自律神経失調症改善方法 │ 述べ1万人を改善【大阪 整体】

自律神経失調症の治療法・パニック症候群の治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。述べ1万人を改善へと導いてきた自律神経失調症の治療法を公開しています。只今、動画で30分後には心身の不調を改善させる方法を公開中!


テーマ:
●自力で出来る自律神経失調症改善方法・パニック症治療法を公開

最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、
かねもと鍼灸整骨院の金本 博明です。

数ある中から、私のブログにご訪問下さり ありがとうございます!

私どのも治療院へ寄せられるお電話や、メールの内容の多くに、

「金本さんの自律神経失調症の改善方法を受けいたと思うのですが、
治療院へは遠くて行くことができません…」


というお声がたくさん寄せられます。


そこで、今回は、その悩みを解決するために、ご自宅でもできる
自律神経失調症改善方法を、動画で公開したいと思います。

まず、自律神経失調症の原因の一つである、ストレス時になりやすい
肩すくめをしているとコリやすい“肩甲挙筋”についてお話します。

この僧帽筋のコリは、肩が凝ったと感じやすいのですが、
この肩甲挙筋は、コリがあっても自覚症状として、肩が凝った
と あまり感じない筋肉
なのです。

自律神経失調症やパニック症の方は、ほぼ例外なく、この筋肉のコリが
みられるので、ぜひお試し頂いて 心身の不調の改善にお役立て下さい。

動画で分かりやすく、自律神経失調症改善方法・パニック症改善の
手法を公開していますので、ぜひ、集中してご覧ください。


さらに効果的な、自律神経失調症改善方法・パニック症克服法を、
下記サイトから、“完全ノーリスク”でご体感いただけます。

>> 自力で心身の不調を改善したい方は、コチラ をクリック!
いいね!した人  |  コメント(257)  |  リブログ(1)

テーマ:
自律神経を整えるには、まずはこれらをチェックすることが大事!

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

もしあなたが、朝あわただしくしているならば、今回の内容はそんなあなたにこそ、読んで頂きたい内容です。

なぜならば、朝あわただしく過ごしていると、1日中 副交感神経が上がりにくくなり、自律神経場乱れやすくなるからです。

ですので、自律神経を整えるためには、朝の過ごし方がとても大切になってくるんですね。


朝の過ごし方1つで、自律神経は整う。

結論から申し上げますと、自律神経を整えるには、朝の過ごし方がとても重要です。

そう。繰り返しますが、朝の過ごし方1つで全く変わってくるのです。

私達現代人は、日々、人間関係のストレス、環境(暑さ、寒さ)のストレス、食品(食べ過ぎ、飲み過ぎ、冷たい物や暑い物の食べ過ぎ、添加物の取り過ぎ)のストレスなど、様々なストレスを受けながら生活しています。

このような環境下では、交感神経が優位になりやすく、ちょっとしたストレスでも、交感神経が過剰に働き 自律神経が乱れ 体調不良を感じるようになりやすくなります。

そのため、交感神経を過剰に優位にさせないためには、副交感神経を優位に働かせるしかありません。

そこで、自律神経を整えるには、朝目覚めた後、コンディショニングを整えること。それが、自律神経を整える方法の1つです。

というのも、私たちは、

■自律神経と副交感神経の切り替わるタイミング■
夕方~睡眠:特に、寝ている時に副交感神経が高くなります。
朝方~日中:朝4時ぐらいから徐々に交感神経に切り替わり、日中交感神経の働きが最大化します。

朝の4時ぐらいに副交感神経から、交感神経に切り替わる。と言われていますが、交感神経に切り替われば、夕方までは交感神経が優位な状態が続きます。

そして、夕方になるについて、徐々に副交感神経に切り替わります。

※夕方のオレンジ色の光を見ると、体は本能的に「 そろそろ休む時間だ。休息モードに切り替えないといけない 」と察知すると言われています。そのため、寝る時に オレンジ色の間接照明を使うと、入眠を促しやすくなる。と言われています。


●朝、副交感神経から交感神経に切り替わり、日中はほぼその状態が続く。

とお伝えした通り、朝をどう過ごすか?によって、その日の自律神経の状態も決まる。と言っても過言ではありません。


自律神経のバランスの理想は、


しかし、朝目覚めた後に、バタバタ慌ただしく食事をしたり、着替えなどの準備をして学校に行ったり、仕事に行く。

となると、それらのバランスが乱れ、交感神経が優位になり、副交感神経は低下してしまう…。

そうなると、副交感神経が優位になりにくくなってしまうんですね。

朝から興奮したり、緊張した状態が続くと、血管なども収縮し 血液の流れも悪くなります。

当然、集中力も低下し、ちょっとしたことでもイライラしやすく、判断力も低下します。

ちなみに、一旦 興奮・緊張によって乱れた自律神経のバランスは、数時間はそれらの影響を引きづります。

つまり、1日の内 午前中は、パフォーマンスが低下した状態で仕事をこなさなければならなくなるのです。

そうならない為にも、


朝の過ごし方が大事になってきます。

自律神経を整えるには、朝の過ごし方が大事。では、どのような朝の過ごし方が、自律神経を整えるのに効果的なのか?

今から1つ1つ解説して行きたいと思います。


これら3つを行うことで、交感神経が過剰に働きにくくすることができ、徐々に副交感神経から交感神経へとスムーズに切り替えることが出来るようになれます。

その1日を、適切な自律神経のバランスで過ごすことが出来るようになります。


自律神経を整えるには、朝の身体のチェック

先ほど、自律神経を整えるには、以下も大切だ。とお伝えしましたが、簡単に解説したいと思います。

■1.朝目覚めた時に、自分の状態をチェックする。■
□ 朝起きた時に、疲れを感じているか、起きるのが辛いと感じているか。
□ 胸やけがするか、しないか。
□ お腹に不快感がないか、どうか。
□ めまいがする…などの体調不良がないか、どうか。

これらを、朝起きた時にチェックしてみて下さい。

というのも、副交感神経を優位に働かせるためには、自分自身の身体の状態を知ることが大切だからです。

自分の状態をチェックすることで、その日の自分、病気のサインをきちんと知ることが出来るようになります。

毎朝チェックしていると、今まであまり気づかなかった「 疲れ、めまい、むかつき 」 などの症状に気づくことが出来るようになれます。

疲れの疲労度も、重度、軽度とありますから、その日の自分の疲れのレベルを知っておくと、対策を立てることも可能になります。


たとえチェックが入っても、心配する必要はありません。

特に、2日間ぐらいチェックが入った状態でも、3日目に状態が改善できれば問題ないからです。

大抵の場合、1日2日、上記のチェックが入ったとしても、朝の過ごし方を気を付け、ブログでも公開している 自律神経を整える方法を実践すれば不調は軽くなるはずです。

 >> 自力で自律神経のバランスを整える方法はコチラ


しかし、1週間~2週間 不調が続いた場合には、何らかの病気のサインである可能性があります。

そのような場合は、病院に行って検査してもらうことをお勧め致します。

仮に、検査しても病的な原因が分からなかった…としても、少なくとも大きな病気が原因ではない。ということは、分かるからです。

深刻な病気ではなかった…というだけでも、検査することに大きな意味があります。


「 1週間~2週間 不調が続いた。」

その状態をほおっておいたら、きっと今よりももっと不安が強くなるはずです。

「 もしかしたら、何かの病気なのかも知れない… 」
「 もし、重い病気だったらどうしよう… 」


時間が経てばたつほど、症状が悪化すればするほど、それらの不安は大きくなります。

そして、その “不安” はストレスですから、余計に交感神経が過剰に優位になりますから、自律神経のバランスが乱れます。

それらが長く続けば続くほど、本格的に病気になってしまう可能性が高くなるのです。

自律神経を整えるには、上記のチェックでご自身の状態を把握する。

その上で、1~2週間 不調が続いた場合には、病院に行って検査をしてもらう。

それで医師から、「 特に問題ありません。」 と言われることが大切なのです。

病気なのか、どうなのか? それを知ることが出来るだけでも、ずいぶんと安心感が違いますから。

それによって、副交感神経が優位になってくる要因にもなってきます。

■まとめ■
1.上記の自律神経を整えるチェック法を行い、ご自身の健康状態を知る。
2.もし、1週間近く チェックが入った状態が続き、更に2週間たっても症状が変わらない場合は、病院に行って検査をして頂く。
3.検査は、医師からの「 特に問題はない 」という安心をもらうために行くもの。
4.その安心感が、自律神経を優位にさせ 自律神経を整えるのに役に立つ。
5.そして更に、このブログで公開している動画を試しながら自律神経のバランスを整える。

自律神経を整えるには、まずは、上記のチェックをしながら、ご自身の健康状態を知ることが大切です。

それが、病気を予防することにも繋がりますし、病気のサインを見逃すことなく、早期発見・早期治療にもなります。

ぜひとも、ご自身の健康を守るためにも、今回の内容を試してみて欲しいと思います。

>> 前回の記事「 感情のコントロールができない!そんなあなたへ… 」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
感情のコントロールができない…そうなる前にコレが効果的!

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

もしあなたが、つい怒りを爆発させて 怒鳴ってしまったり、悲しんでしまったり、強い不安に襲われ 夜も眠れない…。

そのため、今までいろんな感情をコントロールする本などを読んで試してみたけど、上手く行かなかった…というご経験がある場合は、今回の内容を試してみて欲しいと思います。

今からお伝えする感情のコントロールをする方法は、体の使い方にあります。

実は、私達人間は、体を動かすことによって、ある程度 気分や感情をコントロールすることが出来るのです。


なぜならば、心と体はつながっているからです。

思い出してみて下さい。

これまで嬉しかった時、あなたはガッツポーズをしたり、嬉しさのあまりスキップをしたり、飛んだり跳ねたりしながら、無意識のうちに体でも喜びを表現したことがあるのではないでしょうか?

悲しい時、怒っている時も、うつむいたり、何か物を叩いたりして当たったり、地団太踏んだり、何かしら行動に表したことがあるはずです。

このように、心と体はつながっているんですね。

そう。スキップしながら、怒ったり悲しんだりは出来ませんよね。

逆を言えば、悲しい時、怒っている時など、感情のコントロールができない時こそ、嬉しい時などに体を使って表現する動きをすることで、気分や感情をリセットすることが可能になる と言えるのです。

悲しい時、怒っている時こそ、スキップをしたりするなど体を動かすと、怒りや悲しみ、悩みごともスーッと軽くなってきます。

山登りも良い例だと思います。

頂上に登って素晴らしい景色を見たら、とても小さいことで悩んでいたな…など、気分がスッキリ晴れる経験があるはずです。

悲しいこと、怒り、悩み事などある時は、頭で考えようとせずに、体を動かす。たとえば、好きなスポーツをするなど。

分かりやすい例が、バッティングセンターです。

男性でも女性でも、仕事などで嫌なことがあったら、バッティングセンターに行ってストレス解消する方もいらっしゃいます。

あれは、体を動かすことで、気分や負の感情が吹き飛ぶから。というのも1つの理由です。


感情のコントロールができない…そうなる前に体を動かす。

スポーツでも何でもそうですが、試合前などは一流のアスリートでも、不安になることがあります。

しかし、いざ試合が始まれば 「 上手くいかなかったらどうしよう… 」 という不安も吹き飛び、試合に集中しはじめます。

これは、体を動かすことで不安や負の妄想を止めることが出来るからなのです。

怒っている時は交感神経が過剰に働き、体は戦闘モードになります。

怒りで体がブルブル震えたり、拳を握りしめているのも、交感神経が過剰になって身体が戦闘モードに入ってる証拠です。

しかし、スポーツ選手もやっているように、体を動かしたり、深呼吸したり、音楽を聞いてリラックスすることで過剰に働いている交感神経を落ち着かせ、自律神経のバランスを保つことが可能になります。

ですから、怒っている時、不安な時、悲しい時など、感情のコントロールができない…となる前に、体を動かしてみることをお勧め致します。

そうすることで、怒りや悲しみのボルテージをふっと下げることができるため、感情の爆発を防ぐことが出来るようになります。

もっと言えば、常日頃から何らかの運動を(好きな運動や スポーツであれば尚よい)行うことも、感情の爆発を防ぐ、感情をコントロールする方法の1つです。


イライラは自律神経の乱れのせい?

私達は、自分ではコントロールできない物に感情を翻弄され、苦しんでいることがとても多いです。

たとえば、分かりやすいところで言えば恋愛

あの人に好かれたい! 嫌われたくない!など、こう思われたい!という想い。

しかし、相手の感情はコントロール出来ませんし、操ることも出来ません。そう。自分ではコントロールできないのです。

ですが、私たちは自分ではコントロールできないものに対して、一生懸命コントロールしようとパワーを使い、疲弊したり、嫌な気持ちになったり、怒ったりしてしまいガチです。

結果、●●(相手の名前)のせいだ!と相手を攻めてしまうことって、私も含めて、誰もが一度は経験あるはずです。

自分ではコントロールできないものを、必死でコントロールしようとしてしまう。結果、誰かのせいで不快な思いをさせられている。

そう思うので、心が苦しくなって愚痴ったり、相手の悪口を言ったり、相手を攻めたりしてしまうのです。

それよりも、

■以下の3つが大切です■
1.相手はコントロールできないものだと理解する。
2. 親切にしたんだから、こう思われるだろう、こんな反応が返ってくるだろう 」 という期待をしないこと。
3.人の為( ひとのため )は、文字を足すと 偽 ( いつわり ) になる。つまり、人の為は、偽善であり 自分の為であること。

これらを理解し、受け入れることが大切であること。


それらを受け入れることが出来れば、いやな言葉や 相手の反応によって傷つくことも少なくなります。

また、もしかしたら、自律神経のバランスが乱れていることが要因で、些細なことでイライラしてしまったり、不安になったり、悲しい気持ちになっている可能性もあります。

なので、もし苦しい気持ちになった時には、「 それは、自律神経のバランスが乱れているからなんだ。」 と思っていただくと良いかと思います。

自律神経の乱れで感情が乱れやすくなっているため、決して自分を責めないで下さい。逆に、これは、自律神経の乱れのせいなんだ。と自分に言い聞かせながら、自分を励ましてあげることが大切です。

そして、自分を楽しませることを第一に考えてみて下さい。

たとえば、音楽が好きならば、好きな音楽を聞いたり、カラオケに行って歌ったり、コンサートやライブに行くのも良いでしょう。

映画が好きならば、好きな映画を見るのも良いです。

苦しいこと、不安なことをただじっとしているよりも、布団に入ってもんもんと考えるよりも、好きなことをして体を動かす。

そうすると、副交感神経が高まって自律神経のバランスが整うと同時に、感情も整ってきます。

もしあなたが、「 私は感情のコントロールができない 」 とお悩みならば、また、感情が爆発してしまいそうな場合は、その一歩手前で上記のことを試してみて下さい。

フツフツと沸き起こった怒りの感情が、徐々に治まっていくはずです。

>> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
>> 前回の記事「 イライラは自律神経の乱れを招く!具体的な対策 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)