11月27日(日)
第4回全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道選手権大会(愛知県体育館)

890名が出場、8コートで行なわれました。
今年はトリプルメインコート!
{83D1B527-A9F4-4EF7-B931-AD9DABB6E281}

{2400FB71-928B-407C-8ABD-EBCC81F74922}

{E43C9B58-EF52-4085-89F9-30877756C3A3}
審判に入っていたのでほとんど試合は見れませんでしたが、レベルは全国から勝ち上がって出場権を手にして来た選手だけあってハイレベル。
他団体のタイトルホルダー達がたくさん出場して
いました。

{39EFC134-1EBC-44E3-B73F-FD9D06913049}

中学2・3年男子軽量級  準優勝   八木  隼斗
{A09DA81F-B36B-4191-A7CD-6AB8AC6D64AF}

中学1年女子軽量級   準優勝  吉見  藍綺
{F00E23B2-B136-4BB3-B301-CF5968561F2C}


小学6年女子   第4位   伊東  結衣
{FCBC7910-439F-4E8F-9EE0-8DF702A27D1B}

今回、思うところがたくさんあり、それらを一つずつ精査して来年に臨みたいと思います。

選手が当たり前のように出ている大会は、その舞台を作るために、たくさんのスタッフがいて、そのスタッフの中でも出場している子供を本当はそばについて応援したい、と思う気持ちを我慢してみんなのために運営している人達がいるということを忘れてはなりません。

大会準備、運営に当たって来られた長谷川道場の皆様、ありがとうございました。
AD