〔555〕寸鉄殺人

テーマ:

ブログランキング 6最高3位)です。1位の「名前漢字と名付けお助けブログ」も私のブログです。今後とも、あわせて応援をお願いします。


   ホームページランキング

 8位最高3位)です。2位の「名前漢字と名付けお助けブログ」も私のブログです。引き続き、あわせて応援してください。


       人気blogランキング

 23位最高13位)です。↑のリンクをクリックして、応援してください



 「すんてつさつじん」と読む。出典は、『鶴林玉露』。漢検5級


 鉄で出来た小さな刃物でも、人を殺すことが出来るように、ちょっとした言葉で相手の急所をついて、言い負かせること。


 「寸鉄人を殺す」とは、一つの比喩であるのに、寸鉄殺人とばかりに、相手を殺してしまっては、いかに相手が社会の嫌われ者でも、誰もかばってはくれない。

 なお、amabaでの第2ブログとして外国人のためのオノマトペ(擬音語・擬態語)とカタカナ語のブログ を開設しましたので、ご覧いただければ、幸いです。


 
 今後とも、Google認定四字熟語ブログ最高峰「四字熟語と漢字のブログ」を応援いただきたい。


 良い記事だと思われたときは、いずれかのランキングをクリックして応援いただきますよう、お願いしたい。


      ホームページランキング

 8位最高3位)です。引き続き、↑のリンクをクリックして、応援してください。


       人気blogランキング

 23位最高13位)です。↑のリンクをクリックして、応援してください


ブログランキング 6最高3位)です。今後とも応援をお願いします。

AD

〔504〕寸善尺魔

テーマ:

       ホームページランキング

 8位最高3位)に落ちましたが、引き続き、↑のリンクをクリックして、応援してください。


ブログランキング 7位になりました。応援を感謝します。1位も私のブログです。今後とも、あわせて応援をお願いします。


       人気blogランキング

 28位最高13位)です。↑のリンクをクリックして、応援してください



 「すんぜんしゃくま」と読む。漢検3級


 尺は、寸の10倍で、世の中には、良い事よりも悪い事の方が多いということ。


 悪い事の方が良い事よりも多いというのは、世の常のことであり、寸善尺魔という言葉を聞くと、悪いことの十分の一も良いことがあるなんて、なんてうらやましいと思ってしまうのは、私だけであろうか。


 


 今後とも、Google認定四字熟語ブログ最高峰「四字熟語と漢字のブログ」を応援いただきたい。


 良い記事だと思われたときは、一番上かその次のランキングをクリックして応援いただきますよう、お願いしたい。


      ホームページランキング

 8位最高3位)です。引き続き、↑のリンクをクリックして、応援してください。


       人気blogランキング

 28位最高13位)です。↑のリンクをクリックして、応援してください


      

 クリックして応援してください。

AD

〔496〕随感随筆

テーマ:
        ホームページランキング

 8位最高3位)に落ちましたが、引き続き、↑のリンクをクリックして、応援してください。



ブログランキング こちらにも参加しました。1位も私のブログです。あわせて応援をお願いします。



 「ずいかんずいひつ」と読む。漢検3級


 思いつくままに書き連ねることやその文章のこと。


 私のブログも、四字熟語を選んで、それに対して、思いつくままのことを書き連ねているので、随感随筆だと言うと、そんな良いものではないと否定されるであろうか。



 今後とも、Google認定四字熟語ブログ最高峰「四字熟語と漢字のブログ」を応援いただきたい。


 良い記事だと思われたときは、一番上かその次のランキングをクリックして応援いただきますよう、お願いしたい。



      ホームページランキング

 8位最高3位)です。引き続き、↑のリンクをクリックして、応援してください。


       人気blogランキング

 23位最高13位)です。↑のリンクをクリックして、応援してください


      

 クリックして応援してください。

AD

 「すんどすんきん」と読む。出典は、『好色万金丹』。


 わずかな土地やわずかな金(きん)に人が群がると、非常に高い価値が出るということ。


 転じて、少しでも価値の高いもの一般について言う。


 私のことで恐縮なのですが、岩波書店から、本をいただいたので、次のような紹介記事を書きました。


 私の文章など「寸土寸金」には程遠いので、もっときちんと読んでから、紹介記事を書けばよかったのですが、ずっとその方面の本を書いてくれればと願っていた先生の本だったので、その喜びを兼ねて、とりあえずという気持ちで書いてしまいました。


 それを、著者の先生が、見られて、岩波書店の方に連絡が行ったそうです。


 先ほど、岩波書店にお礼の電話をしたところ、上のことを教えていただきました。


 同様なものを、いくつかのブログに書いたのですが、「名前漢字と名付けお助けブログ」に書いたものを、画像などを除いて、転載します。



     ホームページランキング

 15位最高3位)です。引き続き、↑のリンクをクリックして、応援してください。(2位5位6位・22位・30位も私のブログです。)以前のように、1・2位になれないのは残念だが、この分野のブログが活発になることは、いいことだと歓迎したい。


      人気blogランキング

 22位最高13位)です。↑のリンクをクリックして、応援してください(8位17位25位も私のブログです)。



 

 以前、[58](「名前漢字と名付けお助けブログ」での番号)で、「龍」を「品」のように組み合わせた48画の字が、日本人の名乗りに使われた最大画数の漢字であると紹介しましたが、誤りでした。


 現実には、「大漢和辞典」にもある「龍」を縦横二つずつ組み合わせた64画の漢字が1852年生まれで、大隈重信と共に立憲改進党を結成した小野梓の幼名に「テツ」と読ませて、使われていたのである。


 詳しくは、最近、岩波新書から出た笹原宏之著「日本の漢字」の86ページを見ていただきたい。


 なお、「漢字・字源・漢和辞典のブログ」に書いた、この本の紹介記事を転載しておく。


以下、転載。


  昨日、岩波書店から「ご書評などでお取り上げていただけますと幸いです。」とかかれた謹呈伝票が挟まれた形で郵送されてきた。


  著者は、国字・異体字・位相文字・JIS漢字・現代日本語の表記など漢字の色々な研究分野において、第一人者と目される研究者で、私が師と仰ぐ人物である。


 書評など、おこがましいのだが、すばらしい内容の一端を紹介しておく。


 そのうち特に驚くであろう字を二つあげておく。


 文豪の遺稿に残された76画の漢字、日本人の名乗りに使われたことのある64画の漢字である。詳細は、岩波新書の最新刊の同書を見ていただきたい。


 その他の特徴を簡単に触れておくと、次のようなことになる。


 日本の漢字に関する難しい問題を素人にもわかりやすく書いてある。


 地名・文学その他、幅広い分野から素人はおろか漢字の専門家でも見たことがないだろうという漢字が和製のものを中心に、これでもかという分量が提示されている。


 その中には、普通の漢字とは言えないような、個人文字・ギャル文字や学生のノートなどに見られる省字も俎上にあげられている。


 原文では、ここに「日本の漢字」の写真が入る。


 漢字好きだ、漢字フェチだと言っても、この本を知らなければ、もぐりだと言われる時代が来るのではと思えるほどのインパクトがある。



 今後とも、Google認定四字熟語ブログ最高峰「四字熟語と漢字のブログ」を応援いただきたい。


 良い記事だと思われたときは、一番上かその次のランキングをクリックして応援いただきますよう、お願いしたい。




     ホームページランキング

 15位最高3位)です。引き続き、↑のリンクをクリックして、応援してください。(2位5位6位・22位・30位も私のブログです。)以前のように、1・2位になれないのは残念だが、この分野のブログが活発になることは、いいことだと歓迎したい。


      人気blogランキング

 22位最高13位)です。↑のリンクをクリックして、応援してください(8位17位25位も私のブログです)。


      

 クリックして応援してください。


 169人(ページビューは、208)に来ていただいたが、総合順位は1,370位から1,585位に落ち、ジャンル順位は18位から21位に落ちた。しかし本日、すでに128アクセスあり、ご訪問いただいた方には、記して感謝の意を表したい。


 月代わりの時期には、毎度の事ながら、順位の乱高下に驚かされる。以前2回は、このたび下がったのとは、比較できないほど上がっているので、致し方ないといわざるを得ない。



 「なお、近い目標として、総合で1,000位以内ジャンル順位10位以内を目指したいと思いますので、応援をお願いします。」と言っていたが、このブログぐらいでは、上位を目指せないレベルにあるのではないかと思っていた。ジャンル順位10位以内(1日だけで、現在は、16位)を達成し、総合1,000位以内も、今一歩で達成できそうなところまで行っていた再度挑戦したいので、今後とも応援をお願いしたい