12日午前5時20分ごろ、大阪市西成区花園北の「スーパー玉出花園店」前の路上で、「ケンカで人が刺された」とスーパーの従業員から110番があった。駆けつけた西成署員が、同区萩之茶屋、職業不詳、藤田博幸さん(62)が胸や腹などから血を流して倒れているのを発見。ナイフのようなもので数カ所を刺されており、病院に運ばれたが命に別条はないという。

 刺したのは男で自転車で逃走したといい、同署は殺人未遂事件として捜査している。

 西成署によると、藤田さんは直前にスーパーで買い物中に男と口論。店の外でもみ合いになり、刺されたとみられる。男は50歳ぐらいで身長約175センチ。赤っぽい上着を着ていたという。

【関連記事】
無関心さが原因か 不満妻、夫刺す「食事にも誘ってくれない」
「喪服は地味に」山口組傘下の暴力団、組員に“締め付け”
路上のケンカで大学生を刺した“平和愛好家”の正体
不況の影響? 飲酒原因の暴力急増
帰省中に酒を飲んでケンカ、傷害容疑で自衛官を逮捕

菅首相の所信表明詳報(9)完「果たすべき使命は元気な日本を復活させること」(産経新聞)
りそな銀2.5億円納付漏れ 印紙税、3年で60万枚分(産経新聞)
男性が刺され重傷 スーパーで買い物中トラブル? 大阪・西成(産経新聞)
首相動静(6月12日)(時事通信)
<菅首相会見>その1「政治の役割は最少不幸の社会を作ること」(毎日新聞)
AD