入管難民法違反(不法残留)で強制退去処分を受け、法務省東日本入国管理センター(茨城県牛久市久野町)に収容されていた韓国人男性(47)が、自殺を図り死亡したことが、10日分かった。
 同センターによると、男性は9日午後4時半ごろ、収容施設内のシャワー室で首をつっているのを入国警備官が発見。男性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 シャワー室は、一定の時間で房内から自由に行き来できる場所だった。男性は昨年11月、強制退去処分を受け収容されていた。
 同センターでは2月にも、収容中のブラジル国籍の男性(25)が、房内でごみ袋をひも状にして首をつって自殺している。 

【関連ニュース】
不法残留、10万人割る=法務省
ミャンマー人男性は「難民」=不認定処分取り消し
「指紋テープ」で不法入国=韓国人の女2人を逮捕
老舗旅館社長ら書類送検=不正に中国人働かせた疑い
在留資格不正取得で裏ビジネス=フィリピン人ニューハーフに

親ぼく会費430万円着服で消防職員を処分 大阪・吹田市(産経新聞)
「大阪都構想」、堺市長が研究会で検討へ(読売新聞)
道路予算 民主要望、9割反映 参院選“苦戦”の県、優先(産経新聞)
新党 山田・杉並区長、中田・前横浜市長らが月内結成へ(毎日新聞)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
AD