子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
1日目「愛と子宮のお話会@水戸」 に続き、
2日目「子宮メソッド勉強会&濃密座談会」のレポです。
※イベント詳細は こちら▶



一言で表現すると、濃いー「オンナの人生」座談会と言う感じでしたでしょうか。

印象的だったのはご縁の“離”のタイミング。
離縁、離婚のことです。夫婦円満にこしたことはないけれど、個々でより善く生きるために離れるご縁もあるし、個々の最善の形の距離があるということ。縁のことも膣の力。教えてくれる膣の力。“離”だけのことじゃなく、総合的に教えてくれる魂からの生きた声。

女性は陰性だと言われるけれど体の中心、
生殖器あたりは“陽”の要素なのです♪♪

この“離”については主催のスタジオオーナー優子さんの声が会場中に響き渡り、同時に罪悪感を抱えやすい体質のオンナの“性”の部分に響きました。“子宮に響く”ってこうゆうことなんだなって思った。実は、罪悪感の部分に自分の答えはたくさん詰まっているんです☆女性が弾みよく楽しく生きようとすることは男性を踏みにじるのではなく、そう生きようとすることが男性への貢献でもあるんです☆女性器を持って生まれ、思い悩むことは生きてたらそりゃたくさんたくさんあるけれど、それと同じくらいのエネルギーを使って自分に愛を注いでほしいですね(*^ー^)

今回水戸の2日間でお逢いできました方々へ。初水戸は天気にも恵まれ熱すぎる日を過ごすことができました。お腹の中の赤ちゃんも一層大きくなっていました(^-^)ハッスルな楽しい時間をありがとうございました☆



最後に、今回のイベントを主催してくださり、
ヨガスタジオオーナーでもある優子さん。

初めてお逢いしたのは、あとりえ林檎。
一応セッションの予約でしたが「なにしに来たの!?」ってほどの元気はつらつオーラで来て、嵐のように去ってゆきました。優子さんが帰った後、一人で面白くなってケラケラ笑ってました、わたし。ヨガの講師が一体わたしになんの用があったのだろう?とも思いました。それからすぐ、イベント開催のお誘いの連絡が来て今回に至りました☆

わたし、ヨガしたこともないし、運動もしてない。運動してないどころか、したことない(笑)お誘いいただいたのに、こんなわたし、怒られやしないだろかー(* ̄ー ̄)とちょっとばかし思ったり。でもね、それは「ヨガ」に対するイメージなだけで、優子さんのエネルギーに触れたら楽しみの方勝る。“完璧”と“柔軟性”が同時に混在してるように見える優子さん。男にも女にも見えるそのバランスが魅力的、リアルな元番長ヽ(´▽`)/ドキドキ

ブログもいっぱいいいこと書いてあります。そうか、ヨガって人生そのものなんだ!と、優子さんを通して見えるヨガの世界が広がりました☆女性のためのヨガ講座や、体を動かさないお話会も開催してるようです☆いろんな切り口で“粋き方”を創造されてます。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります