「東北教区被災者支援センター」の公式ブログ

日本キリスト教団東北教区は、東日本大震災による被災者を支援するために「東北教区被災者支援センター」を教区センターエマオ内に設置しました。本ブログでは、今後、被災者支援センターから公式発表を発信します。随時チェックお願いいたします!!

支援センターからのお知らせ(更新:2015.2/20)
1) ワーカー大募集!!
2~3月のワーク申込み、細部調整中です。この期間に、参加ご希望の方は、お早めに事務所まで連絡をお願いします。詳しくは>>こちら
2) 3.11に向けて
・「ささへあう~憩いの時」、今年も持ちます。詳しくは>>こちら
・メッセージカード、大募集!! 詳しくは>>こちら
・お茶っこのお菓子、大募集!! 詳しくは>>こちら
3) 遅い春休みのお知らせ(5/10~18)
・5/10~18、遅い春休みをいただきます。詳しくは、>>こちら

2015年2月から2015年5月までの予定です。ご覧ください。

テーマ:
 今年も3月11日に笹屋敷町内会館で、「3・11いこいの時~ささへあう~」を持たせていただくことになりました。ハンドマッサージや足湯、お茶っこタイムなどの癒しの時やコンサート、そして黙祷などを予定しています。

 この「お茶っこタイム」のお菓子を、大・大・大募集します。
 各地方の銘菓や、このお菓子を是非!! というものを、支援センターに送っていただけないでしょうか。
 もちろん、心のこもった手作りのお菓子も、大歓迎です。
 当日持ち込みも大歓迎です。

 全体数量把握のため、お手数ですが、品名、数量、日持ちするものかしないものかを、事務所(メール:tohoku.uccj@gmail.com、お電話:022-265-0173)までご連絡ください。よろしくお願いします。

 重ねてのお願いですが…支援センター公休日の、日曜日・月曜日の到着はさけて、お送りください。

 よろしくお願いいたします。

 被災者支援センター・スタッフ 一同
いいね!した人

テーマ:
まもなく、あの震災から4年を迎えようとしています。

報道が少なくなり、自分たちが忘れられていくのではないかと不安に思っている方は、私たちが想像する以上にたくさんいらっしゃいます。
そのような中で、いまも覚え続け、足を運んでくださるワーカーさんがいることは、支えになるのはないでしょうか。

今年も、私たちが関わらせていただいている地域のみなさんへ、そして関わらせていただいている仮設住宅のみなさんへ、メッセージカードを送っていただけないでしょうか。
昨年と同様に、貼り出したいと考えています。



2012年5月すずめ踊りでのメッセージカード


----(本文に記載してご送信ください)------
お名前:
笹屋敷・石場の方へ/七郷中央公園仮設の方へ:※どちらかをお選び下さい。もちろん両方も大歓迎!
メッセージ: 最大200字程度でお願いします。
写真: 1枚 メールに添付して下さい。

宛先: tohoku.uccj@gmail.com
締切: 3月4日(火)まで

------------------------------------

みなさまの思いや感謝の気持ちをぜひ、支援センターにお寄せください。

また、もし3・11に来ることが出来ましたら、ぜひ共に祈りを合わせましょう。ワーカー大募集です。

どうぞよろしくお願い致します。

エマオ仙台スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
2月20日、関ノ入仮設に伺い、お茶っこの時間を持たせていただきました。
こちらには月2回のペースで伺わせていただいています。

今回は学生さんが多く来てくださっていたので、毎回お茶っこに来てくださる住民の方を囲む会といった形にさせていただき、お話を聴かせていだきました。






震災前に住まわれていた地元のことや震災当時のこと、震災から今までのことなど、多くのお話をしてくださいました。正しい情報をわたしたちに伝えてくださる為に事前に役所に問い合わせをしてくださっていたり、方言を学生さんたちがきちんと理解できているのか何度も気にかけてくださったり、本当に丁寧にお話くださる姿がとても印象的でした。

震災当時のことや震災を通して見たものや感じたこと、また現在も抱えておられる様々な感情はわたしたちが計り知ることのできるようなものではありません。しかし、快くお話をしてくださったので、本当に感謝をしたいと思いました。



エマオに感謝していると何度も仰ってくださったことも大変印象的でしたが、むしろ、わたしたちを受け入れ、繋がり続けることを許してくださり、初めて伺う方でも快く迎えてくださることへの感謝を忘れてはいけないなと個人的にですが、改めて、強く感じました。

毎回のお茶っこの機会もあたりまえにあるものではないので、これからも丁寧に心を込めて大切にできたらと思います。




エマオ石巻
小此木知香
いいね!した人

テーマ:
 学校が春休みになり、多くのワーカーさんが来てくださっています。

 マッチするワークニーズ、エマオからワーク先までの移動手段(冬季は、安全対策として車のみにしています)、宿泊場所から考えて、以下のように調整しています。
 参考になさってください。
===
 凡例
 ○:まだ余裕があります。
 △:若干名の余裕があります。
 ×:定員に達しました。
===

 ・2月
 25(水)~26(木):×
 27(金)~28(土):△

 ・3月
 1(日)~3(火):○
 4(水):△
 5(木)~8(日):○
 9(月)~12(木):△
 13(金)~16(月):○
 17(火)~19(木):△
 20(金)~23(月):△
 24(火)~28(土):×
 29(日)~31(火):○

 詳細は、事務所までお問い合わせください。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 被災者支援センター・エマオ スタッフ一同
いいね!した人

テーマ:
 この2~3月、多くのワーカーさんが来てくださっています。
 特に、4年目の"3.11"に多くのみなさんと、お祈りを合わせることができそうで、うれしく思っています。

 ご存知の方も多いと思いますが…
 ワーカーさんを受け入れるために、スタッフは見えるところ、見えにくいところで多くの仕事をしています。
 見えやすいところでいえば、朝夕のミーティングの司会進行、ワーカー割り振り、送迎でしょうか。
 内勤の申込メールの対応や、宿泊場所の割り振りをあげてくださる方、宿泊させていただいている教会のご負担を心配してくださる方もいらっしゃかもしれません。
 このほかにも、記録整理やいろいろなところとの細部調整など、スタッフはいろいろと動いています。

 「スローワーク」と言っているスタッフが、「スローワーク」してないじゃん!!!というお声をいただくことも、多々あります。

 そこで、5月10日(日)~18日(月)の期間、遅い春休みをいただきます。
 ワーカーさんが少なくなる4月は、新年度・新体制スタートで、バタバタしてしまうのです。
 教会総会や教区総会と重なる時期ですが、まことに勝手ながら、この時期に設定させていただきました。

 良い働きをするための休暇とさせてください。

 宿泊受け入れなど、詳細は、事務所までお問い合わせください。

 東北教区被災者支援センター・エマオスタッフ 一同
いいね!した人

テーマ:
午後は青葉西第2団地へ…

 とても久し振りに純さんのコンサートを開催させて頂きました。住民の方や近くの団地の方も集まって下さり、賑やかな雰囲気の中コンサートはスタートしました。

 住民の方手作りの綺麗な飾り物に囲まれて、懐かしい童謡や純さんオリジナル曲など様々な曲を思い思いに楽しんで下さっていたように思います。



 最近お決まりの『仙石線のうた』はここでも大盛り上がりで、「初めて聴いたけどいいね」と最後には口ずさめるほどでした。



 コンサート終了後はお茶っこTime。純さんと名古屋や山口から来てくれた学生ワーカーさんと一緒に穏やかな時間を過ごすことが出来ました。



 コンサート開催をお話に班長さんに会いに行った時、石巻でも少しずつ復興公営住宅の建設が進み、仮設から引っ越しをされる方もおられるという話を聞いていて、会えないと思っていた方が今回のコンサートに来て下さいました。

 帰り際に住民の方が「近くだからいつでも来てね」と声を掛けておられた姿に、これまでの繋がりの強さを感じました。

 これからもその繋がりが続いていくように、エマオが出来ることを丁寧に行って行きたいと思います。

エマオ石巻
にしださよこ
いいね!した人

テーマ:
美味しいみかんやいよかんが純さんと一緒に今年も石巻にやって来てくれました。


2月13日袖ノ浜団地と青葉西第2団地にて柚季純さんのうたっこ&コンサートを開催しました。

午前は袖ノ浜へ…

袖ノ浜団地ではうたの本も2冊目になり沢山の曲の中から一曲を選ぶのも大変です!!



今回ワーカーさんがみんな10代をいうことで、「この歌初めて聴きました…」なんて一幕も。

新曲は『冬景色』と『早春賦』
冬の季節を歌った歌と春を待つ歌で、今の石巻の様子にぴったりの2曲を練習しました。



みかんやいよかんのさわやかな匂いに囲まれて、のんびりまったりのうたっこになりました。

エマオ石巻
にしださよこ
いいね!した人

テーマ:
すっかり遅くなってしまいましたが、
水仙プロジェクトについて報告します。

1月28日(水)七郷中央公園仮設住宅で、
「水仙プロジェクト」ということで、みんなで水仙を植えました!!
水仙を植えるところを一緒にする予定が
仮設の方は寒いためお茶っこでしたが、
会長と職員の方2名が手伝ってくださいました。
ワーカー5名でプランターの土をふるって、



水仙を植えるところまでしました。


会長の提案で、陽の当たるところに置いています。
全部で150個の水仙がプランターに植わりました。





仙台は雪が降った日もありましたが、
元気に育ってくれるといいです。
また報告します。


仙台スタッフ
髙橋ちさこ




いいね!した人

テーマ:
メルマガ37

 ただいま、メールマガジン第37号を配信中です。
 支援センターのことを知りたいという方、
 仙台や石巻の今を知りたいという方、
 配信を申し込んだけど、届いていないという方、
お名前と、配信してほしいメールアドレスを、tohoku.uccj+add@gmail.comまで、お知らせください。よろししくお願いいたします。

 次号から、メールマガジンは、mm@emao311.orgから配信いたします。
 アドレス帳などへ、登録をお願いいたします。

 それでは、今号をさらっと、ご紹介!!

===
◆◇被災者支援センター・エマオ メールマガジン【第37号】◆◇
◆◇2015.2.11◆◇
 1月21日に宮城県は、一部の仮設に対して入居期限を設ける方針を打ち出しました。この方針が決まれば事実上の「退去期限」になります。これによると、住宅整備の遅れている石巻市は当面延長されますが、仙台市では2016年3月までに仮設を退去しなければなりません。もちろん特例も認められるようですが、仮設に住む方の中には、このペースにとても追いつかない人もいるように思います。それぞれの「仮設の最後」が、納得のいく次のステップへと繋がっていくものであることを心から願います。
 3・11から3年11ヶ月です。それぞれの場所で午後2時46分の祈りを献げましょう。
M.S.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今号のラインナップ
[1] 3.11に向けて
 (a) お菓子大募集!!
 (b) メッセージカード募集!!
[2] 『スローワーク vol.9』発行しました!!
[3] メルマガ配信アドレスが mm@emao311.org へ
○ Stollen~編集後記~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===

メルマガ配信担当者
いいね!した人

テーマ:
2月4日(水)荒井7号公園仮設住宅で、
入浴剤作りをしました。

参加は1名。ワーカー2名。スタッフ3名。
講師の方2名が作り方を教えてくださいました。



重層とクエン酸を袋に入れて、赤や青や黄色の水をかけて、
型抜きをします。

うさぎやくまの型で、赤と青をまぜたり、全部の色をまぜたりし、
いろんな色の入浴剤が出来上がりました。




乾かしている間、お茶っこをしました。
そこで、入浴剤作りの講師の方たちがハウスクリーニングでお宅におじゃまし、
換気扇のそうじをするといった話を聞きました.
またお茶っこの中で、参加された方が困っていることなどをおうかがいしました。




最後は袋に入れてシールをつけて、それぞれ持ち帰りました。
寒い日が続きますが、お風呂に使っていただけたらと思います。


仙台スタッフ
髙橋ちさこ
いいね!した人