子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
3月7日、大阪で“オンナ度向上委員会”が開催されました☆
※イベント詳細は ▶︎こちら



久しぶりのロンリーステージではないか!!

相変わらず、めちゃくちゃな言葉を並べた講演でしたけど、最近「もっとグサグサ言えればいいのに...」って燻ってた。体は「嫌われたい」信号出してくれるのに、怖くてなかなか言えない。でも、少しづつだけれど、自分に納得いくように視得たこと、感じたことを相手に伝えるようにしてきました。未だに「これは伝えて良かったんだろうか...」って思うこともあるけれど、この日ちゃんと自分の中で答えが出ました。

今までも散々書いてきたことだけれど、本気も本音も誰も傷つけない。むしろ自分のために言ったのに、一周廻って誰かの背中を押していることになっているんだなって。

この日の話を要約すると、

子宮を温める活動をするのに、
プロセスとしては、
布ナプキンやジェムリンガ、
締め付けないタイプの下着類、
食事改善や運動、
自分に合った外的対処は必要......

でも最後の最後には、
子宮に溜まった腐った感情の解放が大切です。

ここが難しい。

過ぎ去った感情を忘れるな、
もっと側にいる大切な誰かを、
一度、本気で罵れ....

って感じの話をしました。

最後の部分は確信を持って話すには私自身ドキドキします。“自論だから”っていう理由もある。っていうか“自論だから”っていう理由しかない。だって、相手の事を理解しましょう~とかが普通でしょ??私は相手のことを理解する前に自分を理解する方が大切だと思っていて、ではどんな自分を理解する必要があるかと言うと、“醜い自分”です。もう、嫌というほどに味わっていただきたいです。考えてるだけじゃダメよ、出さなきゃ、晒さなきゃ!!

そこのプロセスを通るとね、

自分が正しい!!

っていう体感が得られるの。
そう、みんな自分が一番正しいの。
子宮は万物を肯定する意識でもありますが、
本当に自分が正しいと思ってる人は、
誰をも否定することなく、
自分を信じているからこそ、
他人を信じることができる。

これぞ、子宮パワードキドキ



約100名様の参加者様に見守られて、
私が一番曖昧にしてきたところをお話させていただきました。

「やっぱり私が正しいと思います。」

これは子宮系疾患を煩ってる方に一番必要な薬です。
それだけじゃない、オンナの体を持って生きる全ての人に必要。



私ですら自分を信じるとき、怖いです。
でも信じて動いてみちゃうんです。

ちょうど、前日に大阪入りして、
前日の夜にあった出来事もお話しました。

岡田が最近、花粉症と言えば花粉症の方に失礼なくらいの微々たる症状に、私は少々腹が立っていて、今回、ホテルで岡田に「それ、いつまで具合い悪いの?役に立たないし、はっきり言ってお荷物なんですけど。なんで来たの?東京に居れば良かったじゃん」って私は言ったの。

言った後、スッキリしたのか私は即爆睡。朝、イベントへ行くための準備をしていたら、岡田が自分に気付いたんです。(先月のアーユルヴェーダ海外セミナーで出た毒だと思うけど)頭のブツブツがなくなってる...体も軽い...って。

( ´艸`)

また私は腹に溜めていたのね♫
ふふふ♡

日々実感しています。

家庭や家族の空気をつくってるのは、
オンナの子宮なんだと。

でも、ここ、今の私だから自分を信じてみようって思えて吐き出せるけれど、昔の私だったら、「相手は体調悪いみたいだし、わがままは言えないよなー(我慢)」だったと思うんです。無論、自分を信じてみようだなんて、一ミリも思わなかったと思うんです。今は、腹に溜めるは溜めるけど、溜まったら自分で感じちゃう。“なんか溜めちゃった”って。

そんでもって、これは一番側にいるパートナーの岡田以外には言わない。パートナー以外で発散しない。パートナー以外で発散するのは楽だから、そこは私は自分自身を戦います。

子宮のお話だけど、
パートナーシップの話でもある。
一番近くの人は誰ですか?
その人に一番醜い自分を晒しましょう。

その人とは自分自身。
その中に内存する子宮は、
醜い、エグい、汚い、飢える。

けれども、それらを子宮自神が拒まない。

それを知ることで、
“わたし”もそうあっていいということがわかり、
うんと生きやすくなる自分になってく。

現に、私になんやかんや言われた岡田、私からは、私を受け入れてくれたように見えて、かっこいいと思えるんですよね。言われた時はそりゃ、モヤモヤするだろうけどね。反論は絶対しないの。あとね、私は自分の性のことも話すから、必然の岡田のおちんちん事情を話すことになるんだけれどね、普通だったらそんなの男は許さないと思うんです。けど、岡田はニヤニヤと脱力して笑ってるだけ。めっっっっっちゃくちゃ器でかいと思うんですよ。そりゃね、子宮委員長はるの旦那だからね(笑)



会場にはセクシュアルレメディストの天音らんさんもいらしてました。
あの、SMの天音らんさんです。
(こんな紹介でごめんなさい(°Д°;≡°Д°;))

写真は天音らんさんの娘のりんちゃん。
じゅんせーと遊んでくれました♡

天音らんさんは前々から知ってましたが今回は初対面でした。

▶︎「子宮委員長はる」という神様

こんなレポを書いてくださいました。
文中に

>私が感じたのは
>とても純粋な
>地球のエネルギーでした。
>みたことないぐらい地球人でした。

と書いてくださったのですが、
私自身この評価は初めてでした(^∇^)

同時にこれから私が、
どうあればいいかわかっちゃったくらい
私のピントに合う言葉です。

子宮や膣、生殖器の活性は、
グラウンディングを意味する。

日本語で言うと、
「地に足をつける」です。
人間の土台や根っこです。

スピリチュアルに興味があるなしに関わらず、今の人間は頭でっかちです。その情報デブな体の土台や根っことしての生殖器をぐんぐん循環っしたり活性したら、その取り入れた情報や知識も自分の可能性のために働いてくれて、ちょろい人生を歩めちゃうのに、もったいない。持ってるのにもったいない。子宮あるなし関係ない。一番エグい膣があるじゃない。使えばいいのにって思ってます♫



たくさんの質問を投げかけてくださった参加者様、
ほんとに面白い質問ばかりで楽しかったです。

ありがとうございました☆

お話が終わった後の質問とかまたさらに響きます。どうか、ぜひぜひ個人的ではなく、皆さんの前で質問していただきたかったという感じです。それくらい充実してました(^O^)



私のお話会は午後だったのですが、
午前中はこのイベントの主催者の
Tomokoさんによるヨガセミナーでした。

前日に一度お顔会わせで、
ホテルにてお話したのですが、
からっとパキっと面白い女性ですよね(^O^)

私、今回初めてお会いしたのですよ。

去年の4月に水戸で開催されたイベントの主催者、ヨガインストラクターの小泉優子さんとお友達だそうですね。優子さん、正直、強烈でした。そして、Tomokoさんと初めてお会いした瞬間、姉妹ですか!?ってなくらいにお顔が似ていて、またまたインパクト大きかったです。そんな衝撃は裏切られて、本当に気さくでなんでも相談できそうな姉御肌な女性です。そして、経験値も高いので大阪の子宮事情はTomokoさんにおまかせしました(勝手に)♫

温かい人とそのコミュニティは見てるこちらも温まりますね♡

Tomokoさんのブログ
▶︎http://ameblo.jp/yoga-shri/
※子育て支援のご活動もされています。



スタッフの皆様、お子様も、ムンムンのお時間を共にありがとうございました。素敵なチームワークの元に添えることができて幸せでした。



可愛いフライヤーもありがとうございました♡


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

婦人科専門の霊能者/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>