迷わず買っていく。国産車なら安心! <構成/江沢洋>



【高野マリオ】



自動車ジャーナリスト。MJブロンディこと清水草一氏と共に、週刊SPA!「AUTO CLUB」の連載を担当。マリオ二等兵の愛称で親しまれる



※1/21発売の週刊SPA!では激安中古車のほか、激安800万円中古一軒家、激安3900円ホテヘルなどを試した「噂の激安商品を試した!」という特集を組んでいるので激安好きの方はぜひチェックしてほしい。





日刊SPA!





いいね!した人
PR

[PR]気になるキーワード