ジェイのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

トレードで安定して勝てる状態になるには、


勝者の思考→予測する


敗者の思考→予想する


この違いをはっきり区別している事につきます。


予想とは、希望的観測に基ずく想像であり、トレードにおいては、

その人のエントりー時における癖となって表れてきます。


予測とは、分析し洞察し戦略をもったトレードとして

実行する事です。


キチンと予測した(出来た)トレードは、トータルでプラスになる確率が高まる。

ぼくの場合では、勝率95%以上です。


厄介なのは、予想したトレードで勝った時です。(連勝もしくは大勝)

そして、それは無意識に自分の中に、刷り込まれます。


なぜ厄介で恐ろしいかは、

予測してトレードした勝ちは、自信となって収支がプラスで安定するのに対し

予想してトレードした勝ちは、過信となって収支がマイナスになる可能性が

極めて高いからです。


予測してトレードした負けは、想定内なのでその後ぶれません。

予想してトレードした負けは、メンタルが崩壊していきます。


そして、それは月トータル、年間トータルでみると恐ろしい差となって

収支に表れてくるからです。


別に勝ち組トレーダーだからといっても特別な事をやっているわけでは

ありません。


最初のころから比べて逆にどんどんシンプルになってくる感じです。

そのほうが、迷いが少なく勝てるからというのが本音です。


損小利大は、絶対です。


損小利小の勝率重視でも、月トータルでみると

圧倒的に損小利大の収支です。(だから金が増える)

勝ち方のスタイルが、人によって違うだけです。


FXは、事前の備えがすべてです。


その時点ですでに勝負は、ついていると言ってもいいです。

何の準備もしないでトレードをすれば、

いつまでたっても相場で成功できません。


事前準備とは、


資金管理(レバレッチ)、分析、手法、ルール、トレードスタイル、メンタル、

すべてです。


すべて最初に決めておくという事です。


そして、変化に対応できるように売買記録をつけるんです。


そんな地味な(待ち時間を含む)作業に気を抜かない者が、


涼しい顔して、大金を手に入れている世界だと

しみじみ思います。


では、また(^O^)/














AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

勝ち組になるチャンスは、誰にでもある・・・


前回そう言ったんですが、確かにあると思います。

手っとり早いのは、自分の型を持つ、

どんな、相場がこようともそれを崩さない!


それが、突破口になって資金が膨らみだすって感じです。


具体的な流れでいえば、


①相場分析をする



長期から短期までチャートの確認をして

指標の時間帯と重要度をチェックする。

今、どのくらいの位置で価格がうごいているのか、

上と下のどちらに圧力がかかっているのか、

かかっていないのか、

などなどを、テクニカルやニュースや自分の経験から

分析する。



②見極めと早乗り



その相場分析に基ずき、チャンスと思ったら即出動、躊躇しない。

チャンスに動けないのは、自分の中で明確になっていないからであり、

手法やルールにあいまいさがある証拠です。


きっちり分析しないで動くと、いくらルール通りに行動しても負ける確率が

高まるだけ。

分かる時に行動に出る。これが勝率を高め、トータル勝ちにつながってくる。



③利食いと損切り


上記の行動をへて、順行すれば利食いルールに基ずいて頂き、

思惑と違う動きになったらストップを待たずに即切りする。

(ストップにかかる確率の方が高いので)

連敗したら、相場とリズムがあっていないので、いったん離れる。



ようは、大きく負けないで自分の資金を守りながら、コツコツ積み上げ、

大きく動いたときに、大きく頂くという感じです。



あと、毎日同じ時間にチャートを見続けるというのも、裁量のレベルアップに

つながります。

無意識にしろ、いろんな展開が頭にストックされてくるので、

(ただし、勝てるようになる要因の一つであるという意味で)



ぼくは、ユロドルとユロ円をメインにトレードしているんですが、

最近の動き的には、ユロドルは、転換で(売り買い両方)

ユロ円は、順張りの押し戻しで、という感じがとりやすく感じます。



とくに最近大きく動き出したので、しっかり稼ぎましょう (^O^)/







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お疲れ様です。


トータルで勝ち続けるとは、どういう事でしょうか。

もちろん、その前には負ける要因が立ちはだかっています。


(資金を失う要因)


・ロスカット時のメンタル崩壊 (損切りできない)


・ルール無視 (売買、資金管理、メンタル)


・値ごろ感全開 (すぐ予想をする)


・追っかけトレード (チャートの奴隷)


・見極めようとしない (早乗り)


・ビビリすぎてチャンスを逃す


・感情トレードを容易に再開させる


・勝ちをあせる


・負けをこわがる


・自分の優位性がない (掴んでいない)



資金を増やす要因とは、これの逆をやる事です。


ということは、トレードにおいて普通の(一般的な)感覚では負けるということであり、

極端、異端な思考と行動をとる者が成功する確率が高まる。

それが、少数の勝者と多数の敗者を分けているんだと思います。


そのギャップを埋めようとして、自分を直視し手法を考えたりルールを身につけようと

したりして、七転八倒するわけです。


負けるが勝ちとは、まさにトレードにもあてはまります。

想定した損切りとは、勝ち続けるためには絶対的に必要であり、

確実に実行している間は、勝者の仲間です。


トレードで金がほしいのに、即断して損切る。

これも、極端、異端な思考と行動の一例であり、

勝者と敗者の分かれ目となっていきます。


安定的に勝てるようになっている状態とは、損切りにとどまらず、手法、ルール、

思考、トレード全体にそれがおよんでいる状態ということです。

(本人が自覚せずとも)


まさに、感覚の逆転が起こって今までとは違う別物になっているという事です。

(人によっては覚醒したともいう)


この状態に突入してくると、あまり多くのテクニカルは必要ないと感じるし、

他の人のやり方とかも気にならなくなってくる。(手法は、なんでもいい)

事実、自分は勝てるんだから。


ただ、僕の経験上から気よつけなければならないと思うのは、

一度身につけたからといっても、日々ブラッシュアップを心がけなければ

あっという間に後退する危険があるということです。


これは、たえず変化する相場に対応しなければならないという

トレーダーの宿命みたいなものです。



実は、別者(勝者)には、誰でもなれます。

正確には、そのチャンスはある。


そのへんは、またの機会にでも。














AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。