子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
レポ①「子宮と宇宙と人間の話@東京渋谷」 にひきつづき、レポ②では、当日最後の最後にお話してくださったかーかんさんのご紹介です。“おまたパワーで子供の脳腫瘍がどうにかなっちゃった経験談をお話された方”です。5人のお子様を持つ43歳のママさんです☆



笑っていいのか感動していいのかめちゃくちゃ魂が震えるお話でした!改めて凄い!と感じるおまたの力。

わたしたちは日々、周囲の子宮や自分自身の子宮の影響をうけて生きています。どんなふうに使うのかは持ち主次第。距離が近かったり、血縁があればなおさら影響しやすいされやすいです。過干渉せず母親が子供を、子が親を守ったり癒したりできる見えない力。

発電力の高いおまたの持ち主さんだと、本人に必要な金脈と人脈とあと“情報脈”ができる。そんで、かーかんさんのひらめき“ぴんっ!”がかっこいーー!!

ブログ記事も以前に書いてくださってました。
読んでね!!

「ま。んこパワー」




そして、そしてかーかんさんは布ナプキンをご自身で製作して販売されてますドキドキ
通販はこちら▶http://minne.com/5seasons/profile

もうもう!!ママパワー全開のかーかんさん。
昨日は素敵すぎるお話をありがとうございました(^-^)ドキドキ
これから活躍する匂い.......( ´艸`)


かーかんさんのブログ
43歳からの本当の自分に還る話。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります