1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-02-13 03:38:00

巷で話題の一曲「あたし、おかあさんだから」

テーマ:ブログ
Twitterにも書いたけど思うように書ききれなかったので・・・長文です(^^;

良くも悪くも巷で話題になっている、のぶみさん作詞の「あたし、おかあさんだから」。

結局、不適切な歌と言うことになってしまっているのだけど、
正直、歌というもの自体には不適切なんてないと思ってるので謝罪というのもおかしい、とは個人的に思っております。が・・

確かに音楽は自由、表現も自由だけど、売り込むステージを間違えたのではないのでしょうか。
最悪、子ども番組で歌ってなければあれほどの叩かれなかったかもしれないですね。
結果、楽曲の好き嫌いですむ問題ではなくなってしまった。
多くのお母様達は押し付けがましいと怒ってらっしゃるようですが、そういう「嫌なら聴かなきゃいい」と言う問題でもなくなってしまったような気がします。これは幼少の「子ども達に聴かせるための歌」としてセールスされています。
作品をメディアに出すと言うのは時として大きなリスクを抱えるものと改めて思いました。

歌詞だけ読むと、うーんと感じるとこもありますが、そこはメロディ・編曲・歌声(だいすけお兄さん!)画像も入っての表現のマジック。実はよい曲に聴こえて、実際YouTube上には本当に炎上してるの?と疑いたくなるような感動のコメント多数!
ホント、メロディ・楽器・画像がつくとこんなに歌詞のイメージが変わるものなのか!と思ういい例です(゜ロ゜;作者の伝えたいことがなんとなしわかります。

あたし おかあさんだから
https://youtu.be/HlxM9XNs4R4

共感してるお母様もたくさんいらっしゃるので案外、ライブハウスとかで弾き語ったら称賛の嵐だったかもしれませんね!

個人的に好きか嫌いかと聞かれると、
最初に歌をパッと聴いていたら、お、いい曲~!と思ってしまったかも。
でも歌詞を先にしっかり見てからだから・・・
以上、ノーコメント(逃)(^^;

かつては児童福祉専門学校にはいましたが、お母さんだったこともなく(当然 笑)家庭も持ったことないので無責任なコメント控えたいですが、
子ども達の立場を例えば仕事である高齢者に置き換えますと、
「利用者さんに対して忙しさアピールする職員」を感じました。

昔、バタバタして忙しいと思っている最中、申し訳なさそうにトイレを訴える利用者さんの言葉にハッとさせられる時があります。

「忙しい時にごめんなさいね~。ガマンしてたんだけど・・・」
と、既にパットには失禁されていたようで、こんなとき心ない職員は「大丈夫ですよ!そのためにパットしてるから!」と笑顔で言っちゃったりする。
その前に、利用者さんに「ごめんなさい」とか、ガマンさせちゃった事に心痛めてしまわないのかなー思ったりする時もあります。

あと、入浴後の着衣の際、利用者さんが立ち上がって自分でズボンをはこうとしたとき、付いていたバイトさんに先輩の職員が
「危ない!ちゃんと見ててください!」と大きな声で怒りました(怖)
その時のその利用者さんの言葉。
「ごめんなさいね。立っちゃって。私のせいで怒られて・・」
逆に申し訳ない気持ちになってしまいました・・・

え、本件の話題から若干ズレ・・・・

たように見えますが、全然関係ある話と思いますよ!(^^)(笑)
介護職として、落ち度ない利用者さんに謝らせちゃいけないと思ってはいます。

同じく、悪いことしてない子ども達にも謝らせちゃうのはどうかと。
お母さん、大変な思いさせてごめんねーとか。
歌を聞いた子どもが感動して「ボク、いいコになる!」と言ってガマンを覚えるとか、なんてイイ話!
と、感じるかどうかは微妙です(^^;

メチャ長くなりましたが(笑)
この件は肯定否定、どっちでもイイ等、個人個人でかなり思いが割れる事と感じますので、
家庭も持ったこともなく・・世のお母さまお父さま方の苦労もわかってないような無責任な独身男の独り言と思って聞き流してくださいませ・・

まとめに、ボクの意見としてはあくまで子ども番組で歌われた事に対する疑問です。楽曲そのものは、それは共感できる方もたくさんいるし、それはそれでよい曲だと思います。(それが怖いという考え方もありますが)
何より「だいすけお兄さん」は何ひとつイメージの狂うようなことではないと思うし、まさにとばっちり・・


最後にセンス抜群!と思った元はるかぜちゃん・春名風花さんのブログから。
ワンコーラス付け加えるだけでこんな捉え方の違う曲になるとは・・天才(笑)

おまえ おとうさんだろ
https://lin.ee/1sexOk3/article/887225?t=1
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-01 12:57:32

おわわ!鬼も泣く?昨年の「第6回凉ぬ宴」ありがとうございました!

テーマ:ブログ
最早思い出(笑)昨年末のお話で恐縮!(^^;

年末恒例、12月31日には川崎沖縄そばゆんたくさんにて、第6回凉ぬ宴、今回も参加させていただきました。
ありがとうございました~!(^^)

6月に行われている沖縄慰霊の日ライブ「美ら太陽ぬ島から」の大事な派生イベント。

今回ワタクシは、出演者兼PA。
そして、司会は主催の兼島けんぎ君!

出演者はみんな何かしら縁のある方々ばかりで話しやすく協力しあい和気あいあいとした雰囲気。

【吟詠家 清~saya~】さん

けんぎ君の紹介で何度かご一緒している、
詩吟家でありシンガー。
伝統技術の詩吟を現代音楽に変換したような独特の世界観は他にないと思います。
とにかく歌声が響く響く!
この歌唱力はさすが吟詠家と感じさせ、深みのある音楽を堪能させてくれてます。


【ゆずかな】さん
以前、シンガーソングライターの光未ちゃんが自分のイベントに来てくれた時に、サポートで来ていたギタリストの深田譲君と、シンガーの あわゆいかなこ さんとのデュオ。
見た目に反したかなこさんのジャジーな大人っぽいボイスに譲君のサブヴォーカルがよい味付けになっています。
二人とも音楽に素直な柔らかいイメージの方々で好感度バツグンです♪



【介護士ンガーアトム&アトムファミリー】
はい!ボクたちです(笑)

今回はカホン・ヴォーカルの井澤泉紀とデュオ。
今回も自由に楽しみました~!やっぱりボクたちが盛り上げ上手なのでなく、皆さん盛り上がり上手~!(笑)(^^)

「セットリスト」
①お正月
②流星ワルツ(ふきのとう)
③ここは沖縄(ふきのとう)
④浅草音頭
⑤冬の月
⑥ゆんたくの歌
⑦ふるさとの唄~故郷~

【琉音】(りおん)さん
同イベントでここ三年、ご一緒させていただいたいている本イベント唯一、生粋の沖縄ミュージシャン。
歌声、ビジュアル、パフォーマンス、全てにおいて沖縄ポップスをエンターテイメントとして楽しませてくれる、イベントコンセプトでは大トリに相応しい方です。
実は毎年楽しみにさせていただいてます♪
今年も癒されました(^^)


ライブ中に琉音さんに三線を渡され・・

島人ぬ宝の間奏で「さ、アトムさん!ソロですよ!」
と言われても(笑)

アトム弾いてるフリ(笑)

こんな気の会う共演者たち、すぐ仲良くなれます。
こういったコンセプトのイベントって、共演者と「対バン」て言葉は不適切と日頃勝手に思ってるボク。
普段会わないミュージシャンとどれだけ仲良く一体感を持てるかが鍵なのですが
凉ぬ宴ってなぜだろう、いつもそんなこと気にした事がない(笑)

実はリハ後には何となく最後みんなで歌おうということになり、
主催のけんぎ君にも内緒で進み、それがまた思わぬサプライズになってしまった。

トリの琉音さんのライブも終わり、ラストけんぎ君のコメントの最中そそくさと準備。

「え?何?」とキョトンとするけんぎ君をよそに、再度みんな呼び出して、ラストセッション!

曲はあえて沖縄曲ではなく、平和のテーマにも合う「見上げてごらん夜の星を」。
出演の清~SAYA~さん、ゆずかなさん、琉音さん、そしてなんと、
観に来ていた【光未】ちゃんもセッション参加!
みんなで合唱し盛り上がりました~!

主催であるけんぎ君も本番では感激されたようで「泣きそうなんだけど!」と一言。
こんな事ができちゃうのもこのイベントならではですね!

間奏中にコメントもいただき思いの外、感動的なラストになっちゃった。
なんか温かかったです(^^)


毎年毎年、一年の締めくくりで楽しませてもらっているイベント。
会場の川崎沖縄そばゆんたく様、ご来場のお客様、出演者の皆さん、
そして頑張った主催の兼島けんぎ君、
皆様ありがとうございました!

今年ぜひ、よろしくお願いします!(^^)

【オマケ】
この第6回凉ぬ宴の模様が、なんと!
沖縄の新聞「沖縄タイムス」さん、「琉球新報」さんで記事掲載されたとの事です!

「沖縄タイムス」


「琉球新報」


嬉しいです!
ありがとうございました~!(^^)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-24 00:21:03

お知らせ。介護専門誌に掲載されました!

テーマ:ブログ
実は!
昨年12月にとある介護専門誌の取材を受けていたのですが
1月20日ついに、その本が出版されました!

「地域介護経営介護ビジョン」2月号

出版社のほうより自宅にも届いておりました!

なんと表紙にも載っちゃってます(笑)


東京23区中最も高齢化率の高い台東区。
そんな地域においてもはつらつと生きていく浅草の人達にスポットを当てた特集。


読ませていただきましたが、今回は浅草地域の特集と言うことで、浅草好きで介護に興味のある方にはたまらない内容でした♪


もちろん、記事は載せるわけにはいかないので、ご興味のある方はぜひご購入をー(^^)
書店にて注文しお取り寄せできるようです。
地域介護経営介護ビジョン

今回取り上げていただいた日本医療企画の介護ビジョン編集部の皆様、ライターの山辺様、
本当にありがとうございました!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。