自律神経失調症改善方法 │ 述べ1万人を改善【大阪 整体】

自律神経失調症の治療法・パニック症候群の治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。述べ1万人を改善へと導いてきた自律神経失調症の治療法を公開しています。只今、動画で30分後には心身の不調を改善させる方法を公開中!

NEW !
テーマ:
●自力で出来る自律神経失調症改善方法・パニック症治療法を公開

最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、
かねもと鍼灸整骨院の金本 博明です。

数ある中から、私のブログにご訪問下さり ありがとうございます!

私どのも治療院へ寄せられるお電話や、メールの内容の多くに、

「金本さんの自律神経失調症の改善方法を受けいたと思うのですが、
治療院へは遠くて行くことができません…」


というお声がたくさん寄せられます。


そこで、今回は、その悩みを解決するために、ご自宅でもできる
自律神経失調症改善方法を、動画で公開したいと思います。

まず、自律神経失調症の原因の一つである、ストレス時になりやすい
肩すくめをしているとコリやすい“肩甲挙筋”についてお話します。

この僧帽筋のコリは、肩が凝ったと感じやすいのですが、
この肩甲挙筋は、コリがあっても自覚症状として、肩が凝った
と あまり感じない筋肉
なのです。

自律神経失調症やパニック症の方は、ほぼ例外なく、この筋肉のコリが
みられるので、ぜひお試し頂いて 心身の不調の改善にお役立て下さい。

動画で分かりやすく、自律神経失調症改善方法・パニック症改善の
手法を公開していますので、ぜひ、集中してご覧ください。


さらに効果的な、自律神経失調症改善方法・パニック症克服法を、
下記サイトから、“完全ノーリスク”でご体感いただけます。

>> 自力で心身の不調を改善したい方は、コチラ をクリック!
いいね!した人  |  コメント(255)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
・仕事や勉強のスランプ脱出方法をお教えします。

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて 今回は、仕事や勉強のスランプから脱出する方法をお教えしたいと思います。

というのも、仕事や勉強が上手くいかない時、調子が悪い時は、往々にして自律神経のバランスが乱れていることが多いです。

それによって心身のバランスも乱れ、調子が悪くなり、負のスパイラルに陥った状態になる。それが、スランプの状態です。

プロのスポーツ選手でさえ、スランプに陥ることもあるほどなので、人間である限りは、誰であれスランプがあるのは当たり前です。

今回は、そのスランプから脱出する方法を1つご紹介したいと思います。


人間は誰しもスランプがある。

まず、スランプから脱出する方法の前に、以下のことを認識し受け入れることが大切です。

●人間は、誰しもスランプになることがある。ということ。

トップアスリートでさえスランプに陥るのですから、私たちもスランプになることはあって当然です。

仕事でも勉強でも、上手くいかないことがあるのはあって当然なんですね。

しかし、そのことを認め、受け入れていなければ、「 早く抜け出さなければ!」とか、「どうして上手くいかないんだ!」とか、自分を攻めたり 焦ってしまうばかり。

当然、焦れば焦るほど上手くいなかくなり、更に悪い状態に陥ります。

この時、実は体は、呼吸が浅くなってしまい、副交感神経の働きもとても悪くなっている状態なのです。

副交感神経の働きが悪いため、結構も悪くなっており、思うような結果が出せない状態になっているんですね。

なので、本などで スランプ脱出法のやり方を読んで実践しても、自律神経のバランスを整えない限りは 上手くいかいのは当然です。


呼吸が浅くなると、自律神経は乱れます。

過度なプレッシャーや緊張した場面では、交感神経が優位になり過ぎてしまい、自律神経のバランスが乱れ、いつものパフォーマンスが発揮できにくくなります。

呼吸も浅くなり、より一層自律神経のバランスが乱れ、血液の流れが悪くなり心身の調子が悪くなる。

そして、負のスパイラルに嵌った状態が、スランプの状態と言えます。

では、どのようにすればスランプから脱出できるのか?

その、スランプから脱出する方法の1つとして、


冒頭でお伝えした、以下の部分ですね。

「まず、スランプから脱出する方法の前に、人間は、誰しもスランプになることがある。ということを認識し、受け入れることが大切です。」

これを認め、受け入れると焦ることが手放しやすくなります。

もし焦っているな…と思ったら、

■スランプから脱出する方法■

1.その都度 「 焦ることは悪いことではないこと。スランプは人間であれば誰でもあることなんだ。あって当然なんだ。」

2.それを、呪文のように唱え、自分に言い聞かせること。

4.その上で、焦る必要は特にないこと。いつものルーティン(いつも行う動作)の動きを、ゆっくり行うこと。


たとえば、あなたが仕事前に必ず ストレッチをしたり、ウオーキングなど軽い運動をしてから仕事に入る。

のであれば、その動作をゆっくりしたリズムで行う。ということです。

日々のルーティン化は、自律神経のバランスを整える上でも、非常に有効であり、仮に、自律神経のバランスが乱れた時にも、整えやすいのでルーティン動作を取り入れることはとても良いことです。

しかし、スランプに陥ると、このルーティン動作が慌ただしい動作になっていたり、ルーティン動作をやっていなかったりしていることが多いです。

そのため、気持ちが落ち着かなくなり、自律神経のバランスをより一層 崩してしまうのです。

なので、そのようなスランプに陥っている時は、ルーティンの動きをゆっくりしてあげると、自ずと呼吸も深く、ゆったりとなり、血液の流れもアップし、本来のリズムを取り戻すことが可能になります。


ゆっくり動くと、副交感神経の働きが高まる。

太極拳などがそうですよね。

非常にゆったりとした動作ですが、あれは、ゆっくり動くことで自然と呼吸もゆっくり、しかも、深い呼吸になるため、副交感神経の働きも高まり、自律神経のバランスが整うからです。

病院の検査では異常の見られない、「 片頭痛、肩こり 」

これらも、もし病院の治療や電気、マッサージ、湿布などで改善しないようでしたら、自律神経のバランスを整えてみて下さい。

ゆったり深呼吸して自律神経のバランスを整えると、血流が良くなり、片頭痛や肩こりが改善することもあります。

便秘も同じです。

消化器系は副交感神経がコントロールしています。

ので、自律神経のバランスが乱れると、消化器系の機能も低下します。

そのような状態で、もがけばもがくほどストレスを感じ、自律神経のバランスも乱れ、余計に心身の不調を招く、スランプに陥る要因にもなり得ます。

なので、上記のスランプから脱出する方法を試してみて下さい。

■スランプから脱出する方法■

1.まず、人間は、誰しもスランプになることがある。ということを認識し、受け入れる。

2.焦っているな…と感じた場合、その都度 「 焦ることは悪いことではないんだ。スランプは人間であれば誰でもあることなんだ。あって当然なんだ。」

3.それを、呪文のように唱え、自分に言い聞かせること。

4.その上で、焦る必要は特にないこと。いつものルーティン(いつも行う動作)の動きを、ゆっくり行うこと。

それらを行うことで自律神経のバランスも整い、自然と スランプから脱出することも出来るようになってきます。

仕事や勉強など、より効率よく、かつ、パフォーマンスを発揮する為の対策も思いつき、改善していくことが出来るようになります。

何はともあれ、スランプから脱出する方法で大切なことは、


そのことを認め、受け入れることが第一歩です。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 え?ストレートネックの原因は胸の張り過ぎ!?」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ストレートネックの原因と対策

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて 今回は、ストレートネックの原因と対策をお伝えしたいと思います。

実は、自律神経失調症の要因には、ストレートネックもあります。

ストレートネックとは、真横から見て首の骨が真っ直ぐになっている状態のことを言います。

通常は、横から見た場合、首の骨はバナナの形のように曲がっているのが普通です。

バナナの方のように曲がっていることで、衝撃を吸収しているからなんですね。

しかし、ストレートネックになると、それらの衝撃を吸収することもできなくなるワケですから、当然、負担がかかります。

そして、首には脳への太い血管や 自律神経などの重要な神経も走っているワケなので、大きな影響を及ぼします。

その影響で、自律神経のバランスを崩し 自律神経失調症を招く要因の1つにもなるのです。


ストレートネックの患者さんが増えている。

私の元に来られる方でも、年々ストレートネックの方が増えてきています。

バナナのように曲がっていないストレートネックは、肩こりや首こりが酷くなりやすいため、頭痛やめまい、手のしびれの原因にもなります。

もちろん、首こりから自律神経のバランスを崩し、自律神経失調症を招く要因にもなり得ます。

ストレートネックの原因は、いくつかあります。

■1.ストレートネックの原因:うつむき姿勢■
これは、パソコンやスマホが普及したことで、うつむき姿勢を長時間とる人が増えたからだと言われています。

実際、スマホやパソコンをしている人を横から見てみて下さい。

背中が丸まったり、うつむき姿勢になっているはずです。

事務職などにも、この姿勢の傾向が多くみられます。

■2.ストレートネックの原因:胸の張り過ぎ■
そしてもう1つ、うつむき姿勢と関係が深いのですが、胸の張り過ぎもあります。

しかし、


なぜ胸の張り過ぎが、原因になるのか?

その、胸の張り過ぎがストレートネックの原因になる理由を解説したいと思います。

姿勢に気を付けている方で、ついついパソコンや事務の仕事の関係で、うつむき姿勢なる。もしくは、うつむき姿勢になっているため、胸を張るよう意識している方は、必ずお読み下さい。

まず、立っている状態で腹筋を使わずに楽にして立とうとすると、胸を反るような姿勢になります。

腹筋は、肋骨の一番下側の骨と、骨盤を繋いでいる大切な筋肉であり、下半身を支える筋肉です。

そして、その腹筋は立っている時、その前面の腹筋を使うことが出来ます。

しかし、座った状態だと骨盤と肋骨は近くなるため、腹筋を十分に使うことが出来なくなります。

立っている時は、地中の重力の関係で 腰の辺りや 椎間板に負担がかかるため、腰から上の体重を支えるために腹筋・背筋は、とても重要な筋肉になります。

一方、座った時は、腹筋を使う機会が減るため、


背骨にかかる負担は1.4倍にもなる。

なので、事務の仕事など座った状態でお仕事をしている人でも、椎間板ヘルニアや 腰を痛めてしまうのはその為なんですね。

立っている状態よりも、座っている状態の方が腹筋のサポートが得られないため、背骨にかかる負担が大きいのです。

立っている状態でも、腰への負担はかかるワケですから、その負担を減らすには、胸を張るなどの反り返った姿勢だと楽になります。

下腹のお腹がポッコリでるのも、腹筋を使わないから出るので、裏を返せば腹筋が弱い証拠である。とも言えるでしょう。

背骨の負担を軽くするために、胸を張って反り返る。

その状態で顔を正面に向けた場合、ちょうど猫背のような肩も丸まり、頭と首が前に突き出た姿勢になってしまうのです。

この状態をレントゲンで写した場合、ストレートネックになるワケです。

これが、ストレートネックが胸の張り過ぎによることも原因の1つ。という訳です。


場合は、ストレートネックになっている、あるいは、将来ストレートネックになる可能性が高いと言えます。

そして、そのストレートネックの原因は、上記のような普段の日常生活が原因である可能性が高いです。


ストレートネックでも、ある程度は改善できる。

もし、あなたがストレートネックならば、ご安心下さい。

弊社の治療院でも販売しているのですが、「 頸椎牽引枕 」 といって、寝ながら首の骨を正しい位置に戻してくれる枕があります。

そのような枕を活用しながら、首の位置を元に戻す治療を行うことで、ある程度 ストレートネックを改善できます。

ストレートネックでお悩みの場合は、一度、アメブロのメッセージ機能でも良いですし、以下のページより最寄りの治療院に直接 お問い合わせください。

▼お問い合わせはコチラから

以上、ストレートネックの原因についてお送り致しました。
それでは、最後までお読み下さり ありがとうございました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 気分を感情を整える4つのポイント 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)