みなさん、こんにちは。

 

自由診療経営コンサルタントの田中晋也です▼
http://www.funaisoken.co.jp/site/profile/profile_217.html

 

 

今回は、フェイシャルの予防医療のお話です。

 

 

先日、ある医院さんにお伺いし、

 

見学並びにお話しをお伺いしてきました。

 

 

フェイシャルの予防医療をやっている医院さんです。

 

 

予防医療と言えば、

 

先日、私が行った歯科医院さんは、

 

予防歯科をやっている医院さんでした。

 

 

予防歯科は、始めから虫歯の治療をしてくれません。

 

 

虫歯は応急処置程度で、

 

 

なぜ、虫歯ができてしまうのか?

 

 

その原因を説明され、

 

まずは虫歯ができずらくなる口腔内環境をつくるために、

 

正しい歯磨きの仕方や、

 

デンタルフロスを使った正しい歯の隙間の清掃方法などを教えてくれます。

 

 

これは例え、

 

虫歯を治療したとしても、

 

患者が正しい口腔環境を維持する方法を知らなければ、

 

またすぐに口腔内環境が悪くなり、

 

虫歯になってしまうからです。

 

 

予防歯科では、

 

患者が虫歯のできずらくなる口腔内環境をつくれるようになった後で、

 

しっかりした虫歯の治療を始めます。

 

初めから虫歯を削って治療を始める普通の歯科医院に慣れている患者は違和感を感じるかもしれませんが、

 

よくよく考えてみるとこちらの方が親切だし、

 

後のことを考えると大変ありがたいわけです。

 

 

対処療法的に虫歯を治療したとしても、

 

根本療法的に患者が虫歯を予防できるようになっていなければ、

 

治療しても、

 

また、患者は虫歯に苦しめられることになります。

 

 

それで、

 

先日お伺いした医院さんは、

 

このフェイシャルバージョンをやられている医院さんでした。

 

 

始めに目立つシミは応急処置的にレーザーで除去しますが、

 

根本療法的にシミも含め、

 

肌トラブルが起こりづらくなる肌をつくることに主眼を置かれており、

 

その肌づくりがだいたい終わった後に、

 

定期的に医院へ通ってメンテナンスしていただくという、

 

フェイシャルの予防医療をやられています。

 

 

症例写真を何枚か見させていただきましたが、

60歳の方の肌が20歳ぐらいは若く見えました・・・。

 

 

根本療法的なフェイシャルの予防医療は1つの方向性かと思いますので、

 

来年はこの先生をお招きしてセミナーを開催したいと思います。

 

 

是非お楽しみになさってくださいね。

 

 

それでは、また。

 

 

【毎月3医院限定!無料経営相談】

 

田中の無料経営相談をたった1回受けるだけで業績が3倍以上になった医院さんは普通にあります。

田中の無料経営相談の詳しいご案内は今すぐコチラ▼
http://www.funaisoken.co.jp/site/profile/profile_217.html

【無料メルマガ】

【自由診療経営研究会フェイスブックページ】

【ツイッター】

【講演依頼】

【美容医療経営研究会】

AD