「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

日本キリスト教団東北教区は、東日本大震災による被災者を支援するために「東北教区被災者支援センター」を教区センターエマオ内に設置しました。本ブログでは、今後、被災者支援センターから公式発表を発信します。随時チェックお願いいたします!!

支援センターからのお知らせ(更新:2014/07/18)

1)夏(7月~9月)のワーカー募集について
◯活動日
<仙台> 7月7日(月)~9月27日(土)は、週6日(月~土)
<石巻> 週5日(火~土)を継続
2014年夏(7月~9月)の予定

◯ワーカー受け入れ定員
<仙台> 30名
<石巻> 最大12名(火・水は出来るだけ多く)
※1団体引率含め最大10数名、出来れば5名位だと濃いワーク体験が出来ます。
※なお仙台・石巻ともに2回以上のリピーターは定員にカウントしません。どしどしご応募下さい!
※宿泊受入状況
×⇒男性:8月11日(月)
   男女ともに:8月16日(土)~22日(金)
△⇒女性:8月11日(月)~15日(金)
   男性:8月12日(火)~15日(金)
   男女ともに:8月25日(月)~29日(金)

2) まきっこワーカー大募集!
子どもたちと豊かな時間を過ごしませんか?

テーマ:
7月16日 祝田団地集会所にて昼食会を開催しました。

 今回で2回目の祝田での昼食会、8名の方が集まって下さいました。

 今回のメニューは洋風ちらし寿司!!

 その他にも、タコのお刺身や、キュウリやナスのお漬物、しそジューズのゼリーなどたくさんの差し入れを頂き、とても豪華な昼食会になりました。





 食事をしながら、「この漬物はどうやって作るの」「私はこうするよ」と料理の方法をみなさんで話たり、一対一でゆっくりお話をしたり、和やかな雰囲気の中で時間を過ごすことができました。

 食事が終わると今度はお茶っこの時間です。

 お茶やコーヒーを飲みながら、ゆっくりとした時間を過ごしました。

 祝田団地は現在6世帯の方が生活されている、とても小さな仮設団地です。

 仮設に住んでおられる方に加えて、在宅の方も集会所に集まってきてくださいます。

 エマオがお茶っこに伺うと、いつも集会所を開けて準備をしておいて下さり、「エマオさんが来てくれると、賑やかでいいね」「いつもありがとう」とても暖かく迎えて下さっています。

 関わり方は少しづつ変わって行くかもしれませんが、今までに築いてこられた関係を大切にして、今後も集まって下さる方々の思いに寄り添って活動を続けて行きたいと思っています。

 最後に、仙台から昼食と、夕食まで準備をして来て下さった食事ボランティアの皆さん。
 本当にありがとうございました。

次回は8月20日(水)袖ノ浜団地にて、純さんのうたっこと合同開催予定です!!

エマオ石巻 にしださよこ
いいね!した人

テーマ:
8月11日(月)の男性の宿泊が定員となりました。
女性も若干名となっております。

8月12日(火)~14日(木)の男性も宿泊も若干名の状況です。

8月15日(金)は男女ともに、そろそろ定員となります。

8月11日の女性、15日の宿泊を希望される方は、お早めにお申し込みください。
グループでのお申込みされる方は人数によって宿泊できないこともありますので、ご了承ください。

スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
7月17日(木)は
荒井7号公園仮設住宅での昼食会でした。




今回のメニューは冷やし中華。



手作りの冷やし中華のタレ、
また、仮設の方が丁寧に煮た梅も。


まったりゆっくりおしゃべりをし、日本の歌をうたをうたいました。


仮設の方が、窓から手をふって出迎えてくださっていて、
うれしかったです。

昼食会は1ヶ月に1回なのですが、
継続してかかわることが大事だなあと感じた瞬間でした。


ありがとうございます。

仙台スタッフ 髙橋 千沙子



いいね!した人

テーマ:
自転車修理

被災者支援センターの活動(主に仙台)の足として、自転車を求めています。
現在、当センターにある自転車は、設立当初の2011年3月、その後必要に迫られ2011年11月に購入したものです。

・当センターからワーク現場(仙台市若林区笹屋敷・石場地区)片道12~13キロ。
・宿泊させていただいている教会から当センターまで
・銭湯まで
の往復に、毎日、走っています。

 雨や雪の日には当センターの車でワーク先まで送迎しますが、それ以外は、自転車で移動しています。

 なぜ、移動手段に自転車を選んだかというと、当センターからワーク先まで向かう間に、いろいろなものを感じて移動することを、大切にしたいと考えているからです。
 防波堤のようになった仙台東部道路を超えると一変する光景に、ワーカーさんそれぞれが、設立当初も、いまもいろいろなものを感じているようです。

 その自転車、3年4カ月近く使い続け、少ないものでも20,000キロ。多いものでは30,000キロ以上走っている計算になります。パンク修理をはじめ、すでに何度も修理を重ねているものばかりです。

 現在使用している自転車の大半は、国内外の諸教会から捧げられたものです。修理できるものは修理して使っていきたいと考えています。
 その一方で、温かいお気持ちで来て下さるボランティアさんの自転車移動の安全を確保しなければいけないのです。

 新規に自転車を数台購入するために費用
 自転車をメンテナンスするための必要な費用
の指定献金(目標額:10万円)をお願いできないでしょうか?

 ご送金の際に「自転車指定献金」とご指定いただければ、いただいたものをそのまま購入やメンテナンスのために使わせていただきます。

【振替口座】
口座記号番号:02220-5-137681
加入者名:日本基督教団東北教区

【総合口座】
記号番号:18180-9624941
口座名義名:日本基督教団東北教区
※ ATMで、ゆうちょ銀行口座からの送金の場合、手数料は無料です。
※支援金を送って下さった方には、領収書をお送りしています。
総合口座へ送金してくださった方は、お手数ですが、金額、住所、お名前を、日本基督教団東北教区事務所(022-222-0998 または、jimu@uccj.jp)へ、ご連絡をお願いいたします。

 被災者支援センター・エマオ スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
引き続き、2014年8月10日(日)
笹屋敷の盆踊り大会の時の抽選会の景品を募集しています。

毎年エマオで関わらせていただいている大切な行事です。
みなさまに、景品を送ることでの
参加という形でご協力していただけたら
と思っております。

現在、景品になるものがひとつも届いていない状況です。

ご協力をよろしくお願いいたします!

景品は、実用的なもの(洗剤、お菓子、ご当地の品、名産品、などいろいろ)
新品のものでお願いします。



締め切りは、7月31日(木)です。

送付先は

〒980-0012
宮城県仙台市青葉区錦町1-13-6 
東北教区被災者支援センター
お問い合わせ:tohoku.uccj@gmail.com

よろしくお願いいたします。


仙台スタッフ 髙橋千沙子
いいね!した人

テーマ:
7月12日4時22分に起きた地震対応について報告いたします。

石巻、仙台ともに震度3でした。
昨晩から、16人のUMCからのチームと、他二名のワーカー、スタッフ二名がエマオ石巻に宿泊していました。またPCTからのチーム8人、他一名のワーカーが仙台では宿泊していました。
みんな無事でした。

ただし、津波注意報が石巻では出されました。
UMCチームは、サイレンの音などで、最初は不安だった様子ですが、すぐに状況を共有することが出来ました。推移を見守っていましたが、注意報のままだったこともあり、避難はせず待機のまま今朝まで過ごしました。

石巻では、今日はUMCによるいしのまきっこ広場、仙台では笹屋敷を中心としたワークが予定されています。それぞれ海岸などには近づかないように対応します。

3・11を思い出され、不安な時を過ごされた方たちが多くいると思います。その不安や痛みが和らぐことを、祈ります。
佐藤真史(エマオ仙台専従者)
いいね!した人

テーマ:
7月6日に7月のささっこくらぶを行いました!

今回の内容はこうさくあそび

はりきって色々な材料を持っていきました。

材料たち

ささっこは午後からだったので、午前中に大人たちでなにを作ろうか研究研究。
変な盛り上がりを見せていました。


こどもたちが来て、

様子

ハマる子はハマり、台湾から来てくれているワーカーさんとも言葉の壁がありながらも仲良く作業していました。


しかし、

この日のこどもたちの夢中の的は、なんと私の大嫌いな カ・エ・ル !!!!!

玄関前2カエル

はじめから終わりまでカエルでした。


1時間程工作をしてみんなできっずひろばに移動しました。

外遊び草

こうして和やかに遊ぶ姿も見られつつ、、、


こどもたちの半数は「カエル取り」。

カエル取りカエル取り2


赤ちゃんガエルを最後には16匹もペットボトルに捕まえていました。
※最後にはちゃんと放流していました。


終始 カエル祭り だった今回のささっこですが、

きっずひろばにみんなで植えた野菜の間引きをして”プチ野菜収穫”をしたり、
台湾キック!」とわかる言葉を使って、上手くコミュニケーションを取る姿が見られたり、
ぬかるみにハマって途中で着替えに帰る子がいたり、
前までにはなかったちょっとした変化がこどもたちに見られたり、


とても充実した時間でした。


次にみんなに会えるのは、夏休み
夏休みには、ワーカーさんがグループで企画を考えてくれ、とても充実した内容のプログラムになっています。
イベントも多くなると思いますが、みんなのペースで、楽しみながら、たくさんの思い出を作れたら良いですね。

今からとっても楽しみです。

今回も多くの皆さんに支えられ、ささっこを無事終えられた事に感謝致します。
夏休みに向け献品等のお願いもさせていただいております。
こどもたちの思い出づくりのため、ぜひご協力いただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

では、夏に向けて、企画準備頑張っていきます!
みなさん、夏もキラキラした思い出をこの地域で作りましょう。



ありがとうございました。

エマオ仙台 はった みゅう
いいね!した人

テーマ:
メルマガ30


 ただいま、メルマガ第30号を配信中です。

 メルマガ配信申し込んだけど、届いてないよ~という方、
 被災地のいま、支援センター・エマオのいまを知りたいよ~という方
お名前と、配信してほしいアドレスを、tohoku.uccj+add@gmail.comまで、お知らせください。よろしくお願いいたします。

 では、今号をさらっと、ご紹介します!1

===
◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第30号】◆◇
◆◇2014.7.11◆◇
 昨日、3年前に泥かきをお手伝いさせて頂いた、石巻・祝田のお宅を訪問しました。本当に3年ぶりだったにも関わらず、覚えていて下さり「あの時は本当にありがとう」とお声がけいただきました。すっかりご無沙汰をしてしまい申し訳ない思いで一杯でした。
 3年前、一緒にワークをした皆さんは今どこでどう過ごされていますか?お宅の方たちは、今も皆さんのことを覚え続けて下さっています。
 3・11から3年4ヶ月です。それぞれの場所で午後2時46分の祈りを献げましょう。
M.S.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1] 募集・笹屋敷盆踊り大会の抽選会の景品!(高橋千沙子)
[2] いしのまきっこ広場ワーカー大募集!(なかのかな)
[3] 除湿剤献金の受付を終了いたします(茅野風歌)
[4] 6/28 いしのまきっこ広場(なかのかな)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===

メルマガ配信担当者
いいね!した人

テーマ:
人と物と祈りを届けるために!!!

被災者支援センターの活動(主に、エマオ石巻)の足としての車両を求めています。
現在レンタカー(TOYOTA ノアX)をお借りしていますが、大切な献金を有効に活用させて頂く為にも経費を抑えたいと考えています。
車両を無償でご提供頂ける方がおられましたらご一報ください。

<希望仕様>
・8人乗り乗用(ミニバン、ワンボックス)
・2000ccクラス(5ナンバー)
・ガソリン車
車種、年式、走行距離はこだわりません。2~3年の使用を考えています。
ワーカーの移動用、フィールドワーク用に 人を乗せることが中心になります。

夏が近づきワーカーの参加者が増えてきています。
弊センターの活動をお祈り・お支え頂きますよう宜しくお願い致します。

平田信之(石巻専従者)
いいね!した人

テーマ:
 7月からの夏休み期間中は、ボランティア参加者が増えてきます。また、こどもプログラムや夏祭りなどイベントも盛りだくさん企画しております。
 そこで、ボランティアの生活面をお支えください。タオルや洗剤、朝夕食のための食料品などを必要としています。
 移動手段としての自転車も不足しています。
 また、仙台での「こどもプログラム」を3 週間に渡って行います。その際のおやつや飲料水などもうれしいです。

 ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

 《自転車》 安全に使用できるもの
 《日用品》 タオル、ハンドソープ、洗剤(台所用、洗濯用、掃除用)
 《食料品》 お米、乾麺類(そうめん、パスタ)、缶詰・瓶詰類、ふりかけ、お茶・麦茶、ミネラルウオーター、ジュース、お菓子など

こどもの遊び道具(水風船、水鉄砲、砂遊びセット)


 食料品については、賞味期限をご確認ください。
 タオルは新品の物をお願いいたします。

 詳しいお問い合わせは事務室まで、お願いします。


 被災者支援センター・エマオ スタッフ一同
いいね!した人