大阪府の自律神経失調症治療専門「かねもと鍼灸整骨院」

大阪の自律神経失調症の治療・パニック症候群の治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。述べ1万人を改善へと導いてきた自律神経失調症の治療法を公開しています。只今、動画で30分後には心身の不調を改善させる方法を公開中!


テーマ:
●自力で出来る!自律神経失調症の改善方法のやり方(ご自宅でできる方法です)を動画でお教え致します。

最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは。大阪府の自律神経失調症専門 かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

数ある中から、私のブログにご訪問下さり ありがとうございます!私どのも治療院へ寄せられるお電話や、メールの内容の多くに、


というお声がたくさん寄せられます。

そこで、今回は、その悩みを解決するために、大阪府の自律神経失調症専門 かねもと鍼灸整骨院で行っている治療法の中から、ご自宅でもできる自律神経失調症改善方法の1つを、動画で分かりやすくお教えしたいと思います。

このページの最後に、その動画を公開しておりますので、一度お試し頂ければと思います。


自律神経失調症の原因と症状

もしあなたが、以下の症状に当てはまるのであれば、自律神経失調症の可能性がとても高いと言えます。

■身体的症状■
・頭痛が続く…
・鼻がつまりやすい
・いつも耳鳴りがする
・めまいがする
・胸が締め付けられるような感じがする
・ときどきだけど、動悸がする
・息が思うように吸えない
・息切れしやすい
・のどが詰まった感じがする
・食欲がない
・性欲がない
・吐き気がする、吐いたこともある
・胃の調子が悪い
・便秘や 下痢をすることがよくある
・よく お腹が張る、ガスがよくでる
・肌が敏感で荒れやすい
・よく蕁麻疹(じんましん)ができる
・体(手足など)がしびれたり、痛みを感じる
・手足が震えることがある
・首筋や 肩がよくこる
・乗り物に酔いやすい
・体がだるい
・寝つきが悪い
・寝てもなかなか疲れが取れない
・季節の変わり目によく体調を崩す
・急に体が熱くなったり、冷たくなったりする
・暑いはずなのに汗をかかない
・逆に、暑くもないのに汗がダラダラ流れる

■精神的症状■
・なぜかイライラする
・なぜかやる気が起きない
・集中力も低下し散漫
・気分の落ち込みが続く
・不安を感じる
・緊張しやすい

…などなど、もし、上記のような症状がいくつかあり、かつ、市販薬を飲んでも改善しない場合は、一度、心療内科で検査してもらうことをオススメ致します。

検査しても「 どこも悪くありません。しばらく様子を見ましょう。」と言われると思いますが、病的な原因の有無を確認することが大切です。

そしてもし、病的な原因が無い場合には、その症状は自律神経失調症の可能性がとても高いと言えるでしょう。

そして、その場合には、今回ご紹介する自律神経失調症の改善方法の1つをご紹介した動画( ブログの内容も含む )は、上記の身体症状の改善にお役に立つはずです。


自律神経失調症とは?

では、自律神経失調症の改善方法の1つをご紹介する前に、改めて自律神経失調症とはどのような病気なのか? おさらいしておきたいと思います。

まず、自律神経失調症とは自律神経(交感神経(活動の神経)、副交感神経(休息の神経))のバランスが乱れ、心身の不調が現れる病気のことです。

上記のチェックリストのような症状が現れ、頭痛や微熱、体のだるさがずっと続く。そして、そられの症状が続いたのち、めまいや動悸、下痢などの他の症状が現れはじめることもあります。

だからといって、病院で検査してもらっても、自律神経の乱れは病院の検査では分かりませんので、異常が見つからず 医者からは「 特に異常はありません。」 と言われる場合が多いです。


自律神経のバランスが乱れて症状が現れる。

なぜ、内臓など病的な原因がないのに、心身の不調が現れるのでしょうか?

それは、健康を維持している 自律神経( 交感神経と副交感神経 )のバランスが乱れることが原因です。

実はこの自律神経は、あなたの意志とは関係なく、体の様々な機能をコントロールしているのです。



これらの2つの神経が上手くバランスを取りながら、体のさまざまな機能をコントロールし、健康を保っている訳なんですね。


たとえば、スポーツなどで体を動かした場合、

交感神経が優位に働き、呼吸と心拍数が早くなり( 次々に消費する酸素を取り込まなければならない為 )、汗をたくさんかきます( 上昇する体温を下げるため )。

逆に、リラックスしている時には、副交感神経が優位に働くので、心拍数や呼吸もゆっくりになります。

これは、基礎代謝を下げてエネルギーの消費を抑えるため、また、エネルギーを蓄積するためでもあります。

また、恐怖や不安、緊張した場面では身体の防御反応が起こるため、身を守ろうとして交感神経が優位に働きます。

それによって、血圧が上昇し、同時に心拍数や呼吸も早くなります。

しかし、強い恐怖や不安が無くなると、今度は 副交感神経が優位になるため、徐々に血圧も正常に戻り、同時に、心拍数や呼吸も元に戻ります。


しかし、自律神経のバランスが乱れると

これらの正常な反応がしなくなってしまい、たいして体を動かしていないのに、汗を書いたり、心拍数や呼吸が早くなる…などの異常が起こってしまいます。

そして、それらが続いたあと、今度はめまいや動悸など徐々に他の症状も現れ始め、仕事をしている状況ではなくなるため身体症状が悪化します。

このように、ひとたび自律神経のバランスを崩すと全身のいたるところに様々な症状が現れるのが自律神経失調症です。

また、この自律神経は生命維持機能のコントロールも行っています。

たとえば、気温の変化によって、体温や血圧、心拍数、免疫機能などを一定のレベルに保とうとします。

夏であれば汗をかいて体温を下げようとしたり、冬であれば、体をブルブル震わせて体温を上げようとするなど。

このように、自律神経は生命維持機能のコントロールにも深く影響をしています。


自律神経のバランスが乱れる原因

自律神経失調症になる最もな原因はストレスであり、首のコリでもあります。

精神的なストレスがかかると、心と体は緊張状態になり、交感神経が過剰に働くようになります。

と同時に、体や肩周りの筋肉も緊張し こわばったりもします。自律神経のバランスが乱れると、肩こりや首こりが起こりやすくなるのもその1つです。

とはいえ、これは人間の防御反応なので悪いことではありません。

ストレスをなくし、また、首のこりをほぐして上げると過剰な交感神経の働きは治まり、副交感神経とのバランスも元に戻ります。

ところが、ストレスが慢性的に続いたり、また、ストレスや 前傾姿勢( パソコンやスマホを使う方に多くみられる )により、首こりが酷くなると交感深海が優位になっている状態が長く続いてしまいます。

すると、副交感神経への切り替えが上手くいかなくなり、自律神経はバランスを崩し、心身の不調が現れてしまうのです。



つまり、自律神経のバランスを崩す原因は首コリにもあるのです。

その証拠に、長時間パソコンや スマホを眺めている方は 前傾姿勢になりがちで、首こりに悩む人が増えています。

と同時に、首コリが原因で自律神経が乱れ、冒頭の自律神経失調症の症状が現れている方が年々増えてきているのです。

ですから、私どもでは、自律神経のバランスが乱れる原因は、ストレスと首コリにある。と考えています。


首の筋肉の緊張をほぐしてあげると自律も整う。

しかし、医学的にも「 首の後ろあたりに副交感神経の働きを左右する、重要なポイントがる 」と言われている通り、

首の後ろの筋肉をほぐしてあげると、筋肉の緊張による自律神経や血管への圧迫を取ることも出来ますし、自律神経のバランスを整える作用もあります。



逆を言えば、首の後ろの筋肉をほぐしてあげることで、副交感神経の働きを高めることができ、その結果、自律神経のバランスも整い心身の不調も改善させることが可能になります。

これらの事実は、医学的にも最近になってやっと分かってきました。


自律神経失調症の改善方法を動画でお教えします。

このような理由から、自律神経失調症の改善には、首の後のコリをほぐしてあげることが重要になります。

しかし、首が自律神経失調症の改善に重要。とはいえ、お医者さんは体の構造や筋肉に精通しているワケではありません。

また、身体や筋肉の扱い方も分からないため、具体的な改善方も分からないのです。

そこで、今回は、その悩みを解決するために、かねもと鍼灸整骨院の自律神経失調症改善方法の中から、ご自宅でもできる自律神経失調症の改善方法を、動画で公開したいと思います。

まず、自律神経失調症の原因の一つである、ストレス時になりやすい肩すくめをしているとコリやすい“肩甲挙筋”についてお話します。

この僧帽筋のコリは、肩が凝ったと感じやすいのですが、この肩甲挙筋は、コリがあっても自覚症状として、肩が凝ったと あまり感じない筋肉なのです。

自律神経失調症やパニック症の方は、ほぼ例外なく、この筋肉のコリがみられるので、ぜひお試し頂いて 心身の不調の改善にお役立て下さい。

動画で分かりやすく、大阪府の自律神経失調症専門院の改善方法の中から、ご自宅でできる 自律神経失調症改善方法と、パニック症改善の手法を公開していますので、ぜひ、集中してご覧ください。


さらに効果的な、自律神経失調症改善方法・パニック症克服法を、
下記サイトから、“完全ノーリスク”でご体感いただけます。

>> 自力で心身の不調を改善したい方は、コチラ をクリック!
いいね!した人  |  コメント(275)  |  リブログ(5)

テーマ:
自律神経を整える方法(考え方編)

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、前回では自律神経を整える方法の1つとして、ネガティブ感情は自律神経のみだれを招く。そのため、ネガティブ感情からプラス感情に変えることが大切であること。

また、そのプラス感情に変える方法についてもお伝えしました。

もう1つ、自律神経を整える方法(思考編)をお教えしたいと思います。

もしあなたが、以下のような感情に囚われやすい傾向にあるならば、今回の内容は非常に役立つはずです。


…などなど。

というのも、このような悔いや妬み、恨み、怒り、不安、恐れなどの感情は、前回もお伝えしたように、自律神経の乱れを招くからです。

しかし、逆に、これらの負の感情を捨て去ることで、一気に自律神経を整えることが可能になります。

それでは今から、自律神経を整える方法をお伝えして行きましょう!


思考1つで自律神経を整える方法とは?

まず、今回の自律神経を整える方法は、前述の通り、負の感情はあなたの自律神経のバランスを乱す原因にもなります。

そのため、それらの負の感情を手放すことが肝(キモ)になってきます。

私も含め、多くの人は負の感情をなかなか手放すことが出来ません。

それは、「 あきらめきれていない 」 ため 手放すことが出来ていないのです。

「 あきらめる 」 というと、なんだか途中で挫折したり、投げ出してしまうようなイメージがありますが、“手放す” という表現がシックリくるように思います。

たとえば、「 あの時、こうしておけば良かった、ああしておけば良かった… 」 という場合は、こうしておけば良かった。ということに気づくことが出来ているんですよね。

であるならば、その失敗を、その気づきを 次に活かせば良いだけなのです。

失敗から学び、次に活かせば良いだけなのです。

人は何かあると、マイナスな方向にばかり考えてしまいガチですが、マイナスなこと、ネガティブ感情が芽生た時こそ、プラスに物事を考えるチャンスでもあるのです。


「 次に失敗したらどうしよう… 」

というのも同じですよね。完璧な人間はいないように、失敗しない人間なんていません。

大切なのは、その失敗から学び、気づき、対策を練って次に活かすことです。

これらは、どんな問題解決にも通じる法則でもあり、失敗から学び、気づき、対策を練ることで どうすれば良いか? が、つまり 未来が見えてきます。

あとは、前に向かって進んでいくだけです。

そのように、物事を明らかにしていくことで、ネガティブ感情を手放すことができ、自律神経のバランスが安定していきます。

私どもでは、主に身体から自律神経を整える方法をお伝えしていますが、このような思考からも、自律神経を整えることも可能です。

なぜならば、心と体はつながっているからです。


手放すことができずにいると、負の感情に苛まれることになります。

反対に、手放すことを諦めきれずに 頑張り続けていると、頑張れば頑張るほどそれに比例して、怒りや不安、緊張などが続き、自律神経のバランスも乱れ、交感神経が優位な状態が続き、心身の不調が現れてしまいます。

また、悔んだり、妬んだり、嘆いたり、悲しんだりした状態が長く続いても、自律神経のバランスは乱れてしまいます。

自律神経のバランスが乱れる。ということは、抵抗力も落ちるため、病気になりやすくなってしまうんですね。

負の感情を手放すことが、自律神経を整える方法でもあるのです。


「 相手はコントロールすることは出来ません。」

私たちは、コントロールできないものに対して、妬んだり、悔んだり、恨んだりしてしまいガチです。

相手はコントロールできないし、相手の価値観を変えることは出来ません。

そのことを認め、受けれた上で、更に、妬んでいる自分、恨んでいる自分、悲しんでいる自分を認め、受け入れてあげて下さい。

人間ですから、誰でも妬み、恨み、嫉妬、怒り、不安など負の感情は抱きます。

しかし、「 これらの感情はあってもいいんだ。これが自分なんだ。」 と認め、受け入れてあげることが、負の感情を手放すことが出来る第一歩になります。

また、それが、自律神経を整える方法にも繋がります。

ですから、まずは、それらの負の感情を認め、受け入れ、自分自身を責めるのではなく、褒めてあげていくことが第一歩だと思います。

そして、それらの負の感情を徐々に手放すことが出来るようになった時、自律神経も整い、心身の不調もおのずと改善されてくるはずです。

以上、思考1つで自律神経を整える方法についてお伝えしました。
それでは、最後までお読み下さり ありがとうございました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 ネガティブ感情は自律神経のみだれを招く! 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
・免疫力を回復させる爪もみ療法をお教えします。

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、今回は免疫力を回復させる爪もみ療法をご紹介したいと思います。

爪もみ療法とは、 “爪の生え際(真横ではありません)” をもむだけなのですが、手軽にできて効果的な方法なのです。

そして、うつ病や 自律神経失調症の方は ほぼ例外なく、小指をもむと圧痛 ( 押して痛い感じ ) や 硬結 ( かたい感じ ) があります。

試しに、小指の生え際をもんでみて下さい。

実は、この爪の生え際には神経線維が密集しているため、爪もみ療法はそのポイントをもむことで、副交感神経を優位にする効果が期待できます。

それによって、リンパ球を増やし、免疫力を回復させる効果も期待できます。

誰でも簡単に手軽に行えますので、記事を読み終わったあと、早速試してみて欲しいと思います。

■爪もみ療法のやり方■
まず、画像のポイントを、親指と人差し指で 10秒ずつ刺激していきます。

刺激する指は、左右の 親指、人差し指、中指、薬指、小指の5本を刺激して行きます。

爪もみ療法の刺激するポイント

1.指を刺激していく順番は特にありませんが、右手の親指から行う場合は、左手の親指と人差し指で、左手の親指の生え際を左右からもんだり、グッ!とつまんだ状態で グリグリとねじると良いです。

2.1つの指をもむ時間は、約10秒間を目安にしてください。

3.これを、左右の 親指、人差し指、中指、薬指、小指をそれぞれ刺激して行きます。

痛み刺激の強さは、イタ気持ち良い程度で行って下さい。

いつでもどこでも、手軽に行えますので、テレビを見ながらとか、食事の前や後、仕事の合間に、気が付いた時にこの 爪もみ療法を行って下さい。

爪もみ療法を行うことで、リンパ球が増えて免疫力が上がった。というデータもあります。

うつ病、自律神経失調症の方は、交感神経が優位に働き過ぎているため、リンパ球が減り 免疫力が低下しがちです。

なので、気が付いた時には、この爪もみ療法を行うことをお勧めいたします。


寝る前に行うと、心地よい眠りを誘ってくれる効果も。

また、爪もみ療法によって 副交感神経が優位になるため、寝る前に爪もみ療法を行うのも良いかと思います。

もちろん、それだけで不眠症が改善する!という訳ではありませんから、他の不眠に効果的な方法と合わせて、この爪もみ療法を寝る前にも行ってみて欲しいと思います。

早い人なら数日で効果を実感できる人もれば、もっと時間がかかる人もいます。

大事なことは、継続して行うことですから、ぜひ、気が付いた時には 爪もみ療法を行って欲しいと思います。


■こんな症状が出たら、回復のサイン■
もし、爪もみ療法を行って

  • 手が温かくなってきた。
  • 体が軽く感じる。

などの変化がみられたならば、それは、回復のサインです。

一時的に痛みが出ることもあるかも知れません。が、もし痛みが出たとしてもそれは、患部に血が集まって組織が活性化しはじめて反応です。

ですので、そのまま爪もみ療法を続けてみて欲しいと思います。

続けて行くうちに、痛みなどの症状も収まってくるはずです。

それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自力で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「 なぜ腹八分目は免疫力UP・長寿に繋がるのか? 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)