『人を大切にする人財育成・教育研修』 - 福岡ジンザイブログ

ジンザイは、結果の出せる-信頼力の高いリーダーを育成する専門家です。
福岡市及び近郊の中小企業を対象にご支援いたします。
教育・人事関連業務約32年の実績。
教育研修、人財育成コンサルティングならお任せください。


テーマ:



『人を大切にする人材育成・教育研修』 - 福岡ジンザイブログ


本日(5/21)の日経新聞に「リーダーを輩出する」という記事が掲載されていました。


主な内容は以下の通り。


「リーダーは利他的で謙虚」、「リーダーは未来を構想し、具現化する力が必要」、「リーダーは、皆が危機感をいだいたときに現れる」【編集委員】


「リーダーは育てるもの」、「リーダーとは、《心知体》3つをあわせ持つ人」、リーダーシップを養う最も有効な方法は、実際にリーダーを経験すること」、「リーダーとして必要な要素は、①カリスマ性、②コミュニケーション能力、③卓越した《知識・見識》を持つ、そのためには、歴史を学ばなければならない、④すばらしいリーダーを輩出するには、リーダーを育てる仕組みを作らなければならない【ナガセ 永瀬昭幸社長】


上記内容については、すべて同感です。ただ1点、永瀬氏の言う「カリスマ性」についてのみ、違和感を覚えたのですが、氏曰く、『カリスマ性とは、根が明るく、人が親しみを持ち、好きになるような気質であり、苦境の際には場の雰囲気を変えられる人』とのこと。


カリスマ性をこのように定義するのであれば、納得です。



記事の中にもあるように、リーダーシップは先天的なものではなく、主に、経験によって身につけることができます。

ロミンガーの法則というものがあります。

その法則によると、リーダーシップは、主に、次の3つのことで身につけることができるというものです。


1.経験 70%

リーダーとしての立場になり、修羅場経験などを通じてみにつく


2.上司からの薫陶

恩師や上司・先輩からの薫陶(優れた教え/徳の力で人を感化し、教育すること)


3.研修 10%

リーダーシップについての教育研修や学習


その他、上記「2」にも関係しますが、身近に優れたリーダーだと思う方がいれば、その方の「一挙手一投足を見て真似をする」というのも良いのではないでしょうか?


上記3つのことを社内で仕組み化し、機会は均等に与え、その中から頭角を現した方をその都度リーダーの立場につけていく。計画的な育成の仕組みが必要です。

 そして、体験を通じて、《信頼力》(メンバーから信頼される能力)を身につけた方が、真のリーダーとして育っていくのです。


 規模の大きさに関係なく、企業が存続していくためにも、社内に真のリーダーを育てる仕組みを構築すべきです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ジンザイくんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。