たまには‥(´・Д・)」

と、AKB48の劇場公演に申し込み、16期生たちの研究生公演を観てきました。

総勢19名。
浅井七海、稲垣香織、梅本和泉、黒須遥香、佐藤美波、庄司なぎさ、鈴木くるみ、田口愛佳、田屋美咲、長友彩海、野口菜々美、播磨七海、本間麻衣、前田彩佳、道枝咲、武藤小麟、安田叶、山内瑞葵、山根涼羽

当然のことながら全員初見です。
今回も特に予習はしないで、変な予断を持たずにその場の感性で楽しむことに。


で、抽選入場‥17順
オワタ\(^o^)/

と思いきや、
なぜか下手側の立ち最前がガラ空き!
につき、そこから観戦。見晴らしよく見れました。ここだと下手の花道も楽しめますしね。

セトリは、チームAの過去のセトリ曲をチャンポンして定番曲でまとめてきた感じ。
個人的には「小池」「制服が邪魔をする」「涙売りの少女」あたりが入ってるのは嬉しかったですが、

「Mr.kissman」「ダルイカンジ」「軽蔑していた愛情」「BINGO!」あたりのA4の楽曲がもうちょい入ってたら、なおよかったかな。

ちなみに「小池」は、オリジナル版ではなく、NMB48の公演で使用していた関西弁バージョンでした。


で、16期生の印象ですが、
上の年齢層が飽和状態なこともあってか、12〜13歳といった若めの次世代要員が主体。全体的に小柄かつ体つきもまだまだ子ども体型な子が多くなぁと(´・Д・)」
なので、冒頭の虹色っぽい衣装もあいまって、AKB48というより、たこ焼きレインボーとかチームしゃちほこっぽいい雰囲気てした。

で、やたら神奈川県出身の子が多い件
(´・Д・)」


立ち最前からだと、それなりにステージまで距離があるので、正直、顔はそこまではっきりとは見えなかったので、全体的な印象は、子どもが踊ってる‥という感じ。
まだ通算5回目の劇場公演らしく、ダンスは、正直、これからで、まだまだ緩いです。小柄な子が多いのですが、動きでそれをカバーできていないので、全体的に小さく見えます。

まぁ、比較的難易度が低めなA1、A2の楽曲だけではなく、「RIVER」とか難しめの曲もありますから、頑張ってる方なのかもしれませんが。

すごい緊張して、MCでつまりながら話してたり、息継ぎする余裕もなく、いっぱいいっぱいになってるところは、初々しいですね。


印象に残ったメンバーは、田口愛佳さんと佐藤美波さん。

田口さんは、見た目は13期生のうめたん(梅田綾乃)っぽいというか、乃木坂46の生駒里奈みたいな雰囲気もあります。花道に来たとき、割と近くで顔を見ることができましたが、なかなかにかわいくて輝きを放っていて、魅力的な子でした。

佐藤さんは、14期生のこじまこ(小嶋真子)を2〜3まわり小さくしたような感じで、今後の成長が楽しみなかわいらしい子でした。

2人ともさすがにルックスに優れているだけあって、推されポジな件(´・Д・)」

わたし的に応援したいな‥と思わせてくれたのは、兵庫県出身のずんちゃんこと、山根涼羽さん。集中力が切れて流し気味にやってる年少メンバーが多い中、やる気が感じられ観ていて好感が持てる子でした。


で、終演後のお見送り時に、近くで全員の顔を見ましたが、さすがにAKB48が大きくなってから加入してきた子たちだけあって、上記の2人以外にも、これは!と目を引く美少女が何人かいました。さすがに粒ぞろい(´・Д・)」!

ただ、昔のAKB48っぽさ(素人臭というか、その辺にいそうなかわいい子。※いそうでいない‥ではなく、いそうなレベルのかわいさという点がポイント(笑))という意味でいうと、懐かしさを感じさせてくれるのは、「チーム8」の方なんだよなぁ‥(´・Д・)」


ま、そんな精緻な議論はさておき、
16期生たちの今後の成長を遠くの方から見守っていくとしましょう。


てゆうか、記念写真の撮影&販売って、イベントごとのある回だけじゃなく、毎回、撮って出しで販売してるんですね‥(´・Д・)」

田口愛佳さんら3列目の面々が「セクシーなポーズしよ」と言い出し、その6人が片手を上げて腋がみえる状態にし、肘から先は曲げて頭の上〜後方に軽くのせるポーズ‥よくグラドルがするポーズ(笑)をして集合写真を撮ってる姿が面白かったので1枚@300円、購入。


そんな感じで。
AD
はい、こんにちは(´・Д・)」

本来なら仕事の繁忙期につき、平日は身動きが取れない感じなのですが、運良く‥といいますか、巡り合わせ的に、

このスピード、このタイミングなら‥
いける(´・Д・)」!←←

と、思い切って金曜日に休暇をもらい、
木曜の晩に新幹線でビューンと帰阪。


なぜって?



そこに千倉里菜がいるからさ。


※敬称略(汗)



ーーー  ちくらカッター  ーーー

てなわけで、大阪の中ふ頭にあるインテックス大阪で開催された大阪オートメッセに行ってきました。

無論、
車目当てではなく、
コンパニオン目当てでもなく、
アーティストのライブ目当てでもなく、

「千倉里菜」目当て(´・Д・)」キリッ!


【1日目(2/10  金)】

ひと月ほど前に東京オートサロンに参加したので、だいたいの雰囲気は理解できていたつもりながら、
前回は「FALKEN」ブースにいた里菜ちゃん、今回は「FLEX」ブースにて参戦。やはり、ブースが違うと文化も違うようで(´・Д・)」

FALKENは、タイムスケジュールがしっかり確定していて、コンパニオンのお姉さんたちの役割分担もはっきりわかっていたので、事前にそれを教えてもらい、客の側としては、かなり計画的に動けて助かりました。

然るに今回は‥
場面でよくね?という感じで、その場の流れで直後のステージの予定を決めているようで(´・Д・)」油断できない件(汗)

で、唯一の情報源が、コンパニオンのお姉さんたちのツイッターだけ(´・Д・)」

なのに、お昼の12時の段階でスマホの電池の残量が10%になったときの絶望感たるや‥(笑)

かつ、彼女たちも全容を知らされておらず、お知らせしてくれるのが直前(´・Д・)」

かつ、海外の電車の時間クラスに、予告時間どおり始まらず(笑)、20分遅れのスタートがデフォ(´・Д・)」


ただ、初日は平日なこともあって、比較的、お客さんの数も少なく、とても快適に過ごせました。他のカメコのマナーもまだ許容範囲でしたし。
そんな感じで、だいたいの文化というか、風土も掴めました。

①車横でプチ撮影タイム
②メインステージでPR
③告知なく、ゲストのみ?の記念撮影会
④メインステージでPR
⑤ブースのステージでダンス→物販
⑥車横で撮影タイム
⑦ブースのステージでダンス


【2日目(2/11  土祝)】

まずの話。
2日目、人大杉(´・Д・)」
開場が9時で、私は3日とも9時半前くらいに現地に到着したのですが、
初日は並びなしで入場。

だが、しかし‥2日目は、入口前にかなりの行列ができていて、会場に入場するまでに20分ほどかかりました(´・Д・)」汗

カメコの数もドッと増えて、飛躍的にマナーも悪化。
わずかな隙間に突進して押し入ろうとしたり、
最前列でデカすぎるフラッシュ機材等をつけたカメラを高めに持ちーの、
隙間から撮れない2列目が腕を高々と伸ばして撮影しーの、中にはセルカ棒みたいので動画撮影をする者もいーの‥3列目以降はよほどの巨人でない限りまともに撮れず、押し合いへし合いが始まったり。

で、初日はブースのステージ前にイベントの5分前に行っても悪目立ちするくらいのおおらかな感じだったのが、告知があるやいなや30分以上前から前方スペースに陣取るカメコの壁ができるようになり、
ゆとりプレイをかましてた私は、4〜5列目に埋もれましたとさ(´Д` )

てゆうか、他と比較しても、
FLEXブース(‥というか、FLEXガールズのお姉さん達)って、すごい人気なんだぬ(´・Д・)」

ゆとりプレイ‥と言えば、
告知時間から20分遅れでの開始に馴染んでしまい、かつ、早々と40分前からステージ前で場所取りをしている大勢のカメコの囮プレイ(笑)の影響もあって、
まだ始まってないんだ‥時間にルーズやなぁ〜と油断して、ステージ前の後方でボケッと待機し続け、展示車の裏側で車横の撮影タイムが始まってるのを見過ごし、出番を終え引き上げてくる里菜ちゃんを見て絶句するという失策をおかしたのであった‥orz


①ブースのステージで撮影タイム
②メインステージでPR
③告知があるも撮影タイム消滅?
④メインステージでPR
⑤本山選手のトークショーで横立ち
⑥ブースのステージでダンス→車横で撮影タイム→物販
⑦1人ずつ車横で撮影タイム
⑧ブースのステージでダンス


【3日目(2/12  日)】

最終日。
前日と全く同じ時間のニュートラムに乗り、現地着。列はあるものの、前日のような大渋滞感はなく、5分ほどで中に入れました(´・Д・)」ピークは昨日だったのかな?


で、1日2回のメインステージでのPRタイムに全回‥計6回出るはずが(大人の事情で?)3日目の1回目は急遽、出ないことになったそうで。
ドタバタで、トヨタのGAZOOのエリアにあるラジオブースみたいなところで、プチトークショーに参加になりーの、
5号館の中をスタッフ、里菜ちゃん達と一緒に大移動(´・Д・)」
聞けば、本番が始まってから、他のブースをちゃんと見るのは初めてだそうで、目を輝かせながらブースを見ている里菜ちゃんに、惚れ直したのであった(´・Д・)」


毎回同じ内容のメインステージより、こちらの方が楽しかったので、結果オーライですね。で、トーク中の告知にて、その場にいる人のみに知らされる感じで、ツイッターでの告知はなく(?)FLEXブースに戻って、ブースのステージでダンスが始まる‥という、なかなかに高度な情報戦プレイ(´・Д・)」笑

で、お昼のメインステージを見届けた段階で撤退し、東京へ引き上げましたとさ。


①GAZOOブースでトーク
②ブースのステージでダンス
③メインステージでPR

以降、トークショーの横立ち、ステージでのダンス&物販、車横での撮影タイム、ステージでラストダンス‥になったものと思われます。


ーーー  里菜カッター  ーーー


とにかく、楽しすぎた(´・Д・)」

里菜ちゃんが覚えててくれただけでも感動ものなのに、我ながら呆れるほどのずうずうしさ(笑)で話しかけに行き、優しく接してもらい、里菜に冠をたださず‥ではなく、感無量です(´・Д・)」

で、なぜか←
他の2人のFLEXガールの藤澤友千菜さん、引地裕美さんにも名前を覚えられ、優しくしてもらって、夢のようなひと時を過ごしたのであった。

みなさん、お世話になりました。
楽しい時間をありがとう(´・Д・)」


いつ、何が始まるかわからない臨戦体制でしたが(笑)、なんだかんだで合間の時間を見繕って、会場内を散策。
さすがに2日半も滞在してたので、車もお姉さんも堪能しました(´・Д・)」
まぁ、ライブは知らない曲祭りでしたけども(汗)



その上での結論


千倉里菜ちゃんが最も美しい‥でファイナルアンサー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


そんな感じで。
AD

ANTIPORNO

忙しいシーズンにしては珍しく、
早めに職場を出ることができたので、新宿まで寄り道して、映画を観てきました。

JR新宿駅の東側にある武蔵野館。
名前的には吉祥寺あたりにありそうな感じですが、普通に新宿のど真ん中にあります。

映画は園子温監督の「ANTIPORNO」。
主演は元AKB48研究生(8期生)の冨手麻妙ちゃん。

私が現役のAKB48ヲタだった頃と、彼女がAKB48で活動していた時期がまるまるかぶってまして。確か、私が100回MVPを行使した公演に彼女も出演しており、記念の寄せ書きTシャツに彼女のサインがあったはず(´・Д・)」ニックネームは、まみょん。

あの頃、高1くらいだったと思いますが、制服衣装のスカートの下にブルマや黒いショーパンを着るのが主流(笑)の中、彼女は体育の授業で着るようなハーパンみたいなのを着ていて、スカート丈よりもハーパンの方が長く、何とも言えない雰囲気を醸し出していたのも、今となってはいい思い出です(´・Д・)」←


それはそれとして

その後、グラドルになったり、女優としてNHKの大河ドラマに花魁役で出演したりしてた彼女ですが、この映画でいわゆる「体当たり演技」をしているとの由。
ふむふむ(´・Д・)」

映画自体は、夢か現か‥わけわかめ‥なストーリーで頭で理解する映画ではなく、感性で感じる系の昔のフランス映画っぽい作品でした(´・Д・)」汗

で、「まみょん」こと冨手麻妙ちゃんですが、潔く‥というか、脱ぎっぷりよくバーンと脱ぎまくってます。絡みはほぼ無きに等しいですが、ムッチリ体型かつ垢抜け切れていない雰囲気も相まって、なかなかにエロいです(´・Д・)」!!

なので、
それ目当てで←←
観に行っても、そこそこ満足できるのできるのではないかと思われます。
セリフも刺激的なのが多いですし。

以上、報告終わり。


そんな感じで。
AD