明日、9月1日は、旧の8月1日です。

20時から聖天さまの夜を行います。

写経をしてもよし、ボーットしててもいいです。

聖天さまには香水供を行います。

みなさんお参りください。

 

AD

パワースポットの大徳寺で、末松峰明さんによるクリスタルの演奏が行われます。

9月10日14時からです。

参加費無料

前から、「気」とか見える人が、大徳寺の本堂に気の通り道が柱のように出ていて、護摩の準備をすると、その柱が護摩壇の真ん中に移動するそうです。

放射能の測定はしたことないのですが、分杭峠とか百間滝のように、中央構造体の影響の地脈が来ているようです。

分杭峠と同じように、難病に苦しむ人はぞうぞ、お越しください。

本堂で、数時間過ごすと、病気に効果があるようです。

タオルケットと枕をお持ちください。
寒くなると、掛布団もあったほうがいいでしょう。

地脈のパワーと、本尊さま聖天さまの加護でご病気がよくなるかもしれません。

実は、昨日、私も試してみました。

クリスタルの演奏を聴きながらだともっと効果がありそうです。


大徳寺は今から1370年ほど前に建てられたそうですから、昔の人はこういう気の通り道にお寺を建てたようです。

 

AD

聖天さまの信仰について

テーマ:

今日は、聖天さまからの指示があったので書いています。

さて、聖天さまの信仰ですが、聖天さまが恐ろしいので、信仰を辞めようとする人がいます。

もちろん大丈夫です。

ただ、私の経験から、決別宣言はやめたほうがいいです。

信仰はご縁があってお参りに行ったり、祈願するのですが、辞める時もご縁が無くなって来なくなるのでしょう。

それを、「もう来ません」とか「信仰を変えます」「浴油を止めてください」とか・・・。

浴油祈願をされたお寺さんも困ると思います。

願い事があるので、浴油祈願をした人が、急に気持ちが変わったり、悪いことが起きて、強く浴油祈願を止めて欲しくなるそうです。

先ず、聖天さまに失礼です。
聖天さまもその辺のことは分かっていらっしゃるのですが、あまり気持ちの良いものではありません。
それで、祈願は、成就するはずがなく、数か月するとまた、祈願にやってくるのです。
そういうことを何度もくりかえす人がいたので、私は「もう、聖天あさまへの信仰はやめたほうがいい」といいました。

益々、聖天さまに失礼なのです。

それこそ、悪いことが起るかもしれません。

 

そんなこともありますので、聖天さまの信仰は、たとえ、祈願が成就しなくても、長いこと聖天さまにお願いすることで、きっとよくなります。

いつも、聖天さまのおかげと感謝しましょう。

先日の動画をユーチューブでUPしました。

峰明さんは、いろんな癌にかかったのですが、すぐにいろんな本を読んで、食生活を改善したそうです。

やはり、あまり食べないことが良いようです。

私は、出来るだけ炭水化物をとらないようにしていますが、上手くいった日はぐっすり眠れて調子いいです。

今回、全ての癌が完治したので、お世話になった場所で奉納演奏しています。

大徳寺でも演奏する予定です。

 

昨日は、町会長の会議でした。
名刺も作ってもらいました。

裏にいろいろ書こうかなあ。
議題に、保護司の充足についてありました。
会場に保護司は私1人だけ。

保護司の仕事について説明を求められました。

殺人犯人とか、麻薬の話をしてしまいました。

一般の人には厳しい内容でした。
失敗しました。
保護司は、やりがいがあって、楽しいよ~。って話にすればよかった。

それから、保護司のことをもっと有名にしなければいけません。

刑事もののドラマはありますが、保護司ものってありません。

裁判所の調査員や、税務署のドラマってありましたね。

警察官や刑事さんのように走ったりしませんが、保護司って、立ち直る犯罪者や、苦悩する犯人の家族を励ましたりします。

少年が保護観察の最後の日に「俺、保護司さんええわあ、俺も保護司さんになりたい」と言ってました。

でも、悲しいことに、犯罪歴のある保護司さんはいないと思います。

どうか、保護司のことよろしくお願いします。

 

昨日、8月21日は、末松峰明さんのクリスタルボウルの演奏が、パワースポットの新城市の百軒滝で行われました。

ゼロ地場での、クリスタルボウルの演奏は、良い音色と迫力満点でした。

末松さんは、ものすごくチャーミングな方で、通りがかった観光客の人の人だかりが出来で、みなさんが彼女の演奏に癒されていました。

 

お施餓鬼法要が終わりました。
クタクタです。
富士山に登った疲れが癒えないうちに、棚経で、体を酷使したようです。
来年は、棚経が減ったらいいのですが、希望者は多いです。

明日は、今夜は満月です。
明日は午前中に聖天さまの浴油を行います。

写真は、去年の写真です。


6日は鳴海月香さんの香道講座でした。
よい香りに包まれて、幸せでした。
源氏物語とお香、植物など、盛りだくさんのお話しでした。
平安時代の貴族は、お香の知識が重要で、今でもそうである。
私は源氏物語を読んだことはないのですが、(松田聖子の映画をチラッと見た程度ですが)物語に出てくるお香のレシピが伝わっていて、再現できるそうです。
今回は「荷葉」という夏向きの練香でした。
沈香がベースですが、我々の使ているお線香や刻みの沈香より軽い感じがしました。
弘法大師の御招来目録に、供養のためのレシピがあって、作れるそうです。
今度、作ってもらおう。

次回もみなさんご参加ください。


明日、8月3日は聖天さまの夜です。
20時からの予定で、参加者は写経したり、読経したりして、1時間ほど過ごします。
もちろん、願い事を祈願して過ごします。

明日は、詳しいことは秘密ですが、特殊な撮影です。某誰でも知っている企業のCMですが、自分の愛〇と一緒に撮影に参加できます。
その撮影は午前中に終わると思います。




8月6日は、鳴海月香さんの香道講座があります。
今回は、私も参加しようと思っています。
お坊さんって、お香を使うのですが、業者の人からの情報から高いお香を買おうとするのですが。
お香のうんちくをもっと知る必要があります。
お時間のある人は受講してください。

夏の季節の薫物を気軽に楽しむ講座です。
会場は風情のある『読書空間みかも』さまにて行います。
かおりに包まれ、ふと暑さを忘れるひとときを過ごしてみませんか。
お申込みは鳴海まで。
narumi_tsukika@yahoo.co.jp

ご参加お待ちしております。