自民党の大島幹事長は2日午前、若林正俊・元農相の「二重投票」について、党本部で記者団に、「国会の議決に賛否を明らかにするのは本人しかできない。どういう理由であれ、それに違背したのは許される行為ではない」と述べた。

 参院選への影響については、「辞職という最も重い決断をし、一つの責任を果たした」とけじめをつけたことを強調した。

 尾辻秀久参院議員会長は「あってはならないことが起きた。こういうことが起きると、押しボタン制に対する信頼が失われる」と語った。

 一方、菅副総理は2日午前の閣議後の記者会見で、「国会の議決が本人の意思と関係なく決まるのでは、議院内閣制が根本から原理が覆る。ちょっと考えられないことだ」と批判した。

 仙谷国家戦略相は「学生時代に『代返』することはあるが、国会議員が賛否について代理を行うのは想像がつかないような事態だ」と述べた。川端文部科学相も「有権者が他人の入場券で選挙の投票をしたら捕まる。あってはいけないことだ」と語った。

雇用調整助成金の不正受給、52事業所で2億(読売新聞)
後期高齢者医療制度の保険料、全国平均千3百円増―10年度(医療介護CBニュース)
警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず-「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)
<シー・シェパード>抗議船長を傷害容疑などで追送検へ(毎日新聞)
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円(産経新聞)
AD