自由への凡走  Are you gonna go your way?

本とか映画とか思うこと。


テーマ:
photo:01


島村 菜津 「スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町」

まえがきに代えて
 アブルッツォ州 フランカヴィッラ・アルマーレ
 なぜ、私たちはトルーデに来なければならなかったのか?
 ~世界の町がどこか似通ってくるという面白くもない事実について

1章 人が生きていく上で必要なもの、それは人間サイズの町だ
 トスカーナ州 グレーヴェ・イン・キアンティ

2章 スピード社会の象徴、車対策からスローダウンした断崖の町
 ウンブリア州 オルヴィエート

3章 名産の生ハムと同じくらい貴重な町の財産とは?
 フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州 サン・ダニエーレ

4章 空き家をなくして山村を過疎から救え! アルベルゴ・ディフーゾの試み
 リグーリア州 アプリカーレ

5章 ありえない都市計画法で大型ショッピングセンターを撃退した町
 エミリア・ロマーニャ州 カステルノーヴォ・ネ・モンティ

6章 絶景の避暑地に生気をもたらすものづくりの心
 カンパーニャ州 ポジターノ

7章 モーダの王者がファミリービジネスの存続を託す大農園
 トスカーナ州 アレッツォ

8章 町は歩いて楽しめてなんぼである
 プーリア州 チステルニーノ

9章 農村の哲学者ジーノ・ジロロモーニの遺言
 マルケ州 イゾラ・デル・ピアーノ

あとがき
 場所のセンスを取り戻すための処方箋



日本を覆っていく閉塞感の一つに、私は、この生活空間の均質化というものがあるように思う。

郊外型のショッピングセンター、世界中同じような映画ばかり上映するシネコン、画一的な住宅街、駅前や国道沿いに並ぶチェーン店・・・・・・。

だが、はたして私たちに、この均一化から逃れるすべはあるのだろうか。

それとも世界のどこにもない個性的な町など、もはやおとぎ話に過ぎないのか。

スピードと効率と競争の時代、人間という生き物を置き去りにしない、人と人との交流の場を大切にする、そんな夢のような町は、はたして可能なのだろうか?

グローバル社会の中で、人が幸福に暮らす場とは何かということを問い続け、町のアイデンティティをかけて闘う彼らの挑戦に、その答えを探ってみたい。(まえがきに代えて、より抜粋)




ということで、闘い続けている(基本的には闘いに勝っている)イタリアの小さな町の事例が紹介されています。

解決策は、基本的に共通しています。



伝統的な農業(オーガニックを含む)を守って農作物を作り、地元の消費を支える。

地元産の農作物を使い、ワイン・ジュース・調味料・生ハム・パスタなどを、伝統的な製法を守って作る。

地元産の農作物・ワインなどを使った料理を提供する、レストラン・パブなどがある。

長期滞在の観光客を受け入れるための、小さなホテルがある。

基本的に、歩いて楽しめる町作りをする。車の流入を制限する。



どれも目新しいことではないのですが、これらにより人口数万人の小さな町が、人口減少を食い止め経済的に自立できているということは事実です。

日本の地方の小さな町がこれからも生き残りたいのなら、この方法は真似してみる価値があるかもしれません。

ただし、ある程度の歴史がある町に限られますが。

僕が育ったような、30~40年前に作られたニュータウンは人口減少の中で消えてゆくしかない。

悲しいけれど。。。

スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町 (光文社新書)/光文社
¥882
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。