子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
以前にね、

「はるちゃんはどうしてそんなに
 色んな人を紹介できるの?
 自分のとこのお客さんが
 そっちに行っちゃうと思わないの?」

という質問を受けたことがありまして、
なんでそんな質問をするのかと、
その子に話を聞いてみると、

「私は奪われるのが嫌で、
  誰も紹介できない」

って言ってたのです。

私も自分の行動を
よくよく考えてみました。



私はね、
そもそも自分のところだけで、
すべてを解決できるとは思ってなくって、
いい記事、いい人が居たら、
全力で紹介してます。

その全力とは、
今自分が持ってる影響力だとか、
知名度とか、強みとか、才能とか、
持ってるもの全部。

だから、紹介先に
全部を捧げるのですよ。

自分のブログの読者さんや、
クライアントさんが、
自分のところから居なくなって、
自分が儲からなくなるとか、
一度も考えたことがないんですね。

なんなら「こっちに来んな!」
くらいに思ってる自分も居ます。

※これ、私の星座的特性らしいんだけど、
「こっちに来んな!」と「ベタベタして欲しい」が
同居してるらしい♡


最初からそうだったけど、
未熟なら未熟なりに、
たくさんの人や記事に
支えられて今があります。

今でもそうです。

いくら正直な想いだとは言え、

「私は奪われるのが嫌で、
誰も紹介できない」

ってのは、
奪われることしか
起きないと思うの。

多分ね、
既に奪ってる自覚がないから、
奪われるのが嫌だって思ってるの。

「奪いたい!」という自分の声を知って、
奪ってる自覚がまともにあったら、
「奪われたい!」って思うはずだもん。

「奪いたい!」という声を
無視するということは、

既に自分で自分を
奪ってることになるので、

奪われることしか
起きなくなるのだよ。

自分の夢を
誰かに奪われるとか...


だから、
「奪われたくなかったら奪わない」
というその道徳的思考は、

奪われることしか起きない
現実を産んでしまう。

社会貢献ばかりしてる人が、
どんどん不幸になるのは、
自分で自分を奪ってるから。

だから自分の声を
思い出してみてね。

それで、
何が本当の社会貢献か
よくよく考えてみてね。

ちねみにね前も書いたけど、

「されて嫌なことは自分も誰かにしない」

↑これ、アウトだからね。

「されて嫌なことは自分がすべきこと」

それと、

「他人にした事が返ってくる」のではなく、
「自分にしたことが返ってくる」ですからね!





私の経験としても言わせてもらうと、
私は奪うことが大好きだ。

この“奪う”というのは、

未来を“刈る”、
蒔いた種を実らせ、
“収穫”するのと同じ。

つまり
願望達成や、引き寄せ。

その願望や夢を叶えるために、
自分の全部を何かに捧げる。

本当に奪うことが大好きな人は、
捧げ先を選ぶセンスもいい。

そして、捧げられた方も、
捧げた方もHAPPYな事しか起きない、
プラスの相乗効果なんだよね。

これはサバイバルの感性かな。

サバイバルと言ったら
“生死”意識の第一チャクラ。
つまり、膣とか、男性器ね。
それらは男性性とも言う。

自分の陣地を拡大してゆく、
まるでウイルスの感染のような感覚、
侵しても侵されない精神的にも、
肉体的にも強い免疫力をつくる部位。

商売勘定だったり野生の勘、
人間にとって寸分の狂いもない
成功の方程式をつくる“本能”を
生産する部位でもあります。

でね、
奪うことが嫌いな人なんて
居ないと思うんですよ。

「奪ってはいけません」
「奪ってはいけません」
「奪ってはいけません」

っていう人が居たら、
その人の傍からは離れた方がいい理由は、
それが搾取を産むからだ。

あたかも
立派な事を言ってますので、
好感度や安心感もありますが、
じわりじわりと生命力を奪われます。

でね、奪われる側も、
それを望んでいるのだから
いいと思うんだけどね。


これについては、
「誰が悪い」というものはなく、

大概の人間は
自分の本心や本音を自分で奪ってるので、
他人に奪われても当然なんだよね。

ま、私はみんなが
「奪う事が大好きです」
っていう自分の本音を見つけることが
できたらいいなーって思います。


奪われたことで
傷ついてる人には難しいけど、
「奪いたい!」という本音は、
あなたの子宮の中で
もっと傷ついてるよ。


私は自分の「奪いたい!」を知ってるから、
「奪われたい!」もしっかり知ってる。

だから、
知ってる情報は全出しでブログが
フロントセミナーになればと思ってるし、
自分がボロボロになっても完成させた
子宮メソッド 」は無料公開の挙げ句、
著作権はつけなかった。

どんどんどんどん奪ってくれ!
って本気で思ってるよ。

そしたらね、
素敵に奪ってくれる個人様や
団体様がいてくれて、
私もメソッドもとても幸せです。

でね、
今わたしの世界で
起きていることを言えば、

奪う事が好きな人同士が集まると、
争いが起きるんじゃないの?というと、
全然そんなことはなくって、

同じ志を
持った人達が集まるから、
目指す方向が定まる。

これはみんなで話し合って
定まった方向ではなくって、
それぞれが持ってた志が集まる事で、
目指す方向が何重にもなって、
色濃くなってより認識しやすくなる。

で、奪う事が大好きな人は、
全部を捧げる事も大好きで、
尚かつ、そのセンスも抜群。

逆に、
「奪う事をしてはいけません」
の人の特徴は全部を捧げられない

という事は、
例えば何か商品を出したとしても、
思うように儲けも出なければ、
作り手は商品に愛着もないのよね。

例えば
何か講座を提供したとしても、
思うように儲けも出なければ、
提供側は講座に愛着もないのよね。

儲からなくて当たり前でしょ??
しかも誰が幸せなんでしょう??



搾取する側が消えて欲しいと思ってるのに、
いつまでも消えない理由もちゃんとあります。
それはあなたが搾取する側だから。

あ、言い方悪いかな。
んじゃこれは??

夢が叶って欲しいのに、
いつまでも叶わない夢がある理由は、
あなたが“夢”そのものだと言う事に
気付いていないから。

BeautyPlus_20160122232716_save.jpg

つづきは こちら
ゲリラQ&Aコーナーです。










宝石赤公式ファンクラブ「はるちゃん宮殿」
昇殿(入会)方法詳細
昇殿後の閲覧方法


宝石緑子宮委員長はるプロフィール
宝石紫公式ホームページ
宝石ブルー子宮メソッド占い


2つのブログランキングに参加しています。
クリックするとランキングに反映されます。
応援よろしくおねがいします♥︎

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ


ベル 9月18日発売 ベル 
「子宮委員長はるの子宮委員会」
KADOKAWA  ¥1,296


お近くに書店のない場合は、
予約注文にてお取り寄せくださいドキドキ


・ご購入はこちら▶︎Amazon
・ご購入はこちら▶︎楽天ブックス
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります