子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
前記事
▶︎【ゲスレポ】なんで不倫のこととか子供に興味のないことを公で言えるのか。



に続く話なのですが。
そしてゲス夜会でも
少しお話したことでもあるのですが。



私が今の生き方を
始めるキッカケになったのは、
当時の自分にOKを出してくれるような、
性の世界で社会的に活躍するお姉さんが
いたらいいなって思ったこと。



当時は理想のお姉さんがいなかったので、
私が成る!って心の中で手を挙げた。
※だから“理想”も私の未来の姿だったのです。



女性を悩ませる性のあれやこれ。



・風 俗で働いててもいいじゃない。
・イケなくたっていいじゃない。
・中絶してもいいじゃない。
・子供がいなくたっていいじゃない。
・子供が死んだっていいじゃない。
・愛人いたっていいじゃない。
・不倫してたっていいじゃない。
・さげまんでもいいじゃない。
・男に騙されたっていいじゃない。
・レイ☆プされたことあってもいいじゃない。
・子供を捨てたっていいじゃない。
・恋愛うまくいってなくたっていいじゃない。
・恋愛がうまくいったことがなくたっていいじゃない。
・結婚してなくたっていいじゃない。
・男から大切にされてなくたっていいじゃない。
・セ☆ックスがわからなくてもいいじゃない。
・婦人科系疾患でもいいじゃない。
・子供を愛せなくたっていいじゃない。
・モラハラされてたっていいじゃない。
・セクハラされてたっていいじゃない。
・男を騙したっていいじゃない。



↑↑ここのところにOKを出せる
説得力のある人になりたかったの。
だから実際に“経験済み”が必要だった。



しかしですよ!?
その他にもあまりのタブーを
わざわざ抱えすぎて、
さすがに重いし好かれづらいかなと
思ってまして(いつもの私ね)。



だからこそ、
「はるちゃんの事、前は嫌いでした」
「はるちゃんのこと嫌いです」とか、
わざわざコメントもらっても、
知らんがなで。



むしろシラケて
見下してる私が居て。



私だったら嫌いな人に
「嫌い」という時間はないよ。




好きな人や物事に夢中になってる
からこそなのだと思います。



だけど全く違うような分野から
めちゃくちゃ可愛い女の子が
イノシシのように「はるちゃんスゴいよね!」って
こちらに向かって猛進してきたわけです。



それがHappyさんでした。






「どうせ嫌われてる」が根強い私。
それはタブーをお祓いがてら使っていて。
これだけお札タブーを張っておけば、
簡単に誰も寄り付かないだろうと思っている。



だけど、
それでも寄って来た人に
愛されてる中でだけ
生きてればいいと思う私。



そんな私を外へグイグイと
連れ出したのも、
その結界を破ってきた(笑)
のもHappyさん。



「全力で護るから!!」

と言われ今、思い出しても涙ぐむ。
男前すぎる。心にドンっと響いた。



なんと言いますか、
Happyさんの影響力や人気力。
もう既に創り上げた帝国があるのに、
なんでわざわざ壊すようなことを
するのだろうと思ったのです。



子宮委員長はるの事を
応援してると言ったら、
Happyさんのファンは
Happyさんから離れるよ!!と思った。



だけど、ここまで考えて、



「好きな人を好きだと言っただけで
 離れてゆく人がいるのなら、
 それは最初からご縁のない人だ」



と、一周まわって自分自身に突き刺さる。
それでもって、そんなHappyさんだからこそ、
Happyさんのファンも目が悪いわけがないと思って。



私、Happyさんが私に関わることを
申し訳ないと思ってたのです。
それは以前からそう。



ただ、
Happyさんとの出逢いの一件は、
わたしにとって大きく、



今までクリアにしてきたつもりでも
まだ残ってた心のゴミが、
一気に浮上した。



それで、
Happyさん主催のゲス夜会は、
心屋仁之助さんも参戦することになり、
心屋さんも巻き込むのか.....



と、うずくまってました私。



もう、自意識過剰なのか
自己卑下なのかわからないけど、
だからこそ今回のゲス夜会で
わかったことがあって。



それは心屋さんのしてることは、
世界はわからないけど、
日本ではトップクラスで輝いてる生き方。
(世界でもピカイチ輝いてると思う)



Happyさんのしてることは、
トップクラスの行動センス力と創造力。




そんな2人と一緒にステージの上に立てて、
私も自分は間違ってなかったんだって思えた。





Happyさんもブログで書いてたのですが、


感謝|Happyオフィシャルブログ「世界は自分で創る」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/ses-happy/entry-12140772460.html


>誰かを褒めたたえることで
>自分の価値がなんか減る気がして。
>誰かに好きを言うことは
>自分が負けたような気になって。

>人を褒めても
>人に好きを伝えても

>「わたし」の価値は減らないし
>「わたし」の価値は脅かされることはない。

>「わたし」の存在を受け入れたとき、

>残ったのは
>世界に対する全面降伏でした。





>比較や評価からすっかり
>”一抜けピっ♪”してた自分の意識の変化に

>心が変わると世界の見え方は
>こうも違うんだ。と、驚きました。



同じ気持ちなのですが、
ここ何年かの回想を入り交じり、
ちょっと感動します。



ブログを始めてから、
ますます“嫉妬”から遠ざかり、
自己卑下がただの自覚になり、
いつでも世界に全面降伏してる私がいる。



そしたらなにかにブチ当たる時、
社会全体での自分の立ち位置なんかも見えて、
なんとなくタイミング待ちなのかな~
って思ったり。



それは美しくなることに関しても、
もっとお金の循環が増えることに関しても、
そのほかいろいろ“もっと”の世界ね。



だから誰かと自分を比べて
嫉妬する必要もなければ、
私を受け入れなかった社会と
戦う必要もないってわかってるんです。



もしかしてそれは
欲しくてやまない感覚
だったのかもしれないです。



そして、
Happyさんの
どこまでもまっすぐな姿勢。



私は心がぐちょんぐちょんに
なりやすいタイプだけれども、
Happyさんがゲス夜会で言ってたみたいに
「データもーらい♪」の世界。



羨ましい上に、
きっと私もHappyさんみたくなれる日を
勝手に夢みています。




Happyさんに仕事させられてます。



遊ばれてます。。。



かぶせられました。




そういえば、
ゲス夜会の時も、
ビフォーパーティーの時も、



スタートから
話をがっつりと
切り込んできてくれたのも
Happyさんで、



短い時間で、
とても充実したトークライブでした。
映像化楽しみですね♪♪





盛り上げ上手、
みんなを楽しませる
ステージの神 Happyさん。
心屋さんもそうですよね☆



本気で私の苦手分野なので
ずっと寄りかかってた私です。



Happyさん。ほんと私は
寄りかかりっぱなしでしたが、
最高すぎる時間をありがとうございました。



Happyさんの
会場全体への細かな気配りが、
とんでもない愛の爆弾に見えて、
脱帽でした。



感謝と尊敬が溢れて死にそうです。




感謝|Happyオフィシャルブログ「世界は自分で創る」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/ses-happy/entry-12140772460.html
いいね!した人  |  コメント(48)  |  リブログ(1)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります