子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
名古屋のトークライブに参加された方からご感想をいただきました(*^▽^*)ご自身の「子宮脱」のことに触れているのですが、その他“子宮界隈”の疾患を身籠っている方にも共通することがたくさんあると思いましたので、こちらでもシェアさせていただきます。

“子宮界隈”は体の中で一番にメッセージを発する中心的部分なので、子宮委員長はる自身も“子宮筋腫”と“子宮けい癌”の経験者ですが、ほんと、疾患になってよかったなって思うくらい、子宮と心の関係が面白かったんです。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

はるちゃん&岡田さんのトークライブ☆
日曜日、みっちり4時間!

時折赤ちゃんがふげふげ泣き、子どもたちがはしゃぐ中、おふたりの熱い子宮トークを聞いてきましたよ。とてもよかったぁ!!!

まず最初におおっ!と思ったのは、はるちゃんの声。肚から出てるからか?聞きやすく、しっかり届きました。
わたしが一番、あああ、、となったのは子宮メソッドで話された「カルマ粒」。目に見えるものではないけど、聞けば納得!それらを無意識に量産し、いかにじぶんを苦しめて来たかがわかりました。

わたしは13年来の子宮脱。
(しきゅうだつ。読んで字のごとく、子宮さんが脱出しちゃうんですね)

はるちゃんの話でも子宮筋腫や子宮頸がんと合わせ、この子宮脱がなかなかやっかいなものとして出てきました。わたしは長男の出産で、子宮の半分がこんにちは(^ー^)ノ。腸もかなりヤホ(^ー^)ノ。次男の出産で、今度は全部こんにちは(^ー^)ノ腸はさらにヤホヤホ(^ー^)ノお産翌日のシャワータイムに、泡あわ子宮さんを手で受け、素っ裸のまま、ナースコーーーール!!じぶんに起きてることにさすがにビビりましたが、医師は輪っかみたいなのを使い、それごとカポッと本体に(笑)、戻してくれました。

そして「腸とか他のものも出てきてしまいますのでね」と骨盤底筋体操が書かれた紙をくれました。これがね、地味~な体操で、育児の合間にするもののなかなかよくならないんだな…。

それでですね、長く子宮脱を持っていると、それについての不便とか手術しようか?でもなぁ…と、ふつふつと考えるワケです。外からは元気に見えるし、そんな話しづらい不便を親しい友だちくらいにしか打ち明けられなくて…さらに日々カルマ粒を増やしてたんだな。。

次男の産後10年経つんだけれど、その過程である時気づいたこと。

たしかに骨盤底筋は弱いけど、波があるな…無理している時、じぶんがじぶんを大切にできてない 頑張りすぎな時、子宮さんがこんにちは(^ー^)ノしちゃう??と。ひっそり、でも、たぶんそうだ!と思ってきました。

数年前、ある医師に子宮が出てきちゃうんですよと打ち明けると、「たくさんセックスしてください。こころと体をあたためて」とアドバイスをもらいました。なんかわかるような~わからないような~(笑)結局、体とこころの関係性について書かれた本を何冊も読みながら、冷えた夫婦関係にもアタマを抱えてきました。。

そんな経緯があるなか、ここにきて、はるちゃんの「カルマ粒」!!
一気にスコーンとぶち抜かれた!!(笑)

なぜじぶんがそうなってしまったかが肚に落ち、それならどうすりゃいいかがわかりました!!食べ物ごときじゃ解消されない冷えがよーくわかりましたよ。あ~長かったよ、出たり入ったりの13年(笑)

壇上で話している はるちゃんに
イヤん、ありがと~~~う!!!!
と、うるっと来ちゃった。

他にも、お腹周り(体の中心部)を熱くすることで病気にならないこと、同時に「子宮の声」がいかに人生を豊かにしてくれるかの話も、たいそう気に入りました。はるちゃん、本当にありがとうm(._.)m

長くなってしまい、岡田さんの話が申し訳程度にしか書けなくなりましたが、、岡田さんの感情についての話、子宮のない男性はどうしたらいいのかの話はわかりやすく、体験ワークは近くに座ってみえた男性の方と、とても楽しく取り組めました♪はるちゃんと岡田さんが、じゅんせー君をかわりばんこで抱っこしながらマイクを持ち、時に はるちゃんが授乳したりして…そんな様子もホンワカ♡

壇上に上がり体験談をお話された皆さん、これでもかってくらいキラキラ✨で、子宮の声に従い、じぶんに還るよろこびを体現されてました。

トークライブが終わってから、何人かの方とお喋りできたことでキラキラわくわくシャワーを大量に浴び(笑)、ホント心地よかったです。



頭で考えた答えではなく、子宮からの声。今ははっきりわかるようになりました。きっとそれはいのちそのもの、宇宙そのもの。性別関係なくあるもの。世間体という名のじぶんがじぶんを裁く目からは卒業して、ワサワサしながらも、セカイにじぶんを開いて行きますね。

…長文を読んでくださり、ありがとうございましたm(._.)m


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



その他にもご感想いただきました♪♪

『衝撃すぎてもやもやとわっさわさしか残らない至上最悪のセミナーでした(笑)』
『受け取らなかったのは私なんだなぁと今はしみじみ思います』

ほんとに今回の名古屋は面白かったんですよ(笑)ブログを逆検索したらご感想をブログに書いてくださってる方がたくさんいらっしゃいました。全部読んでますー(*^ー^)ノありがとうございましたー(^O^)/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります