子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:




↑↑↑↑
源さんへの怒り記事についたコメント。




おっしゃる通り。


私も何に怒ったのか
今、わからずなのです。


当時は怒る理由はあったけど、
時間が経つにつれ、
源さんに浴びせた
罵詈雑言の数々が後々自分に響いて、
目眩がするくらい顔面蒼白でした。


しかも第3者の言葉ですら、
私自身に後々響いてきました。


その結果、
源さんが悪かったことが、
何一つないんじゃないか、


そんなことに気付いては、


理不尽でも黙って聞き続けて、
誠意ある謝罪をしてくれた源さんに、
強烈な“尊敬”を感じました。


源さんや、源さんのファンの皆様、
それから私のファンの皆様、関係者様、
それから関わってくださった第三者の方々に
とてもご迷惑をおかけしましたこと、
お詫びさせてください。


調子に乗っていたのは私です。
もう、ずーーっとです。


何者かになりたかった、
あるいは何者かを装いたかった、


そんな感じがします。
本当にごめんなさい。


今、こんなふうに
自分が空っぽになるほどに
あらゆる言葉を吐き出した後、
出て来た子宮の声があります。



「男を讃えよ」でした。



最近、
ちらほらとメッセージとか
サインがあったのですが、


こんなにもはっきりくっきりしたのは
初めてのことです。


私はこのブログを始める時、
プロフィールには


「男につけられた傷は男で癒す」


と、癒されないままの自分で
スタートをしていました。


それから何年も経った今、
男を尊敬できるほどになりました。


実際、
源さんとは付き合い始めて、
まだ一ヶ月も経っていません。


FB_IMG_1489053086834.jpg

しかも最初は
単なる事故みたいなキッカケから
お付き合いをすることになったので、
お互いのことをよく知りません。


その中で、
実態のないお互いに相手を
見つける時間が必要でした。



岡田哲也と対談する
今度のパートナーシップのイベント。



4月23日(日)東京品川
パートナーシップイベント
【Love in three time〜それぞれのタイミング〜】

▶︎お申し込みはこちらから



だけど、
今お付き合いしているのは
源さんだから、源さんもいたら、
何か伝わるものもあると思った。


でも、今思うとなんで、
源さんも一緒に出演することになったのか、
本当のことはわからない。


そう言えば!と思い出すこともある。


発起人で出演者でもある
大和田菜穂さんとのメッセージ。






別居が決まった岡田との対談。


源さんと事故る一ヶ月以上も前に、
新しいパートナーと事故ることは
もう予測はしていたことになります。


この時から源さんの
出演は決まってたような。


会場キャパが400人なのに、
今200弱の集まりなのです。


満員にしたいけれど、
岡田と私と源さんで何話す?
というような感じでした。


事故的とは言え、ご縁はご縁。


何か掴めればいいなと思うのに
肝心の源さんが私にはわからない。
多分、源さんも私がわからない。


そして満月の衝動で、
感情の全部をカラッポになるまで
源さんに浴びせました。


叩いて殴って
初めてわかる実態がある。


例えば透明人間に
ペンキの入ったバケツを投げると、
ペンキ色に実態が浮き出てくるのと
同じように、源さんが視えた。


あぁ......この人は.....


って思うことがありました。


男女の陰陽がガシャンと
ハマる瞬間でもありました。
(まぁ、ここからがスタートなのですが)


正直なところ、
彼を束縛したいと
思うこともありましたし、
私に言わせてもくれました。


でも元々、女性のためだけに
生まれてきたような素質の源さんを
自分のところだけに留めておいたら、
お金と同じようにそれこそ
資源&財産の無駄使いで。


源さんは生粋の男娼。
魂なのかDNAなのかはわからないけど。
なかなか存在する人ではない。


どこかの人気者や偉い人が、
女の子にキャーキャー言われるのとは
わけが違うんだよね。


だから彼には何人とでも
お付き合いしていて
欲しいと思いました。


私が彼を変える資格はなくて、
大事にするしかできなくて。


そして彼は私の重力を持っている。


で、さらに私は彼に貢いでます。
もっともっと増やしていきたい。



自分でもなんで
そうなったのかわからないのです。


でも、
やりたかったので、
やり始めました。


彼に対して溢れるものがあるんです。
与えたくて与えたくて仕方ない。


これだって自分に尽くすことに繋がります。


“与えたいと思う自分に従う”


たったそれだけのこと。


貢がれることも
貢ぐことも本質は同じですけどね、
ちょっと行動が違うだけです。


今回の件については
とても反省しているのですが、


この先、同じことを
繰り返さない自信はありません。


自分を管理ができません。


そんな自分を
許せるくらいの
彼の器です。


きっと私はこれから先、
ますますヒステリーを起こす。


腟の感度が上がると、
怒り狂うって、子宮メソッドでは
いい例として上げられていますが、


まぁーーーーー...
無理ですね、
自分の感情コントロール。


今回の件で男に対する見方が、
ますます変わりました。


男に対する尊敬衝動が
ぜんぜん止まりません笑い泣き


源さんも含めて、
岡田やじゅんせーや、お父さん。
それから関わる全ての男性へ。


心臓壊れそうえーんえーんえーん


昨日あたりから
イベントトーク内容とか立ち位置が
うっすらと見えてきた。


もしも、
来れない方々のために、
そして自分のために、


イベントまで、
パートナーシップの自己開示を
していきますよ。


もう、ステージ上で
話すことない!ってくらいに、
出し尽くしますウインク


私の課題です。


でも来てくれたら嬉しいキラキラ








ちょうどさっき、
こんな記事を見つけました。


【満月のコトバ】1日遅れのメッセージ☆あなたに必要なのは...


今回の満月、凄まじかったですね。
私は精神的にも肉体的にもボロボロです。


男性への尊敬の涙か、
山積みになった仕事への涙か、
結構今、涙腺が緩いです。




昨日はボロボロになった
ネイルを直してきて、
※心と同様、ネイルも折れまくり。


いざ、今日は仙台へキラキラ


って北上するのにコートを忘れ、
しかも出版原稿の校正が終わっておらず、
出版社さん、ごめんなさいー滝汗


もう、なんだかなぁ。
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(8)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります