1982ー3

テーマ:

こんにちは

 

最近かなり過去に遡った東大の過去問なんかを見ています

ネットの普及が進む中で過去問をネットで容易に入手できるのは

非常にありがたいことです

 

30年以上前にも「こんな問題出てるのかぁ~」

と思わせる問題が結構あります

 

1982年文科3問

難しい問題ではありません

複2次式なのでx軸対称であり

解の範囲からa(解の和)とb(解の積)の範囲を出して

それが整数なのでaとbが決定する

解き方としては簡単なのでただの計算問題ですが

この計算がかなりめんどくさい

愚直に全部計算すると6ケタの足し算掛け算と

限られた入試の中では大変なものです

しかし整数の範囲をもとめるので

実際に欲しいのはどの整数の範囲かの情報なので

計算も小数第一位まででOKで

二位以下の誤差は大丈夫なんですよね

自分みたいに全部計算しても時間がかかるだけという

骨折り損というかそんな問題でした

 

昔はこんな計算力を要求する問題が結構あります

最近でも微積とかは意外と処理量が多い

「合格る計算」なんて本も売れているくらいですから

計算もしっかりやっていきましょう

AD