住育から学ぼう〜

【住育】とは様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と
「住」を選択したり、見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。
(ウィギペギアより)

一般社団法人住まい教育推進協会認定
住育コンシェルジュ 三ツ井仁

NEW !
テーマ:

木材を利用することで
環境に寄与することとは。

 

「貯蓄効果」
「省エネルギー効果」
「エネルギー代替効果」

 

参照
IPCC第2次報告書:二酸化炭素抑制への寄与
「京都議定書」森林における二酸化炭素の吸収

 

 

「貯蓄効果」とは
木材・木製品を保持・使用すること。

 

「省エネルギー効果」とは
非木質系材料に代替することによる。

 

「エネルギー代替効果」とは
化石燃料に代替することによる

 

 

そして、新しい仕組みも学びました。

 

「伐採木材製品の炭素量」
住宅等に使用されている木材に貯蔵されている炭素量の変化を
各国の温室効果ガス吸収量又は排出量として計上できることとなった。

 

これにより
木材製品による炭素貯蔵量の増加が
地球温暖化防止に効果を有することが
国際ルールの中で評価されることとなった。

 

参照:林野庁HPより

 

 


ここは静岡大学農学部。

 

地元にありながら
初めての機会となりました。

大学。。。20年前を思い出してしまします。

 

 

木材の環境分野において
古材の活用の優先順位は高いとお話頂きました。

ますます古材活用の実用性が見えてきた瞬間です。

 

 

ただ私自身、勉強不足のせいか
数字や単語などについていけません。
これは大問題。
しっかりと勉強していきたいと思います。

 

 

Jクレジットの方法論策定にむけて
ギアをアップしていきます。

 

 

 

今日もありがとうございます

 

 

新暦 平成28年9月27日
旧暦 8月27日  蟄虫坏戸むしかくれてとをふさぐ

 

 

『 住育』

住まいを通じて未来の子ども達の成長を育みましょう

【住育】とは
様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を選択したり、
見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。
国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、住文化の継承、健康や、
良好な環境の確保等が図れるよう、自らの「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と
住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指す。
2006年に成立した住生活基本法の基本理念には、以下の4つが謳われている。
住生活の基盤である良質な住宅の供給
良好な居住環境の形成
居住のために住宅を購入するもの等の利益の擁護.増進
居住の安定の確保
これら基本理念において日本国民にとって「住育」が必要な教育であるといえる。
(ウィギペギアより)

一般社団法人住まい教育推進協会

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

戦前の日本の家族は
直系家族を重視する家父長制家族。

 

親子関係を重視する直系家族主義と言われます。

 

 

大家族の時代
年長者が家に同居することで
子ども達は社会生活に必要な知識を
親や祖父母など二世代から学ぶことができました。

 

 

また、近所付き合いや親戚との密接な人間関係は
子どもに社会全体について多くの教えを請うことができました。

 

いたずらすると
近所のおじさんが拳骨で殴ったりと
少々暴力的であっても
道徳や善悪などの教育をしてくれました。

 

 

これは地域みんなで、
子どものしつけを担ってくれていたということですね。

 

今の時代をみてみると
経済的に豊かになり
世代間交流が希薄な核家族が進みました。

 

 

個々がそれぞれ物質的な欲求に重きを置いた生活となり

それぞれが自立した家庭を築くようになりました。

 

地域の大人役の方々と接しても
環境が変わってきたように感じます。

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

 

新暦 平成28年9月26日
旧暦 8月26日  雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

 

 

『 住育』

住まいを通じて未来の子ども達の成長を育みましょう

 

 

【住育】とは
様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を選択したり、
見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。
国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、住文化の継承、健康や、
良好な環境の確保等が図れるよう、自らの「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と
住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指す。
2006年に成立した住生活基本法の基本理念には、以下の4つが謳われている。
住生活の基盤である良質な住宅の供給
良好な居住環境の形成
居住のために住宅を購入するもの等の利益の擁護.増進
居住の安定の確保
これら基本理念において日本国民にとって「住育」が必要な教育であるといえる。
(ウィギペギアより)

一般社団法人住まい教育推進協会

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お抱えの大工職人さんもいます。

 

時代に合わせてリフォームもされています。

 

毎日のメンテナンスもされています。

 

なにより

 

住まわれている皆様方が笑顔なところ。

 

そんな古民家にて
古民家鑑定と古民家動的耐震診断を実施しました。

 

 

静岡県古民家再生協会
会員の片川さんと花田さんと一緒に進めます。

 

 

とてもコンディションも良く
鑑定しながらうれしくなってしまいます。

 

 

床下からは
以前、営まれていたという牧場
そこで作られた牛乳瓶が出てきました。

 

引き続き
古民家動的耐震診断。

 

静岡県では
暫定的に耐震工事費の補助金が増額されるようです。
今、県議会に上程されるとのこと。

 

熊本・大分震災被害を検証した上で
新しく決められた模様。

 

多くの方々に利用頂けると嬉しいですね。

 

1ヶ月後の鑑定・診断結果の提出まで
しばらくお待ち下さい。

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

 

新暦 平成28年9月25日
旧暦 8月25日  雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

 

 

『住育』

住まいを通じて未来の子ども達の成長を育みましょう

 

【住育】とは
様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を選択したり、
見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。
国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、住文化の継承、健康や、
良好な環境の確保等が図れるよう、自らの「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と
住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指す。
2006年に成立した住生活基本法の基本理念には、以下の4つが謳われている。
住生活の基盤である良質な住宅の供給
良好な居住環境の形成
居住のために住宅を購入するもの等の利益の擁護.増進
居住の安定の確保
これら基本理念において日本国民にとって「住育」が必要な教育であるといえる。
(ウィギペギアより)

一般社団法人住まい教育推進協会

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。