jkl-furukawaのカレイドスコープ

主にインターネットからの独り言や足で掴んだ情報などを中心におおくりします。

活動の中心は、my日本です。
http://sns.mynippon.jp/
ニコニコ生放送もおこなっています。
◆my日本チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch800


テーマ:
.
=======================
福岡)中国4都市の大気汚染改善、北九州市が協力 伊藤宏樹2014年6月11日03時00分

 PM2・5による大気汚染が深刻な中国で、北九州市は、上海市や天津市など中国の4都市と連携して大気環境改善に向けた対策を本格化する。環境省が10日に開いた会合で、北九州市を含む全国9自治体の参加が決まっ…(続き→http://www.asahi.com/articles/ASG6B5H4NG6BTIPE021.html

=======================
以下のブログのとおりです。

◆終わらない対中援助(jkl-furukawa)
http://ameblo.jp/jkl-furukawa/entry-11795019819.html

因みに、この当時に参加表明をしているは以下の地方自治体です。

1 東京都
2 富山県
3 長野県
4 兵庫県
5 川崎市
6 四日市市
7 神戸市
8 北九州市

全国9自治団体と書いているので、この後に1つ加わったと言う事ですね。

平成26年度中国大気環境改善のための都市間連携に関する会合 成26年6月10日(火)
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01.html

【新規参加】福岡県
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-05.pdf

では、今回の会合をサラッとみてみますか…

======================
議事次第

■議事
 (1) 日中韓三カ国政策対話及び環境大臣会合の成果等
 (2) 各地方公共団体及び関係団体の今年度の取組(案)
 (3) 中国大気環境改善のための都市間連携協力について
 (4) その他

■資料一覧

資料1:

第1回大気汚染に関する日中韓三カ国政策対話の結果について
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat01.pdf

資料2:

第16回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM16)の結果について(大気汚染関係)
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat02.pdf

資料3:

・関係団体発表資料

 東京都:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-01.pdf
 富山県:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-02.pdf
 長野県:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-03.pdf
 兵庫県:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-04.pdf
 福岡県:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-05.pdf
 川崎市:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-06.pdf
 四日市市:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-07.pdf
 神戸市:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-08.pdf
 北九州市:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-09.pdf
 (独)国立環境研究所:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-11.pdf
 (独)国際協力機構:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-11.pdf
 (一財)日中経済協会:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-12.pdf
 (公財)地球環境戦略研究機関:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat03-13.pdf

資料4:

中国大気環境改善のための都市間連携協力について
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/mat04.pdf

参考資料:

UNEP等との協力について
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/conf/conf02-01/ref01.pdf
======================

ここで地方自治体の参加で気を付ける事は、事業の円滑の為に、環境省(日本)と環境保護部(中国)の指導、助言を得ながら行われると言う事。

要するに中国側の言いなりになるでしょうね。


更に、「第 16 回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM16) 」を見ると、今後の対中環境援助について見えてくるものがありますね。

==================

第 16 回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM16)
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=24459&hou_id=18110

2015 年~2019 年の優先協力分野の採択

(1) 大気環境改善
(2) 生物多様性
(3) 化学物質管理と環境に係る緊急時対応
(4) 資源循環利用/3R/電気電子機器廃棄物(E-waste)の越境移動
(5) 気候変動対応
(6) 水及び海洋環境の保全
(7) 環境教育、人々の意識向上及び企業の社会的責任(CSR)
(8) 地方環境管理
(9) グリーン経済への移行

==================

この優先順位は、中国の視点でしょうね。

これを日本が環境援助という名目で、地方自治体を巻き込んで行われるということ。

何度も申しますが、日中とのWIN-WINの関係とは、中国の言いなりになる事です。

これを頑として払いのける事が出来ないのが今の日本の現状で命を落としてもやり遂げる胆力のある政治家を生み出せない限りは難しいでしょうね。

その土壌は私達国民の意識を変えていく事なので慌てずにやっていくしか無いでしょうね、今の現状を見る限りではね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

jkl-furukawaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。