野良にゃんとの毎日(にゃんこの合宿所)

TNR(出来れば家族捜し)を目指し、近隣野良にゃんや保護猫、愛犬・愛猫との毎日を綴っています

個人・自宅周囲で細々と、マイペースにて活動中

里親募集サイトでは「にゃんこの合宿所」名にて募集中

里親募集中の猫達が沢山居ます

どの子も穏やかで性格花丸

詳細はペットのお家よりご覧下さい


次女犬がヘルニアで半身不随の為、長時間を要するTNRお手伝いは休止中です
***************************************************************
猫・ボランティアで検索してたどり着いた方から、相談を受ける事が時折あります。
(主に某里親募集サイト経由です)

財力・体力どちらも無く、犬猫への愛情だけはある一個人が、
見ぬふりが出来ずにやむを得ずやっている保護活動です。
他人様が拾った犬猫まで受け入れる力はありません。
「引き取って欲しい」・「長期間預かって欲しい」・「里親を捜して欲しい」
これらのご要望には、一切お応えできません。
有料で預かってくれるシェルターやホテル・病院をお探し下さい。
(物ではなく命あるものに「引き取る」という言葉を使う事が嫌いです)



何処のボラ宅にも、なかなかご縁が無く里子に出られない子が沢山居ます。
犬猫ボラは職業ではありませんし、
無償で動いてくれる犬猫の便利屋でもありません。

あなたができない事は私にも出来ません。
私に出来る程度の事は、あなたにも出来ます。
要はやる気の問題です。

「頑張りたいけど方法が解らない、教えて欲しい、手伝って欲しい」
そういう方には、可能な限り協力します。

個人ボラは、自身の生活を削りに削って費用を捻出し、
自分自身のお金で活動しています。
団体や著名ボラさんのように、寄付や物資の支援も受けていません。


ご自身の愛護・保護活動なのに費用負担が嫌な方は、相談はお控え下さい。
互いの時間と手間が無駄になりますので。
それを愛護・保護とは言いません、俗に言われる愛誤・丸投げです。

相談者が費用を負担したとしても、ボラに利益はありません。
無償提供の労力に加え、経費が掛かってマイナス増加です。
それに加えて費用までボラに負担させようとお考えであれば、
犬猫の保護には関わらない事をお勧めします。


あまりに身勝手な相談が多い為、
ここまでは注意喚起の為の固定表示です




日々のブログはここから下へ

NEW !
テーマ:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
亡くなった白黒君の兄妹、キジトラ君と白黒ちゃんは

栄養失調状態から、ほぼ回復

毎日元気に遊んでいます

キジトラ君はオットリですが・・・

黒白ちゃんは、おてんばで強気

様子を見に来たギャラリーに「カッ!」言ってますよ

こんなチビチビの「カッ!」・・・初めて聞きました

この兄妹の里親募集は、もう少し大きくなってから


2個ある3段ケージの1つはねねたんが占有しています

もう1つは、扉を開放したままで他の猫達のごはんを置いたり

独りでゆっくり眠りたい子がスヤスヤ眠っていたり


で、このケージを共有して貰おうと

1段目と2段目の間の空間を、ワイヤーネットとバスマットで塞いで床にしました

常設のドライと水は2段目に移動


1段目にチビチビ4頭が暮らしますが

トイレを入れると半分近くのスペースが無くなります

なので、トイレの上に、ワイヤーネットとバスマットを使ってロフトを設置

キジトラ君と黒白ちゃんは、小さすぎてロフトに乗れません

ロフトは物置2階籠城組が独占です


サバ白くんは、相変わらず「シャー」言います

咬む事はないので、全然怖くないですが


ルックスは本当に可愛いのですよ

子猫の時は、キジトラやサバトラのシマシマ系が有利だなぁと思います

目鼻立ちがハッキリ分かるからかなぁ?





保護せず母猫に育てさせていたら・・・

生き残ったのはサバ白くんだけだったと思われます


いや・・・

白ちゃんの猫風邪がうつり

サバ白くんも落命していたかもしれない


人間の子どもを放っておけないように・・・

犬でも猫でも小鳥でも、見ないふりして死なせる事は出来ません


命が繋がった以上、温かい家庭へと送り出したいのですが・・・

お声は掛かるものの、「この方々なら大丈夫」と思える方々ではありません


猫ブームも相まって、おかしな方も増えています

送り出した後で不安に苛まれる位なら・・・

そのまま我が家に置いた方が良い


譲渡完了までは口うるさい保護主ですが

譲渡後は余計な口出し致しません

だって、信頼できる方々にしか譲渡しないのですから

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
厳しいとは思っていたものの・・・

後から来た黒白君、つい先程永眠しました


授乳に行ってキャリーを覗くと・・・

いつもどおり眠っている体勢なれど、呼吸をしていない


まだまだ温かく、ぐにゃぐにゃです

急いでドライヤーで温めましたが・・・

帰って来てはくれませんでした


少しずつお腹も膨れてきていたし

ちょっぴりだけど体重も増えた

シッコもウンチも出ていたし

このまま頑張ってくれるとばかり思っていましたが・・・

力及ばず残念です


苦しんだ様子は無く

眠ったままで旅立ったと思います


せっかく爪も切ったのに・・・

皆と一緒に遊ぶ事が出来なかったね


思う事は多々ありますが・・・

たらればを言っても仕方がありません

お腹を空かせたままではなかった事が、せめてもの
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
状態の悪い黒白くん

ニュートリスタットをちゅうにゅうするが・・・

うまく飲み込んでくれないと、口のまわりがベッタベタに

黒白なんだけど三毛なの?という位に、全身がニュートリスタットの茶色とミルクの白で凄い色になってます

口がガビガビになり塞がりさえしなければ

綺麗にするのは何時でも出来る


で、ニュートリスタットをうまく飲み込んでくれなかったので・・・

このままでは固まって張り付いてしまうと

急遽ミルクを作りました

普通の飲ませ方では抵抗激しく全く駄目な子なので・・・

膝の上に子猫のお尻を置き

背中から顔が垂直になるように後ろから支え

喉がまっすぐになる姿勢で

口の端、歯の隙間からちょっとずつちょっとずつ注入

10回押すとこくんと動く喉

この姿勢にすると、半分眠った状態で飲んでくれます

誤嚥も起こさないし、溢れてこぼれる事もない

めちゃめちゃ時間が掛かるけど


何とか5ml程度は飲んでくれるようになったので・・・

その間、細心の注意を払いながら

押し子をちょっとずつちょっとずつ、60回に分けて押していくのです

5ml×60回=300回

飲ませ終わると指がぷるぷるしていますよー


で、ミルクは40~50ml作るので

他の子にゃんこ達に廻ります

ちょっと太りすぎ?

そう思う程にぽんぽこりんになりました

たぶん明日には、先に来た黒白ちゃんも500gを超えている事でしょう

4頭一斉にドロンタールを飲ませて駆虫を終え、数日中にリビングに移します


もうね・・・

育ってきた&元気になったので、折り畳みケージMサイズでは狭すぎて大変


さて・・・やっと少し仮眠します

合間に10分でもウトウトしようと思っても・・・

あちこちから電話が掛かってきて邪魔されまくり

不眠時間が長すぎてやばいです

ではー1時間程
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
後からやって来た黒白くん・・・

来た当初:277g

翌日:283g

翌々日:274g

1時間毎に授乳をしていてこの状態です


1ml飲むのに5~60回に分けて押し込むので・・・

ミルクだけではとても栄養が取れません

1時間毎どころか・・・

一日中飲ませっぱなしでなければ無理になってしまいます


で・・・

ニュートリスタット→1時間後にリカバリーサポート→そのまた1時間後にミルク

ミルクは時間が掛かるので、ミルクと次のニュートリスタットの間は1.5~2時間位の間隔です

このローテーションを、24時間繰り返す事にしました

この間に2度の投薬


相変わらずぐったりでふにゃふにゃですが・・・

今日、始めてキャリーの中から鳴きました、私が行った気配を感じて


給餌には激しく抵抗します

なので、トイレシーツで包んでわさびちゃん状態に


深夜の投薬と給餌に行ったら・・・

ほんのちょっぴり、小さな小さなが出ていました


体重は僅かに増えて、282g

ぺったんこで何も入っていないと思われたお腹ですが・・・

ほんの僅かに、本当にちょっぴりですが、ふっくらして来たように思います

でも・・・ぐにゃぐにゃ


キャリーを覗く度に

生きてる

生きてるよね

お腹を凝視して呼吸を確認


頑張れ子ニャンコ

頑張れ自分
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
遅れてやって来た、第二弾の黒白くん

かろうじて目は開いているものの・・・

栄養不良の為に落ち窪み・・・

活力が全く感じられません


独りキャリーに入って貰っていたけれど

今日は子猫達にはちと肌寒い

他の子猫達と合流すれば、少しは気持ちが休まるだろうか?


で、一部にカイロを入れたタオルを敷き

他の子達と合流させました


最初こそ、他の子達も興味を示し

黒白くんもゆっくりとシッポを振ったりしていましたが・・・

結局はカイロの上に独り横に

やっぱり暖かいところが良いんだね


相変わらず、自分で飲む気力はゼロ

時間を掛けて、ミルクにリカバリーサポートを溶かした物を流し込みます

大丈夫

他の子達も回復したんだから、この子だって大丈夫

大丈夫 大丈夫 そう言えば大丈夫になる(と思いたい)

手は幾らだって掛けるから


此処で様子を見に行ったら・・・

カイロ、白ちゃんに取られていました

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
3頭生まれて1頭落命と思っていた第二弾の子猫達・・・

なんと・・・

もう1頭いたのですよ


亡くなってしまった子や、先の2頭の状態から

状態が悪いであろう事は容易に想像がつきますが・・・

先の2頭よりも更に小さく・・・

277g しかありません

おまけに・・・

目が完全に塞がっています

塞がっているけれど、右目は異様に盛り上がっている

膿が溜まっている事は間違いないでしょう


この子も全身ノミだらけです

フロントラインスプレーを使い

取り急ぎ、シリンジでミルクを飲ませました

飲ませたと言っても・・・

飲めたのは 1cc未満 です

リカバリーサポートも微量流し込み

少し時間をおいてから抗生剤を飲ませました


その後は頻繁にミルクを飲ませますが・・・

今にも死にそうな状態で・・・

人形にミルクを飲ませているかのよう


がんばれ

せっかく生きてここへ来たんだから、もうちょっと頑張りなさい


1ml シリンジに吸わせたミルクを、何十回にも分けて流し込みます

0.01mm程度ずつ、ゆっくり・・・ゆっくり・・・

死にそうなのか眠っているのか判らない

のど元を凝視しながら

ゆっくり・・・ゆっくり・・・

10回位流し込むと、ごくんと喉が動きます

あぁ・・・良かった・・・生きてる


そんな事を一晩中繰り返し

夜が明けてから、目を開ける事に取りかかりました

ソフトサンティアを垂らしては拭い

何度も何度も繰り返します

点眼液を1本使い切った頃

わずかに開いた目の端から、黄色い膿が溢れてきました

点眼しては拭うを繰り返し

2本使い切ったところでようやく開眼

目の周囲が黒いので、開いているかどうかが判りません

点眼→拭う→拡大鏡で確認

この作業をひたすら繰り返したのですよ


良かった・・・

これで失明する事はないだろう


とりあえず・・・

次のミルクタイムまで仮眠します
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。