横浜・元町 紅茶専門店ラ・テイエール ブログ

横浜・元町にある紅茶専門店「ラ・テイエール」のブログです。オリジナル紅茶やロンネフェルト社の紅茶情報、美味しい紅茶のお店のご紹介、時々音楽のこと書いてます。


テーマ:

ロンネフェルト社紅茶とは

本日もご来店・通販ご注文誠に有難うございます。
年末年始、各地のホテルラウンジでロンネフェルト社紅茶のメニューをオーダーした方も多いのではないでしょうか。

改めてテイエールで取扱のロンネフェルト社紅茶についてご紹介させて頂きます。




皆様ご存知の通り、ドイツ・ロンネフェルト社はドイツ本国を中心に東欧や中東、東南アジアをはじめ世界各国のホテルやレストラン、スパなどホスピタリティを必要とするあらゆる場所に紅茶・ハーブティーを供給しています。

ロンネフェルト社の紅茶はどこで飲むことが出きるの??

日本では東京、大阪をはじめ名古屋、福岡、仙台、京都など主要都市のホテルで使用されています。

どこでロンネフェルト社の紅茶が飲めるかはこちらのブログをご覧下さい。

最近では大手町のアマンリゾートでもロンネフェルト社紅茶・ハーブティーの豊富なラインナップで楽しむことが出来ます。

・「東京ステーションホテルロビーラウンジ」

・「東京・椿山荘」

・「フォーシーズンズ丸の内東京」

・「東京ディズニーランドホテル」

・「コンラッド東京」

・「福岡グランドハイアット」

・「大阪セントレジス」

・「名古屋ヒルトンホテル」

・「横浜 インターコンチネンタルヨコハマグランド」

私も機会があればロンネフェルト社の紅茶が飲める場所に実際行ってメニューのバリエーションなどチェックしているのでご不明な点があればぜひ気軽に聞いてくださいね。

{E1E68F1E-8AE3-4A95-80EF-607059D551ED:01}

ロンネフェルト社の紅茶に関する疑問

そこで、最近お客様からお問い合わせを多く頂く事例をご紹介します。

それは「ホテルでロンネフェルト社の紅茶を飲んで凄く美味しかったのですが、どんな種類か聞いてもホテルの人に答えて貰えなかった」

というものです。

残念ながら、ホテルの現場が全てそこで使用されている紅茶について詳しくご紹介の出来るとは限らないのが現状だと思います。

ロンネフェルト社の紅茶のメニューの差異

細かくいうと、ロンネフェルト社に関しては例えば「アイリッシュモルト」はロンネフェルトが任意でつけている商品名がありますが、ホテルのメニュー表記は「アイリッシュウイスキークリーム」であったり、「ロイヤルミルクティー」と表記するラウンジもあります。

実際飲むと「ああこれだ!」という確認は出来ますが、現場の方もロンネフェルト社が任意でつけた商品名とメニュー名を混同しやすいかもしれません。

また、業務で入っているロンネフェルト社のアールグレイは大きく大別して「ゴールデンダージリンアールグレイ」と「スペシャルアールグレイ」に分かれていますが、これがティーバッグタイプの場合もあります。

ロンネフェルト社のティーバッグタイプは「ゴールデンダージリンアールグレイ」が軸に作られたものです。

そういった点においては現場の方が紅茶に造詣が深い、浅いに関わらず、システムとして煩雑な名称になってしまっていることもあるかもしれません。

全てのことにお応え出来るかはわかりませんが、私はメニューを見ればどこのメーカーの何のお茶が使用されているかは大体検討がつきます。

テイエールでも販売させて頂いているロンネフェルト社に関しては商品情報についてはどこよりも詳しくお知らせ出来る自負があります。

せっかく決して安くはない金額を払って美味しい紅茶を飲みに行って何の紅茶か「わからない」というのでは残念ですし、建物と空間にお金を払うのでは決してないのですから、ロンネフェルト社の紅茶に関してお役に立てることがあればぜひテイエールにご相談ください。

{001A2547-33E8-426A-8BC4-32F9D331E522:01}


ロンネフェルト社の紅茶を美味しく楽しんで頂くために

というのも、もちろん紅茶だけに限った話ではないですが正直申し上げて海外ブランドの紅茶でも日本で流通している商品は本国を経由していない紅茶製品は山ほどあります。

幸か不幸か恐らく代理店担当者も把握しきれていないのが現状ではないでしょうか。

ブランドストーリーや表層部分だけに焦点があたりすぎている様な危惧もあります。

そういった点において、

ロンネフェルト社に関しては現場を教育するプログラムを独自に持ち、茶葉の品質を保つ工夫をしているという信頼性の高いブランドだと信じています。

ホスピタリティが必要とされる場所に相応しいポテンシャルをもつ茶葉を持っていると信じています。

ロンネフェルト社紅茶を小売販売を担わせて頂いているテイエールにあってはいかにそのポテンシャルをお客様にご紹介出来るかだと考えています。

{9E6B40A3-60AE-4CE1-AE4A-6A3DE3EDEB4F:01}

ブランドだけでなく、その中にある紅茶たちにフォーカスしてお客様に紅茶のある人生に彩りを添えられる様に。

因みにこういった事例はホテルの品位を貶めるものではありませんので悪しからず。

むしろホテルの現場の方もロンネフェルト社の紅茶についてお力になれる事があれば是非お問い合わせ下さい。


店長


【ドイツ・ロンネフェルト社をはじめ常時80種類以上を扱う紅茶専門店】
「横浜元町・紅茶専門店 ラ・テイエール」
http://www.latheiere.com/

横浜市中区新山下1-2-1丸善ビル1F 
TEL/FAX:045-621-5730
お問い合わせ: info@latheiere.com

テイエールへの行き方
http://ameblo.jp/jk1986/entry-11477249409.html

店内商品試飲のご案内
http://ameblo.jp/jk1986/entry-11489359391.html







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

横浜元町紅茶専門店ラ・テイエールさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。