子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
今回は長いけど、
私の子育てについて書いてみます。

こんなメッセージをいただきました!!
答えてみます。

↓↓↓


まず前置きとして、批判ではありません。

実の子を育てられなかった人が、他人の子を育てられるわけがない。という意見が見受けられますが、なぜだとお考えですか?それだけ子育ては大変なものだからです。初めてこの世を目にするなにも知らない子供と生活を共にするだけでなく、育てる ことはそんなに簡単なことではない。

どんなに可愛い子供でも、手放してしまいたくなるくらい辛い時もあります。それをお腹を痛めて産んだ子にできず、他人の子にできるのですか?と聞かれているのではないでしょうか。

はるさんが「やりたい!私にできる!」と思って行動されるのは自由ですが、養子に来る子も1人の人間です。人間があり幸せになる権利があります。やってみて、失敗した ではすまされない。

ブログを拝見していると、養子を育てる実験をしようとしているように見えたりもしました。幸せの形はそれぞれですが、あなたの行動で誰かの幸せが犠牲にならないことをお祈りいたします。



>どんなに可愛い子供でも、手放してしまいたくなるくらい辛い時もあります。


ここここ↑↑


可愛い我が子を手放せないから
辛いのだと思ってます。


わたしがこんなにも可愛く思っているのなら、
他人も可愛がってくれるんじゃないか、


それって子供に宿った
可能性なんじゃないか、
そんな風に思ったのです。


“子供は国の財産”と言うのであれば、
“みんなで育てる”と続くと思うのですが、


その第一歩として、
私の場合は夫に子供を
明け渡すことでした。


保育園がどうのこうの!
子育て支援がどうのこうの!
って社会に投げても仕方ない。


夫が無理な場合、
誰かかベビーシッターに
預けたと思ってます。


実験と言えば実験ですよ。
それは否定しないですけど。


“子宮の声”に従うと言うのは、
本能に従うということでもあります。


本能とは人間本来の可能性が
たくさん詰まってると思っていて、


人間に適した
子育てができるんじゃないか、
そんなふうに思いました。


文献はたくさん存在すると思う。


でもどれが
本当かなんてわからないなら、
自分を使って実験するしか
ないんじゃないでしょうか。


元夫の岡田哲也は、
わたしが託したところで、
全部工夫しながらやってしまえる男でした。


工夫というのは、
いかに自分を疲れさせないか、です。


子供とも一緒に居たいけど、
それじゃあ体力が持たない。


適度に誰かやどこかに預ける、
そうゆう工夫ができる人です。


それで、
これは、男性だからできたのかな、
と思ったりしました。


産後で思考回路も
体力フラフラのママでは、
産後鬱まっしぐらなので、
そんなこと考える暇なんかないんですね。


私が体感した
産褥期、というのは、
3ヶ月ではなく、3年です。


思考にくっきりとした
男性性が戻って来る時期、
といえばいいのかな。


3年ですよ、3年。


それまでは、
とにかく体力回復につとめる。
夫と仲悪くなろうが、
子育て批判を受けようが、


とにかく、
自分の体を療養。


出産って、
自然分娩だろうが、
帝王切開だろうが、
事故って全身打撲したのと同じだし、
人格障害・精神疾患と同じ浮き沈み。
※早々に次の妊娠した方が元気!


自分の体、
なめんなよ!って話。


話は少し戻りますが、
誰かやどこかに預けるにも
「お金」が必要になってくるのが実際問題。


お金は、子宮が引き寄せる ~富豪マインドに変わる子宮メソッド~/河出書房新社
¥価格不明
Amazon.co.jp

子宮メソッド的お金理論は、


お金がないからどこかに
預けられないのではなく、

どこかに預けるから、
お金が巡る、



そんな話です。


しかもそのお金の使い先が、
自分にとって“快”を選択した場合のみ。


だから普段から、
的確に自分を甘やかす体感覚を
養う努力をしていきます。


欲しい=自分が心地よい
※これ、性的な意味でもあるよ
※(相手の性器が)欲しい=(エッ☆チが)気持ちいい


が成り立つかどうか、ね。


これ、恋愛でも言えて、
楽しい食事ができたら、
別に女の方が払ってもいいじゃん?


気持ちいいエッ☆チをしたら、
女の方がホテル代払ってもいいじゃん??


割り勘!!とか、
男に払わせる!!とか、


それで
女としての価値を決めるとか
ほんとにどうでもよくて、
むしろ寂しい女よ。





産後、
自分ができることでさえ、
手放していく行為は、


頭の中の意識を
剥がしていく行為は、


皮膚剥がされるのと同じ、
髪の毛引っ張られて抜けるのと同じ、
子宮をもぎ取られるのと同じ、


だって、それらが
今まで自分の価値を
決めてきたものだもの。


なんにもなくなってくって、
怖いんだ。寂しいんだ。


赤ちゃんなんて、
諸に子宮の中に居たのだから、
誰かに預けるって、託すって、



心が痛いし、
辛いに決まってるじゃん。


ただ、
世界一可愛い我が子だから、
世界を旅してもらいたくって、
それができました。


子供は離婚と同時に
正式に夫が親権を持ちましたが、


今は、元夫も
子育てを少しずつ手放しています。


親離れ、子離れ、
早いうちに。


子供本人は、
自由に一緒に居たい家族を
選んでホコホコ幸せそうにしています。


そもそも、
子宮委員長はるという
母親を選んで、


岡田哲也という父親も選んだ。
今は岡田の元すら離れている。


本当のところ、
どうかわからなかったけど、
経過を見ていると、


本当にそんな気がします。


子供の力を信じてみる。
そうするには手放すことも
必要なんじゃないかな。


子供が本当にしたいことなんて、
手放してみなきゃ
わからないこともあるよ。


それはもう、
子育てとは言わず、
“子育つ”と言うんじゃないかな。


>はるさんが「やりたい!私にできる!」と思って行動されるのは自由ですが、養子に来る子も1人の人間です。人間があり幸せになる権利があります。やってみて、失敗した ではすまされない。


人間には
幸せになる権利なんかないと思ってます。
もともと幸せに飽きて生まれてくるんだもん。


生まれたことで経験したいのは、
むしろ傷つく権利の方。



傷つけられた、
束縛された、


そう自分で思い込むことなら
いくらでもできるけど、


本来人間は、
他人を傷つけることなんてできないし、
束縛することも本当はできない。


傷つけられることも、
束縛されることも本当はできない。


だから、


親が子供を
傷つけることなんかできない。


子供が親を
傷つけることもできない。


そう思い込むことはできるけどね。


子供がいる母親に言いたいんじゃない。
母親がいるわたちたち子供に言いたいの。
産まれたことがある人に言いたいの。


例えば、
親に傷つけられた、
と思い込んでたとしよう。


でも、その傷、
生きる糧ですから。


親子の傷は深いのも知ってる。
でも、生きる糧にできたら??


やりたいことをやる、
生きたいように生きる、


“燃料”や“栄養”だったら??


傷つくのも悪くないんじゃないかなーと。


私は自分の生きたいように生きて、
そんな自分が楽しいから、
親を許すことができたよ。
親を恨んだ自分も許せたよ。


今は、
産んでくれてありがとう、
なんだよね。


子育てって、
生んだ立場としてじゃなくて、
生まれた立場で考えると、


いろいろわかることがあると思ってます。


というか、
子供を一生傷つけさせないように
育てようと思う方がどうかと思う。


子供だって他人です。
子供や家族をどうにかできると思うのなら、
それはコントロールなんじゃないかな。


IMG_20170715_104158323.jpg


子供は
産む人と産まない人がいる。
産める人と産めない人がいる。


子宮は命の循環、
死者を再生する場所でもある。


産まれた子供は、
年齢関係なく、
わたしたち大人も
社会で循環。


これは私のお金に対する
考え方と同じです。


自分のところだけで留めない。


わたしね、
すごいこと思ってる( ´艸`)


世の中のすべて、
わたしのもの。




お金も全部わたしのもの。



だからこそ、何もかもが、
ここに居なくていいから、
いろんなところを旅して、
帰っておいで、って思ってる。


帰ってこなくても
たまに会いたいな、
それも叶わなくていいけれど、
“わたし”という海で自由に泳がせたい。



一応これ、子育ての本です❤️


↓↓↓


子宮委員長はるの子宮委員会/KADOKAWA/中経出版
¥価格不明
Amazon.co.jp

































 
実話恋愛が元に映画化!
9月29日より全国ロードショーハート

クリック【映画予告編】ちいさな星のちいさなふたりが大っきいLOVEを抱きしめる


 49レーベル新商品ハート
クリック縁結びスカーフがリリースされました❤️


新刊が発売されされましたハート

全国書店でお買い求めください❤️
オンラインストアでお求めの方はこちら↓↓

Amazon女の幸せは“子宮”で決まる!
楽天ブックス限定特典付女の幸せは“子宮”で決まる!


公式オンラインサロン「毒林檎の宮殿」by DMM


宝石緑子宮委員長はるプロフィール
宝石紫公式ホームページ
宝石ブルー子宮メソッド全集
いいね!した人  |  コメント(85)  |  リブログ(54)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「└ はる流 子育て」 の記事