梵字講座のお知らせ

テーマ:

5月16日(火)19時から草加駅前のアコスで、草加南無の会の仏教講座があります。
担当は私で、2年ぶりに『梵字を書こう』をやります。
なかなか梵字講座ってありませんので、興味のある方は是非お越しください。
文字そのももに仏が入っている不思議な文字です。
写真は2年前のようすです。

 

 

AD
テレビ朝日の『ぶっちゃけ寺』が終わったそうです。
私は、飛鳥時代の再現ドラマに出演させていただきました。
ふつう再現ドラマに出演したら、スタジオのコメンテーターに、出演はありません。
また、私のようにチベット問題に関わっている僧侶は出し難いのでしょう。
『ぶっちゃけ寺』のテレビによって、お坊さんの姿を知らなかった人は知ることが出来たそうですが、あれがすべてのお坊さんではないです。
私の場合、自宅にお坊さんがお酒を飲みに来て、酔っぱらって運転して帰って行ったことが良くあったので、一般の人より、お坊さんのことを知っていると思います。
お酒を飲んで、飲酒運転して帰ることを知っていても、特に軽蔑することはありません。
そのお坊さんのことを高僧と思っていました。
実際に、その宗派でも高僧でした。
私は、お坊さんとしてぶっちゃけ寺には出演出来ませんでしたが、テレビに出なくても、地域の付き合いをよくしていたらいいと思います。
あまり、地域の青年団のような会で酔っぱらっているのは良くないようですが、私の性格上、川口市に来てから、町会の付き合いで、よく飲みにいったりしています。
保護司も仰せ付かって10年以上になります。
一度、同じ支所の先輩のお坊さんが「保護司だけは絶対に受けてはいけない」ようなことをおっしゃっていましたが、多分そのお坊さんは地域からの信頼が無く、誰も、保護司をお願いに来なかったのでしょう。
そんなことで、私は去年から、町会長を仰せ付かっていますが、間違いではないと思います。
お坊さんは、出来るだけ地域の集まりに顔を出して、お坊さんを知っていただく事も仏教や密教を広めることになるでしょう。
AD

科学未来館にいきました

テーマ:
 
今日は、撮影が終わって、時間があったので、お台場の科学未来館にいきました。
未来の科学について宣伝しているのですが、未来の科学に悲観的な展示が多いです。
でも、人類の未来は核融合という原発でなんとかなります。
今の原発はその過程での事故なのです。
昔、蒸気機関車に反対していた人も、今では反対する人はいません。
原発も、沸騰水型から軽水炉、加圧水型、高圧ガス炉と進化しているのに、それは無視して、ただ、「原発反対」(アホみたいな言い方で)と叫んでいるだけです。
原発に反対している人って、どうして反対なのか?きちんと説明できる人は居ません。
それは、物理とか自然科学、社会科学に疎いからです。
まあ、政治で、反対なのでしょう。
その証拠に、原発に反対している政党は、左翼政党だけです。
彼らは、原子力を日本から排除して、日本の国力を低下させて、やがて、宗主国の中国共産党に日本を支配させたいのです。
滑稽なのは、そのあと、彼らが日本自治区の偉いさんになれると思っているのです。
共産国の常識として、裏切り者は粛清されるんですよ。
したがって、左翼運動家や反原発の人は、中国に支配されるやいなや、粛清(処刑)されるでしょう。

今や、そういう人は居ないと思いますが、もし、原発に反対なら、他人に笑われますから、考え直したほうがいいでしょう。
AD

見沼の龍神伝説

テーマ:
私は、平成5年に埼玉県の川口市にやってきました。
やって来てすぐに、近所の高層住宅からお祓いを頼まれました。
最近、自殺や火事が続いたそうです。
その高層が建った場所には、綺麗な泉があって、龍神さまが住んでいたそうです。
お供え物や、お神酒が供えられた祭壇で、九字を切って、般若心経で供養しました。
龍神さまのイメージが感じられて、私が居る間は、おとなしくしていてくださるようです。
私は、小さい時から、巳さんとご縁があるので、龍神さまとは、親しみがあるのです。
ところで、その高層住宅のすぐ近くには見沼用水が流れていて、利根川まで繋がっているんですね。
昔から、見沼用水そのものが龍神さまといわれています。
また、見沼用水近辺には、龍神伝説や、史跡が残っています。
何度かお知らせしていますように。
練香作りを始めたのですが、前からおしえてもらっていた、某平〇〇香道の師範さんとはケンカ別れして、もう教えてもらえないのです。(私は仲直りしたいのですが、女社会のドロドロしたのがあって無理のようです)
それで、3月から新しい先生に習うことにしました。
 
実は、先日、近所のカルチャーで、仏像彫刻を習うことにしました。
それで、温州ミカンの木があったので、観音さまを掘り出し始めました。
タマタマ,カルチャ-の職員さんが、香道経験者で、香道の話になりました。
どうやら、私のように、ネットで発信している人には、香道はNGらしいです。
「もっと、開かれたらいいのですが・・。」とおっしゃっていました。
今年は、香道と仏像彫刻をマスターして発信していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 
 
 

悩みごとは人に話そう

テーマ:

小学校の先生の退職者に、先生のためのカウンセラーがいるらしい。
小学校の先生は、悩みごとを相談する人がいなくて、抱え込んで、鬱とかになりやすいそうです。
中学校の先生は、教科の先生に相談することも出来るそうです。
そういえば、私が中学校の教師をしているとき、生徒にも話していた。
じつは、私が中学生の時、(私ぐらいのレベルの生徒になると)先生の悩みごとの、お話の聞き役になっていたのです。
やはり恩師の理科の先生の話を聞いていました。

一方、小学校の先生は児童には、はやり話せないんでしょうね。

悩みごとは、人に話したらいいですよ。

私の去年からのあの悩みごともけっこういろんな人に話してスッキリしました。

 

 

海部総理の頃、モンゴルに行った。
ウランバートルを観光していて、日本人墓地へ行った。
いわゆるシベリア抑留で亡くなった兵隊さんのお墓だった。
僧侶の端くれだった私は、お線香に火を付けて、理趣経を読み始めた、突然お墓の下から亡くなった人々の声が聞こえた「こんなところで死ぬのはいやだ」
1年後は、ご飯とお味噌汁お供えした。
昨日はこの話を醍醐派のお坊さんに話したら、理趣経は、特に初段がこういう供養にいいって話してくださった。
理趣経の初段は省略しないで読みましょう。