「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

日本キリスト教団東北教区は、東日本大震災による被災者を支援するために「東北教区被災者支援センター」を教区センターエマオ内に設置しました。本ブログでは、今後、被災者支援センターから公式発表を発信します。随時チェックお願いいたします!!

支援センターからのお知らせ(更新:2014/10/29)

1)年末年始のお休みについて
まことに勝手ながら、2014年12月28日(日)から2015年1月5日(月)まで、年末年始のお休みをいただきます。詳しくは、>>こちら
2014年10月から2015年1月までの予定です。ご覧ください。
2)週5日に戻ります。
9月28日の週から、活動日が、火曜日から土曜日までの週5日に戻ります。
日曜日、月曜日は、ワーク、支援センター事務ともにお休みです。詳しくは、>>こちら
NEW !
テーマ:
 いつも被災者支援センター・エマオのことをお支えいただき、ありがとうございます。

 クリスマス商戦の話題がちらほらと聞こえ始めました。

 当センターの、年末年始のお休みの日程が決まりましたので、お知らせいたします。

 この年末年始は、2014年12月28日(日)から2015年1月5日(月)までお休みをいただきます。

 それに伴い、年内は、ワーク・事務とも12月27日(土)までとさせていただきます。
 年始は、ワーク・事務ともに新年1月6日(火)から、再開いたします。


 受付や宿泊などくわしいことは、事務所までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

 被災者支援センター・エマオ スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
10月29日(水)七郷中央公園仮設で、
ハロウィンかぼちゃのバッグづくりを行いました。

七郷中央公園仮設からと、仮設を出られた方、みなし仮設の方の7名が参加されました。
針と糸を使って縫う方、ボンドを使ってくっつける方とで、顔のパーツを貼り付けて、ひもをつけるまで作業しました。



まゆげやハート、まつげなど、いろんなパーツを貼って楽しまれていました。



ボンドを使ってまわりをくっつけた方が、にこにこで、「今なめしてるからね~」とボンドを塗ったフェルトを本でおさえられていたのが印象的でした。

作っているうちに、いろんなアイディアが出てきて、Sさんのアイディアでスタッフがぐるぐるの髭をつくり、かぼちゃに髭をつけると、みなさんとても楽しく笑っていらっしゃいました。



ワーカーさんの話で、
Sさんが笑った目のパーツを、にこにこの顔にするんだと思ったのですが、
どうやらそれはまゆげで、目の部分はあとで切ってつけたされてていたというエピソードもありました。

Sさんが、「また飾るものが増えちゃった~」と言いながら、
とても嬉しそうな笑顔をされていたことが印象的でした。
とってもうれしそうなSさんの顔が印象的で、
笑い声がたくさんあって、いい会になってのではないか
と声が聞かれました。

笑顔で、笑い声がたくさんある場面もあり、
とても楽しかった様子です。

裏表と、両面ともに顔を貼付けてにこにこの顔を作られる方もいらっしゃいました。

この日は途中にうたっこがあったのですが、
いつもは帰られる方も残られ、昼食まで、一緒にいただいて帰りました。



仙台スタッフ
髙橋千沙子











いいね!した人

テーマ:





10月1日に青葉西第二仮設団地で開催された お茶会 の様子をお伝えします!

ここの団地はエマオ石巻の拠点がある釜、大街道地区の中の5団地のひとつです。

この5団地が情報共有などをしあう場として月1回、五団地会というのが開かれていて、エマオ石巻もその地域で活動する団体として加わらせて頂いています。
今回、その五団地会の話し合いの場でエマオからお茶の先生が来石されるのにあわせ、どこかの団地で開きたいと申し出たところ青葉西第二で開催出来ることになりました!

今回は、京都からお茶の先生をされているSさんがワーカーとして参加。
お茶会に必要な道具を全て自前で用意してきてくださいました。

皆さんはコの字型に座って頂き、間近でお茶を立てる様子を見ることが出来るようにしました。 
いつもの和やかなお茶っこの会とは違って、皆さん初めは緊張した面持ち。
本格的なお茶会を前に皆さんあらたまったご様子でした。

お茶会開始!
初めに、お茶の飲み方のレクチャーがありました。

お茶菓子は、日持ちの関係で生菓子ではなくおせんべいと琥珀というゼリーが出されました。





Sさんがひとつひとつ丁寧にお茶を立てていきます。
皆さんその様子をじっと見つめていらっしゃいました。
立てられたお茶をひとりひとりへお配りし、教えられた飲み方を参考に美味しくいただけたようです。

1周皆さん全員お茶を一服されたところで、Sさんとしばし懇談のひととき。
Sさんのお茶立ての流派からお菓子のお話まで多岐にのぼり、皆さん熱心に聞き入ったり、質問したりしていました。





お茶会は終始和やかな様子。京都から来てくれたSさんと楽しい交わりの時間が持てました。
私たちもお茶菓子とお茶を頂き、皆さんの良い笑顔と一緒に団地の方々とお話することが出来、感謝です!

そのあと、住民の一人の方から2服目の提案が。
最後の一滴まで美味しくいただきました。





この日は秋晴れの気持ちの良い天気で、合計12名の方に集まって頂きました。
開催前、すでに集会所に集まって来ていた方々が外を歩いていた住民の方に呼びかけたり、家族を呼んできてくれたりと住民の方々の繋がりが深い団地です。
また、青葉西第二以外の他団地からの参加者もあり、五団地会で提案することで普段交流することのない団地間の繋がりも生まれています。

エマオでは次回、11月27日と28日に五団地のどこかで声楽家の方をお招きしてコンサートを開催する予定です。
団地の住民の方と一緒に音楽を楽しみたい方!
ワーク参加をぜひお待ちしております。

どうぞお気軽にお問合せください(*⌒∇⌒*)

エマオ石巻
原あきほ
いいね!した人

テーマ:
10月17日袖の浜団地でのうたっこの様子を純さんが報告を送って下さいましたので、お知らせします。

 声楽家の柚季純です。

 エマオお休み期間に、袖の浜月例のうたっこを開催いたしました。
まず、どうしても日程が合わず、ワタシの都合でお休み期間の開催になってしまいましたことをご報告いたします。



 10月の袖の浜うたっこは、数名の方が通院等の理由でご不在だったため、少なめのご参加でした。
先月より「うたの本」も二冊目に入り、今回表紙や目次、インデックスなどを加えて、使いやすい形に完成しました!

 いつも来てくださる男性のKさんは、歌が大好き、しかも、昭和の古くてシブい歌がお好きです。
今回、Kさんの他は女性ばかり。
女性陣がKさんにリクエストを促し、途切れることなくどんどん歌い、あやうく新しく用意した二曲を歌いそこねるところでした。
難しい歌もありましたが、皆さん少数精鋭といった感じで、いつもより声が出ていたように思います。



 始めた頃は「震災以降、全然声がでなくなってしまったの…」と寂しく仰っていた事がずっと印象に残っていたのですが、今ではリクエストも沢山挙がり、大きな声も高い声も、出るようになって来ました。
最初は「誰でも歌える簡単な童謡を」というご希望でしたが、今では懐かしい歌謡曲などもどんどん歌えるようになりました。

 これから寒くなります。
皆さん健康に過ごしていただき、冬の間も楽しくうたっこができると良いな、と思います。

声楽家 柚季 純


 今回は、エマオのお休みと純さんのスケジュールの都合で、純さんに全てをお任せする形でのうたっこを開催して頂きました。お手伝いには、9月で卒業した石巻staffのかなちゃんが駆けつけてくれました。

 純さん&かなちゃんありがとうございました。

 今回のように、エマオの活動がお休みの時でも団地に行き、うたっこを開催して下さったり、休憩時間やワーク以外の時間に会いたい方に自ら会いに行かれたり、手伝いがあれば快く駆けつけてくれる元staffがいたり、エマオの活動は今まで関わられた全ての方の思いと支えによって繋がっていることを、改めて強く感じました。

 これからも繋がりを大切にして、少しでも楽しい時間を過ごしてもらえるように、お茶っこやうたっこの会を開催して行きたいと思っています。

エマオ石巻 にしださよこ
いいね!した人

テーマ:
さっハロウン ♪

ご報告が遅れましたが、
10月4日(土)に10月のささっこくらぶを行いました!


今回のささっこは「ハロウィン」!です。
昨年もハロウィンを行ったので子どもたちも理解が早く、
楽しみにして来てくれました^^

ささっこ通信に
“パーティーをするのでカッコイイ・カワイイ格好をしてきてね”
と書いていたので、おしゃれして来てくれた子もいて、
とってもかっこよかったです。♡

さだこ
~貞子~


ハロウィンということで、今回は特別回!
午前中から集まって、パーティーの準備を行いました。

団子作り
~きいろい白玉づくり~
かぼちゃ切り
~かぼちゃの櫛切り~

地域の方からかぼちゃをいただき、
蒸したカボチャをまぜたきいろい白玉団子を作り、
カボチャのあんこを作りました。

高学年チームはカボチャの櫛切りに挑戦。
8月の収穫祭の時にも頑張ったので、凄く上手になっていました。
薄く切れていて凄かった!

みんなとっても頑張りました。


団子
~完成した個性豊かなだんごたち~
団子ゆで
~ゆでるのも自分たちで~


そして、お昼からはトリックorート!!!

今年の合い言葉は、
『おかしをくれなきゃイタズラするぞ!!!!!』
分かりやすく日本語で地域を回りました。


仮想準備
~仮装の準備~

子どもたちの元気な声が、
公会堂でパーティーの準備をしているところまで聞こえ、
子どもたちの元気がすごく伝わってきました。

お宅訪問
~訪問の様子~

地域の方にご負担が少ないよう、
事前にこちらから子どもたちに渡すおかしをお配りしていたのですが、
途中、ひょんなことからそれに気がついてやる気をなくしてしまった子がいました。

でも、そんなところに気がついて、
自分で考えている姿に子どもたちの成長を見られた気がしています。

蜘蛛の巣
~パーティーの装飾~

日を追うごとに大きく逞しくなっていく子どもたちに
いつも気がつかされることばかりです。

ささっこ、というプログラムではありますが、
私自身が子どもたちと”お友達”になりたいと最近は感じています。

同じ目線で、一緒に成長を感じられるような時間を持たせていただいていることに本当に感謝しています!



今回も地域の皆さんのご協力と、
ささっこがあるからと来てくれたワーカーさん、
カボチャのあんこの作り方でアドバイスをいただいた食事ボランティアの皆さん、
地域で見守ってくださっていた皆さんと、
本当に多くの方のご協力のもと、無事に終えることができました!


支えてくださることにみんなで感謝していきたいと思います。


子どもたちと過ごせる一瞬一瞬を大切に、
次回のささっこは11月1日を予定しています。
内容は「TAKARA探し」です。
たくさんの子どもたちの参加を楽しみに待っています!
ぜひ、お問い合わせください。



最後に、オレンジだらけのかぼちゃとおかしのパーティーの様子です。
パーティー!
いいね!した人

テーマ:
 被災者支援センター・エマオは、10/12(日)~10/19(月)まで、遅い夏休みをいただきました。

 そして…
10/20(月)から10/21(火)まで、スタッフ1泊研修会を持ちました。

 本日・10/22(水)より、活動を再開しました。

 いろいろお問い合わせメール・faxなどいただいています。

 順次、対応させていただいております。

 …これからも、被災者支援センター・エマオをよろしくお願いいたします。

 被災者支援支援センター・エマオ スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
 被災者支援センター・エマオは、10/12(日)より、遅い夏休みに入りました。

 それに伴い、外ワーク、支援センター事務ともにお休みです。

 外ワーク、支援センター事務ともに、10/22(水)より再開いたします。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 被災者支援センター・エマオ スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
メルマガ33


 ただいま、エマオメルマガ第33号を配信中です。

 メルマガ申し込んだけど、来てないよぉ~…というかた、
 支援センターのこと、被災地のこと、知りたいよぉ~…というかた、

 お名前と送ってほしいメルアドを、tohoku.uccj+add@gmail.comまでお知らせください。

 それでは、今号をちらっと、ご紹介!


===
◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第33号】◆◇
◆◇2014.10.11◆◇
 この夏は、自然の力に驚かされる事が続きました。広島の水害、御嶽山の噴火、台風。石巻でも2回増水に見舞われ被害に遭われた方々がでました。人の力の無力さを感じます。
 そんな中でも、力強く前向きに復興に立ち上がる方々の姿には、ワークに入る私たちも力を与えられ、エマオの働きを続けて行く希望を与えられます。ひとりひとりの力は弱く小さくとも、共に歩むことを通しみんなで復興を成し遂げて行きたいものです。
 夏休み時期を終え、学生ワーカーさんたちが学業へ戻って行かれました。エマオでは久々の静かな時が流れています。復興はまだまだ道半ばです。みなさんの力を必要としています。東北の地に目を向けて頂き、ご支援をお願い致します。
 3・11から3年7ヶ月です。それぞれの場所で午後2時46分の祈りを献げましょう。
N.H.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1] 10/12~10/21 遅い夏休みのお知らせ
[2] 活動日が、週5に戻りました
[3]【町北第3団地】純さんコンサート開催(西田紗代子)
[4]【七郷中央公園仮設住宅】ポプリづくり&昼食会(茅野風歌)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===

メルマガ配信担当
いいね!した人

テーマ:
9月18日午後から、町北第3団地にて純さんのコンサートを開催しました。

町北第3団地での純さんのコンサート開催は2回目で、久しぶりの訪問になりましたが、みなさん快く迎え入れて下さいました。

 開催時間が近づくと、班長さんが来て下さり「そろそろみんなに声掛けて来てもいい??」と仰って下さり、住民の方々に声を掛けて回って下さいました。

 皆さんがそろったところで、純さんのコンサートスタートです。



 秋の陽気の中、季節の童謡や沖縄のうた、純さんのオリジナル曲と、様々なジャンルの曲を楽しんで下さっていたように感じます。



 最近の純さんのコンサートやうたっこで定番になってきている曲の一つに『仙石線のうた』という曲があります。この曲は、仙石線に乗って、松島、野蒜海岸、石巻を回り、美味しい物を食べたり、遊んだりしている2人の物語をうたにしたものです。
 とっても楽しくてかわいい曲で、私も大好きな曲の一つです。

 そんな『仙石線のうた』に出てくる秋刀魚の塩焼きで、コンサート合間に話は大盛り上がり。



 このお二人は、熱心に語り合っていました!!

 コンサートが終わった後は、集まって下さった皆さんとお茶っこの時間を楽しむことが出来ました。

 毎週木曜日は「女子会」といって女性の方々は集まって楽しい時間を過ごしておられるようです。「いつでも来てね」と声を掛けて下さいました。
 これからも、少しでも住民のみなさんに楽しんでもらえるような会を一緒に開催させていただければと考えています。

 エマオ石巻 にしださよこ
いいね!した人

テーマ:
 9月18日2ヵ所の仮設団地にて純さんのコンサートを開催しました。

 午前中は、Mana’s石巻ママサポートさんが、毎週木曜日に開催されている子育てサロンでのコンサートでした。

 Mana’s石巻ママサポートさんは、「子育て中のママの心のケア」と「土日祝日の託児による母親の就労支援」を目指して活動されている団体です。
 毎週木曜に開催されているサロンでは、子育て中のママが集まって料理教室やモノ作り教室、パワーストーンカードを使った相談会等、様々な内容の活動をされています。

 そんな活動の中で、お子さんと一緒に来られたママが少しの時間お子さんと離れて安心して活動に参加してもらえるように、エマオがお子さんの遊び相手のお手伝いに8月頃から関わらせて頂いています。

 純さんも一度ワーカーとして一緒にお手伝いに来て下さり、今回のコンサートが実現しました。

 子ども達が元気に遊び回る中、純さんのコンサートスタートです!!



 今回のコンサートは、お子さんも一緒ということで、ワーカーさんスタッフも少しお手伝いして、手遊び歌を楽しみました。パンダやウサギ、ぞうさんにもなれるんです!前日の練習&準備も楽しかったです!!




 遊びに夢中で、なかなか一緒にやってもらえなかったですが、子ども達はちゃんと聴いていてくれる様子で、知っている曲やフレーズが流れると、とてもいい笑顔を見せてくれました。

 ママ達にゆっくり聴いて楽しんでもらう曲もあり、日頃の疲れを癒してもらえたのではないかと感じています。




 最後はみんなが知ってる「アンパンマンのマーチ」で盛り上がり、楽しい時間はあっという間に終わりました。

 と思っていると、ちびっこカメラマンによる純さんの撮影会がスタート!!




 子ども達の元気な笑顔と、ママ達の優しい笑顔に純さんの素敵なうたが合わさって、とても楽しいコンサートになりました。

 Mana’s石巻ママサポート代表の方は、震災直後2人のお子さんとご自分も出産を控え、とても苦労をされたそうです。そんな中、同じように悩みを抱えて苦労しているママが他にもいるはず、そんなママ達が気軽に集まれる場所を作りたいと願われ初められた活動が今のサロンだと話をして下さいました。

 私達にママ達の悩みを解決することはできませんが、子ども達と元気に遊ぶことで、ママ達の自由な時間が少しでも増えるように、子ども達と、ママ達の笑顔が少しでも増えるように、これからも少しですがお手伝いを続けていきたいと思っています。
 
 エマオ石巻 にしださよこ
いいね!した人