26日午後4時20分ごろ東京・原宿の竹下通りで、多数の人が折り重なるように倒れ、13~14歳の少女4人が吐き気や胸の痛みなどを訴え、病院に緊急搬送された。警視庁や現場にいた女性によると、「芸能人がいる」とのうわさが流れ、ひと目見ようと興奮した女性が殺到したとみられる。

 春休みの観光客でごった返す原宿竹下通りが大混乱に陥った。

 警視庁原宿署によると、現場は竹下通りの原宿駅側の入り口に近い路上で、駅に向かって緩やかな上り傾斜がついている。複数の目撃者によると、「芸能人がいる」とのうわさが広まり、人が1か所に集中。午後4時ごろから、人が一気に増えだし、身動きのとれない状態になった。あちこちで女性の悲鳴が聞こえ、人が折り重なるように倒れ、放心状態で座り込んでいる人も。通りに入ろうとする人と、出ようとする人で押し合いになり、「財布をなくした」「靴がない」などの叫び声も上がり、騒然となった。

 「芸能人出没説」で名前が挙がったのは、NEWSの山下智久(24)、増田貴久(23)、この日、現場近くの代々木第一体育館で行われた春高バレーに来場していたHey!Say!7の山田涼介(16)、嵐のメンバー、AKB48の前田敦子(18)ら。だが、原宿署が確認したところ、事故現場に芸能人が現れたり、ゲリラライブを行った形跡は一切なかった。駆けつけた警察官は「芸能人はいません」と大声で注意喚起し、沈静化に努めた。

 頭上には報道機関のヘリコプターが少なくとも5機、飛び交った。春高バレーの応援に来ていた女子高校生(17)は「10分くらい体が人込みに流された。20メートルぐらい動いて足も浮いた。動きたい方向に動けず必死だった」とぼうぜんとしていた。

 竹下通りは雑貨店や衣料品店などが両側に並ぶ幅約6メートルの通りで、距離は約400メートル。芸能人の店などもあり、若者が多く集まることで知られている。

 【関連記事】
竹下通り 代々木第一体育館 春高バレー を調べる

<訃報>清水一行さん79歳=作家、「小説・兜町」など(毎日新聞)
普天間問題 岡田外相「ゼロベースで検討中」(産経新聞)
【はてなは、はてなし】論説委員・坂口至徳 京の名花 バイオで守る(産経新聞)
<ネット人権侵害>過去最多を更新 前年比52%増(毎日新聞)
【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
AD