本日の時短簡単料理レシピは「大根と豚肉のプルコギ風」でございますデレデレ

牛肉ではなく、豚肉の細切れでプルコギ風を作ってみました。
大根の消費にももってこいでーすちゅー
{2C451B18-F829-48BD-A3B9-25C04BB4791A}

新幹線後ろ大根と豚肉のプルコギ風新幹線前
(4-5人前)

大根:600g
ゴマ油:大1

豚肉:300g

〜タレ〜
酒:大3
醤油:大3
きび砂糖:大2
味噌:大1
ニンニク(すりおろし):2片
豆板醤:小1/4〜お好みで

万能ネギ:10本

①タレを全て合わせておく。

購入後3日以内に使わないニンニク、生姜は、すりおろし、みじん切り、スライス(生姜)、ホール(ニンニク皮を剥いた状態)などにすると便利!すりおろしは厚さを薄くして冷凍すると、パキッと割って好きな分量使えますウインク

{08AAC6D9-E2BE-4746-99D2-DA616AE3A7F6}
②野菜を5cm長さに切る。

上矢印ここまで前日用意可能!

③タレの半量を豚肉に揉み込み5分おく。
(その間カモコ味噌汁を作っておりました)
④フライパンにゴマ油を入れ温める。
{2D3933D0-90DC-4824-83CD-221B768FE97E}
⑤フライパンに大根を入れ透明になり焼き色が付くまで炒め一旦取り出す。
⑥同じフライパンで漬けダレごと豚肉を焼く。

⑦豚肉が半面焼けたら大根を入れ戻し、残り半量のタレを入れ強火で水分を飛ばす。
{E0207B83-A68C-405E-B60E-B34C0B1DBCFB}
⑧万能ネギを入れ、1分ほど炒める。

⑨器に盛って出来上がりハート
{C33949E2-D444-4BE8-A7C7-7D9D491E6DF0}

ナイフとフォーク本日の夕飯ナイフとフォーク

主食:ごはん(白米)
主菜:大根と豚肉のプルコギ風
副菜1:人参サラダ
副菜2:小松菜としめじのおひたし
汁:じゃがいもと玉ねぎのお味噌汁


{7A9B018B-19F6-4D41-B354-55FB8D10A326}

大根と豚肉が味噌ダレと良く絡んでまぁ美味しいちゅー
ネギ兄弟、2回おかわり致しました滝汗


さてさて、
急遽パスポートをロンドンで取り、ユーロスターという電車(新幹線)でパリへ。
そしてパリに着いてすぐタクシーで向かった先は
{5D3E83ED-E8C2-44F0-8075-C174C7D1B447}

パリの北駅からタクシーで8分ほどのこちらのレストラン。

パリで人気のレストランという事だったのですが…


カツオ出汁に浮かぶフォアグラ大根や揚げせんべい的な和を積極的に取り入れた料理の数々…
{0ECF894D-BE3D-48ED-9051-3A0961B58345}

炭を練り込んだせんべいや、フレンチシェフが大好きな柚子を使ったお料理…
{FAF19A73-4615-4764-8475-77282735D45D}

日本から到着間もないカモコには…
そして日本人のカモ友達には…

出汁とか繊細なものにツイツイ厳しくなっちゃうのー笑い泣き
カツオ出汁の生臭さが気になっちゃうのよー

多分、日本人以外の方にはとっても「あめーじんぐ」な料理の数々なんです。
そして、ちょっとしたトラディショナルなお料理は美味しい!!
けれど、シェフも若くて攻めたいんですよね、日本の味に触発されて工夫し、すごく楽しませてくれたお皿の数々でしたが、今回は「和」に振り過ぎていた模様でございますゲッソリ

なので、日本からパリに行く旅行者の皆さまは、美味しいと言われているレストランに行く際、「和」に振り過ぎていないかチェックすると良いかもしれません

次の日行ったアメコ姑御用達カフェは相変わらず美味しかったですので、旅行者の皆さまはこちらを参考にしてくださーい滝汗




帰りもユーロスターでセントパンクラス駅に到着。

ここには、ピアノが数台置いてあるのですが、必ず誰かが弾いているあるある。
何なら順番待ちしてるあるある。
{46F0F626-BD19-45BF-AFB4-6329418D0211}
そして、結構みんな上手いあるあるポーン

因みにピアノは勿論鎖で繋がれてるあるある滝汗

ポチっと押していただけると励みになります!

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村




AD