『人を大切にする人財育成・教育研修』 - 福岡ジンザイブログ

ジンザイは、結果の出せる-信頼力の高いリーダーを育成する専門家です。
福岡市及び近郊の中小企業を対象にご支援いたします。
教育・人事関連業務約32年の実績。
教育研修、人財育成コンサルティングならお任せください。


テーマ:


嫌われる勇気
アドラー心理学では、『褒めてはいけない、叱ってはいけない、

教えてもいけない』と言う。


まずは、「褒めてはいけない」について、

その理由は、

1.上から目線で相手を評価してしまう。

2.相手がその内、褒められないとモチベーションが上がらなくなる。

また、褒められたいがために、相手の望むような行動をとってしまい、相手の望む人生を生きることにつながる。

しかし、私は、会社勤務時代に社長を褒めたこともありますし、今でも自分より

立派だと思う社長を褒めることはよくあります。つまり、職位や年齢や性別にか

かわらず、素晴らしい行動・態度だと思えば素直にそのことを指摘したくなりま

す。ましてや、顧客先や知り合いの社長に対して褒める場合、上から目線など

ということは、まずあり得ません。

上記のような、アドラー心理学が指摘していることも一理あるかもしれません

が、唯一絶対では決してないと思います。

 ましてや、職場では、新人をできるだけ早く育てて戦力化するために、上司・

輩は、部下・後輩が教えた通りに正しく仕事ができるようになれば、褒めて自

をつけるのは奨励されるべきことだと思います。前述のように、時と場合に

よっては上から目線でもよいのではないでしょうか?上司・先輩が、正しい仕事

仕方を教えてくれているのであれば、正しくできるように努力をする。その時

に、上司から「うまくできるようになったな!」とほめられると自信がつくはずで

す。但し、気を付けたいことは「ほめられる」ということを期待しない事が大事だ

と思います。


アドラー心理学では、ほめないで「勇気づけ」

(相手が自分の力で自発的に難を克服するするよう、応援すること)をすることを推奨しています。

注)勇気=困難を克服する活力


詳しくは、アドラー心理学の図書を参照願います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ジンザイくんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。