「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

日本キリスト教団東北教区は、東日本大震災による被災者を支援するために「東北教区被災者支援センター」を教区センターエマオ内に設置しました。本ブログでは、今後、被災者支援センターから公式発表を発信します。随時チェックお願いいたします!!

支援センターからのお知らせ(更新:2014/11/25)
1) 12/22(月)も、仙台は活動します。ワーカー大募集!! 詳しくは、こちら

2) ささっこ&まきっこワーカー募集
こどもたちと迎える3度目の冬休み。
期間中にクリスマスもあるので、クリスマス会も企画しています。
この冬休みささっこ&まきっこに関わってくださるワーカーさんを募集します!
詳しくは、こちら↓
ささっこ冬休みワーカー募集
12月いしのまきっこ広場開催します!!

3) 年末年始のお休みについて
まことに勝手ながら、2014年12月28日(日)から2015年1月5日(月)まで、年末年始のお休みをいただきます。詳しくは>>こちら
2014年10月から2015年1月までの予定です。ご覧ください。

テーマ:
 新年2~3月のボランティア参加のお問い合わせを数件(グループ)お受けし、現在、細部調整を進めています。
 この期間に、参加ご希望の方は、お早めに、事務所までお問い合わせください。

 *2015.3/9は、月曜日ですが、仙台はOpenです。

 年明け1月の応募が、ひとけたです。…ゼロの日もあります。
 お時間がゆるされるかたは、ぜひエマオへ!!!

 被災者支援センター・エマオ スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
2014クリスマスカード


 写真は、被災者支援センター・エマオ宛てに届いたクリスマスカードです。

 お世話になっている教会や学校、関係団体などが、エマオを覚えて、カードを送ってくださいました。ステキなカードと、心温まるメッセージを本当にありがとうございます。

 安らぎ、喜び、そして幸せが、このクリスマス・シーズンに皆さんと共にありますように!!

被災者支援センター・エマオ スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
被災地




 フリー・ジャーナリストの土井敏邦さんは、震災直後から何度も被災地に通われています。その度にエマオに寄って下さり、撮りためてきたものが、DVDになりました。

 元スタッフたちに焦点をあてて、「被災地」での経験を振り返り、いまどうその経験が活かされているのか。かなり掘り下げています。

===(引用はじめ)

3・11の被災地に、「復興に役立ちたい」と全国から集まってきた若者たち。だが、途方もない規模の被害を前に、「助けに来た」という気負いは瓦解する。それでも、被災者たちの「ありがとう」の一言が若者たちの心を捉え、彼らを現場から離さない。

「自分は人の役に立ち、感謝される存在」なのだという自覚に、彼らは“生きている手応え”“自らの存在意義”を発見していく。

ありがとう。
そのひと言からはじまった。

たくさんの“発見”と“出会い”から
自分を変えてゆく若者たち 1 年半の軌跡

ボランティアは誰のため?
何のため?
===(引用おわり)

 エマオに流れる豊かな時間を、感じてください。

 詳しくは、こちら



被災者支援センター・エマオ スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
12月10日荒井2号公園仮設住宅で、村野和泉さんによるうたっこをしました。
参加された方は7名 昭和歌謡曲を中心に歌いました。



 和泉さんが、イントロを引いて、これ何の曲でしょう? みたいなクイズをして、みんなであれだ、これだとわいわい楽しみました。

ああ上野駅や、いつでも夢を、無法松の一生、ありがたや節など、昭和歌謡を
うたごえ喫茶のように楽しんで歌っていました。

 メロディは知っているけど、初めて歌った歌が多くて、仮設のみなさまに教えていただけました。楽しいうたっこありがとうございました。

 エマオ石巻 みやまよういち
いいね!した人

テーマ:
12月9日に七郷中央公園仮設住宅で、うたっことお弁当プロジェクトが行われました。

 用意した曲目リストから仮設のみなさんに選曲していただいて、アコーディオニストの村野和泉さんに演奏していただきながら、みんなでいっしょに歌いました。



 たくさんうたってお腹がすいたころに、お昼ご飯を頂きました。
ご飯と、荒井2号公園仮設住宅で作ったキムチ、おひたし、シーフードシチューでした!
とってもおいしかったです。 



 午後にもう一回うたっこをしました。全部で32曲歌いました!



 歌い終わって、皆さんでお茶っこして、解散いたしました。

 とても暖かい良いうたっこ&お茶っこでした。
 「また、皆さんといっしょに歌いたいなぁ」と思いました。
 みなさん本当にありがとうございました。

 エマオ石巻 みやま よういち
いいね!した人

テーマ:
エマオ石巻の初期からお付き合いのある田村由紀恵さんは現在、石巻駅近くにある立町復興ふれあい商店街で「かもめ工房」というクラフトなどを制作・販売するお店を開いておられます。その田村さんから、2014年12月9日、工房にて、商店街のいまと必要についてうかがいました。(聞き手・写真 エマオ石巻・深谷有基)

ふれあい商店街入り口

——エマオとの関わりは?
石巻栄光幼稚園の隣に住んでいたのですが、震災があったとき、津波で浸水した家財道具の片づけなどをサマリタンズ・パースに助けてもらいました。その後、関ノ入仮設団地に入った後も栄光幼稚園とつながりがあり、西宮公同教会の庄司宜充さんを紹介してもらいました。それから庄司さんとエマオのスタッフが一緒に来て、そこからつながりができました。

——田村さんと商店街の関わりは?
2011年12月10日、商店街の最初のテナント募集に応募して、お店をオープンしました。それ以来ここにいます。

ふれあい商店街店舗

——つい先日、商店街が3周年を迎えられました。おめでとうございます。この商店街の成り立ちから今までを手短にお話しいただけますか。
石巻市と中小企業機構が民有地を借りて仮設の商店街をつくりました。21店舗で始まりました。それから卒業した店もあり、今は19店舗あります。この商店街は2013年の12月までということでしたが、2年延長になりました。2015年12月25日までに閉鎖ということですが、まだどうなるのか未定です。この商店街を出たところでどうなるのか、先が見えません。

ふれあい商店街三周年企画の一コマ

——商売の調子はいかがですか。
暇ですね。お客さんが少ないです。ここに商店街があったのを知らないという人もいます。そもそも石巻駅前を歩く人があまりいません。みんな車で郊外のモールに行ってしまいます。商店街としてお客様に足を運んでもらうイベントを考えておりますが、それでも客足はあまりよくありません。

——なにか必要としていることはありますか。
商店街に共同トイレがあります。各店舗が毎日当番できれいに掃除しています。きれいだし、便座も温かいので、買い物客以外でも近くの工事現場関係者の方々も使っています。このトイレのペーパーはこれまである方から個人的にご寄付いただいていたのですが、その方が亡くなられて今は商店街の会費で購入しています。かなり使われるので出費もばかになりません。それでエマオさんの全国にひろがるネットワークでトイレットペーパーのご寄付を呼びかけてもらえないかと思ったのです。

——どれくらい、いつまで必要でしょうか?
トイレには女子3、男子2の個室があり、一ヶ月120ロール必要です。ひとまず来年末までその数が必要になります。

——最後になにか皆さんに向けて一言いただけますか。
現在19店舗でいろいろなつながりをもってがんばっていますが、まだまだ知恵と力が足りないので、皆さんからのお知恵とお力をお借りできればありがたいです。報道では復興が進んでいるように思われますが、ここの仮設商店街を出ても先が見えない店舗がほとんどなので、ぜひ実際に足を運んで現状を知っていただきたいと思います。

——今日は貴重なお声をありがとうございました。

トイレットペーパーの寄付先:
〒986-0824 宮城県石巻市立町2丁目6-23 石巻立町復興ふれあい商店街
Tel.080-1852-5149(かもめ工房・田村)

石巻立町復興ふれあい商店街のFacebookページ、twitterアカウント@temporaryFUREAI
いいね!した人

テーマ:
メルマガ35

 メルマガ第35号、配信中です。

 配信申込みしたけど、来てないよぉ~というかた。
 エマオの["いま"を知りたいよぉ~というかた。

 送ってほしいメールアドレスと、お名前を、tohoku.uccj+add@gmail.comまで、お知らせください。

 では、今号をちらっと、ご紹介!!

===

◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第35号】◆◇
◆◇2014.12.11◆◇
はじめまして。11月より石巻の専従者に着任しました深谷有基と申します。エマオのエの字も石巻のイの字もおぼつかない新参者で、不慣れな土地でオロオロしながら生活を始めています。
 今なお、仮設暮らしを余儀なくされている多くの方々のご苦労は想像するに余りあるものです。大金を使い覇権争いのためだけに選挙をする安倍政権に対して被災地の方々が憤っておられるのも当然です。なぜそれだけの大金を復興のために使ってくれないのか、と。
 3・11から3年9ヶ月。それぞれの場所で午後2時46分の祈りを献げましょう。Y.F.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1] 冬休み ささっこ(12/23-25)&まきっこ(12/24-26) ワーカー募集
[2] 12/27 笹屋敷・石場でもちつきします
[3] 先週のワーク(千葉正彦)
[4] 内海緑さんコンサート(西田紗代子)
[5] 12/22(月)仙台オープン!&12/28-1/5仙台&石巻冬休み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===

メルマガ配信担当 はたや
いいね!した人

テーマ:
 クリスマスシーズンに向けて、クッキーやパウンドケーキのご支援をたくさん届けて頂きました。本当にありがとうございました。

本日10日を持って、受付を終了させて頂きます。

 これからクリスマスに向けて、仮設団地でのお茶っこやクリスマス会、ささっこクラブやいしのまきっこ広場の子ども支援が企画されていますので、大切に使わせて頂きます。




 クッキーとパウンドケーキの行先は、後日Blogにて報告させて頂きます。

 本当にありがとうございました。

 エマオ仙台 仮設班一同
いいね!した人

テーマ:
11月15日 いしのまきっこ広場開催

皆さんこんにちは!本格的は冬を迎えた石巻、今朝は部屋の中でも息が白かったです…(笑

とっても遅くなりましたが、11月に開催したいしのまきっこ広場の報告です。

今回は秋の葉っぱや木の実を作って工作を行いました。

初めの会が終わったら、まずはみんなでおらほのラジオ体操&妖怪ウォッチ体操です。
音楽がかかると、みんなノリノリで元気に体操してくれました。



体操が終わると工作スタートです!!

みんな思い思いに木の実や葉っぱを使って、遊び道具を作ったりかわいい置物を作ったりお友達と相談したながら、一生懸命作りました。






出来た作品はこちら!!







個性的な作品がいっぱいです。

作品作りの途中から、なぜが糸電話作りが始まり、「家がお隣だから、家と家の間で糸電話するの!」ととっても長い糸電話を作っている子もいました。



 子ども達の自由な発想と創造力がいっぱいの楽しいまきっこになりました。

そんなまきっこ、12月の予定は以前もお知らせしましたが、内容も少しずつ決まってきました。元気なまきっこの子ども達と是非遊びに来て下さい。

12月24・25・26日 午後13時~15時半

ワーカーさん、絶賛大募集中です。

ささっこの後移動で26日まきっこ参加とかも大歓迎!!

宜しくお願いします!!

エマオ石巻 にしださよこ
いいね!した人

テーマ:
12月6日に12月のささっこのプログラムとして、

「ダンボールの家ってあったかいね」

をテーマにダンボールを使ったお家を作りました。


みんなで大きな家を作ったり、



隠れ家のようなおうちを作ったり、



家の側面にお絵かきや、



ふうせんを膨らませて屋根につけたり、思い思いの装飾をしたりしました。



ぼくたち大人も一緒に相談しながら家を作っていくのが楽しかったですし、
組み立て方や屋根のデザインや風船やわたを使って家を装飾していくのをみて、
子ども達の発想の豊かさに驚かされました。

また、プログラムの裏側では仮設住宅の方にいただいたをさつまいもを焼きました。
石焼き芋です。焼く機械は笹屋敷の住民方からご提供いただきました。
午前プログラムだったので、子ども達はお土産としてそれぞれ持ち帰りました。
とてもおいしかったです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プログラムの最後の終わりの会で、
みなさまから寄付いただいた「アドベントカレンダー」を子ども達に配りました。
みなさまのご協力のおかげで、各家庭に1枚ずつ渡すことができました。

次回ささっこが12月23日からということもあり、
「1日1枚アドベントカレンダーをめくり、クリスマスと、ささっこを楽しみにしていてね。」
と子ども達に話しています。

多くの皆様に支えられ、子ども達の 思い出 が作られています。
子ども達の笑顔を見ることができます。
参加してくれる子ども達も増えてきました。

まだまだ活動の中で反省することばかりですが、
お祈りくださっている皆様を心に思い、また来月も子ども達とたくさんの笑顔で向かい合いたいと思います。


以前からお願いしている「日本けん玉協会認定 けん玉」の献品も未だ募集しています!
新品でなくても構いません。
心当たりのある方、ぜひお問い合わせください。
(被災者支援センターエマオ tohoku.uccj@gmail.com)

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『次回予告』


次回ささっこくらぶは12月23日、24日、25日
3日間連続で『ささっこ冬休み』を開催します。

長期休みの勉強のお手伝いも行いますし、
23日は子ども達がサンタさんに。
24日にはささっこでクリスマス会を。
25日はスタッフのまもるさんプロデュースの特別企画、そりすべり教室としてお出かけをします。

「子どもたちと一緒に遊びたい、楽しみたい」という方、お待ちしております。
みんなでいっしょに思い出に残るささっこを作って行きましょう!
子どもたちもお待ちしております(^^)ノ


エマオスタッフ みやまよういち(本文)
仙台スタッフ ささっこクラブ 八田みゅう
いいね!した人