住育から学ぼう〜

【住育】とは様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と
「住」を選択したり、見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。
(ウィギペギアより)

一般社団法人住まい教育推進協会認定
住育コンシェルジュ 三ツ井仁

NEW !
テーマ:

「ハギリ」と「タサ」

 

 

 

「ハギリ」とは、柱身をさします

「タサ」とは、コーヒーカップ状の石をさします。

 

 

 

(写真:ラッテストーン公園)

 

 

「ラッテストーン」

 

こけしのようなユニークな形をしたラッテストーンは
9世紀から15世紀の「ラッテ期」と呼ばれる時代に
数多く作られた巨石遺跡です。

 

 

ラッテストーンは
高床式住居の土台として使われていたというのが有力な説です。

 

その理由の一つとして
ラッテストーンは必ず8基や10基が長方形に並んだ形で発見されています。

 

 

人々はその上に家を建て
暮らしていたと言われています。

 

 

(写真:ラッテストーン公園)

 

 

それを裏付けるように
1565年にメキシコからフィリピンへ向かうスペイン船の乗組員が
マリアナ諸島に立ち寄った際
当時のチャモロ人の家屋の様子を次のように書き残しています。

 

彼らの家々は高く
上手に建てられ耐久性も高い。
それらは地面から人ひとり分の高さの大きな石の柱の上に建てられていて
その上に床が敷かれている
・・・中略・・・
それらが彼らの眠る家である。

 

 

村々の重要な建築物の基礎として使われたようです。

 

まさに古民家の土台。

 

 

現在まで資料はほぼ残っていないようですが
生活するにあたり考え出した
構造物なのかもしれません。

 

 

今、この形はグアムにてシンボル的な存在になりました。
あらゆるところでこの形を見ることができますね。

 

 

 

グアムの古民家の原型に出会えた瞬間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

 

新暦 平成28年12月5日
旧暦 11月7日  橘始黄(たちばなはじめてきばむ

 

 

『 住育』

住まいを通じて未来の子ども達の成長を育みましょう

【住育】とは
様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を選択したり、
見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。
国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、住文化の継承、健康や、
良好な環境の確保等が図れるよう、自らの「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と
住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指す。
2006年に成立した住生活基本法の基本理念には、以下の4つが謳われている。
住生活の基盤である良質な住宅の供給
良好な居住環境の形成
居住のために住宅を購入するもの等の利益の擁護.増進
居住の安定の確保
これら基本理念において日本国民にとって「住育」が必要な教育であるといえる。
(ウィギペギアより)

一般社団法人住まい教育推進協会

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

好きな家事・嫌いな家事

 

みなさんにも得手不得手はありますか?

 

 

 

最初に好きな家事についてみてみましょう。

 

 

 

第1位は「日用品や食料品の買い出し」

その理由を聞いては
「買い物はストレス解消にもなる」
「新しいもの、便利なものを発見するのが楽しい」
「いかに安く買うか考えるのが好き」など

 

2位は「料理」

こちらの理由は
「メニューを考えることから始まって、材料をそろえて調理する一連の作業が楽しい」
「おいしいと言われるとうれしい」など

 

 

3位は「洗濯物を干す」

キーワードは「すっきり」と「達成感」
「きれいに干せたときのすっきり感が好き」
「柔軟剤の香りがして、きれいになった達成感がある」など

 

 

では嫌いな家事をみてみましょう。

 

1位に輝いたのは「風呂掃除」

その理由は「汚れがつきやすいので、キレイにするのに労力が必要」が多いようです。

 

2位に「トイレ掃除」

「細かい隙間を掃除しなければならず、非常に面倒」
「掃除しても、すぐにまた汚れる」など。

 

3位には「床をぞうきんがけする」

「腰や首が痛くなる」
「ぞうきんがけをする前に、片付けと掃除機をかけなければならず時間がかかる」など

 

 

資料参照:SUMO HP

 

 

 

掃除は面倒くさいと感じている方々が多いようです。

 

確かに。。。

 

 

どうせやらなきゃいけないものなら
楽しく、楽にやりたいもの。

 

 

ちょっとしたコツや
考え方の方向転換で
ストレスがたまらないようにしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

 

新暦 平成28年12月4日
旧暦 11月6日  橘始黄(たちばなはじめてきばむ

 

 

『 住育』

住まいを通じて未来の子ども達の成長を育みましょう

【住育】とは
様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を選択したり、
見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。
国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、住文化の継承、健康や、
良好な環境の確保等が図れるよう、自らの「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と
住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指す。
2006年に成立した住生活基本法の基本理念には、以下の4つが謳われている。
住生活の基盤である良質な住宅の供給
良好な居住環境の形成
居住のために住宅を購入するもの等の利益の擁護.増進
居住の安定の確保
これら基本理念において日本国民にとって「住育」が必要な教育であるといえる。
(ウィギペギアより)

一般社団法人住まい教育推進協会

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

持続可能な循環型建築社会の構築

 

私たち古民家鑑定士が常日頃、心にとどめている思いです。
もちろん、住育を進める自身にとっても
大切なこと。

 

 

そのスタートは
古民家鑑定です。

 

 

その古民家の価値を見いだすことによって
未来が描かれます。

 

 

そこにある古民家。
古民家鑑定士を待ち望んでいるのかもしれません。

 

 

この日は
静岡県三島市にて
古民家鑑定士講習・試験です。

 

 

一人でも多く
古民家の未来へ
道筋を描ける鑑定士が
誕生することを願います。

 

 

 

 

 

立ち止まるわけにはいきませんね。

 

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

 

 

 

 

 

新暦 平成28年12月3日
旧暦 11月5日  橘始黄(たちばなはじめてきばむ

 

 

『 住育』

住まいを通じて未来の子ども達の成長を育みましょう

【住育】とは
様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を選択したり、
見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。
国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、住文化の継承、健康や、
良好な環境の確保等が図れるよう、自らの「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と
住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指す。
2006年に成立した住生活基本法の基本理念には、以下の4つが謳われている。
住生活の基盤である良質な住宅の供給
良好な居住環境の形成
居住のために住宅を購入するもの等の利益の擁護.増進
居住の安定の確保
これら基本理念において日本国民にとって「住育」が必要な教育であるといえる。
(ウィギペギアより)

一般社団法人住まい教育推進協会

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。