鳩山由紀夫首相は28日夜、米軍普天間飛行場移設問題に関する政府方針を決め、記者会見した。

 署名を拒否して閣議を欠席した社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免したことについては、「罷免せざるを得ない状況に陥った。まことに申し訳ない思いでいっぱい」と語った。

 さらに今回の決定は、沖縄の負担軽減に向けた「小さな一歩、半歩」と述べ、「今後もこの問題の全面的解決に向けて、命がけで取り組んでいく」として、沖縄をはじめとする関係方面に理解と協力を求めた。

 選挙前の「最低でも県外」など、発言が迷走したことについては、「ご迷惑をおかけしたことは自分が一番よく分かっている。お詫びしたい」と陳謝した。

 社民党との連立については「三党連立を維持していかなければならない」と述べた。

【関連記事】
「こんな総理、かなわんわ…」 鳩山発言に石原都知事激怒
「稚拙だった」防衛政務官、普天間対応のまずさ認める
「受け入れがたい中身。サインするわけにいかない」社民・又市氏
「ほぼ現行案。実行極めて厳しい」沖縄知事
「これからは社民抜きで…」民主党内に社民連立離脱覚悟論

車から女子高生倒して殴る、JA職員傷害容疑(読売新聞)
トライアスロン 人生半ばからの挑戦(産経新聞)
「赤い靴」の女の子像完成…異人さんの国へ贈呈(読売新聞)
「出会い系喫茶」「偽装ラブホテル」を規制へ 風営法改正 警察庁(産経新聞)
農水相不信任案 野党4党提出へ(産経新聞)
AD