佐々木健二公式ブログ「ジンケスパイダー2」では……。音楽、プロデュースワーク、ライター、ツアー、イベント、株式会社ジェイクランプ(j-Clamp)、アパッチバズーガーズなど、佐々木健二周りの出来事を中心に書いています。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月07日(土) 23時36分17秒

どデカイスクリーンの下、コンダクターのカール・デイヴィス率いる新日本フィルハーモニー交響楽...

テーマ:ブログ
2016年05月06日(金) 23時01分43秒

ロック酒場探検隊隊長のサミー小川さんと恵比寿でお酒を飲み歩きました。 お話の中で、震災前...

テーマ:ブログ
2016年05月06日(金) 00時07分51秒

中野サンプラザを眺めながらジンケトリオの収録。今夜はシンが欠席でした。特集はアレサのファー...

テーマ:ブログ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年05月05日(木) 13時12分55秒

5月29日(日)静岡県静岡市由比で「防災ラジオ番組づくり体験」を実施する事になりました。

テーマ:ブログ




5月29日(日)静岡県静岡市由比で、
「防災ラジオ番組づくり体験」を実施する事になりました。



対象者は小学生から高校生。



東日本大震災の後、ラジオが役にたったと避難所に避難されている方、被災者から伺いました。特に(熊本地震でも次々と開局している)臨時災害放送局は地域の方の情報元として重要だった事。



しかし、臨時災害放送局の場合、喋り手は「未経験者」の地元住民が担当する事が多く「どんな風に喋ればいいのか?」と戸惑いながら情報を発信していたそうです。印象的だったのは「笑いを誘う発言は、どのタイミングから喋ればいいか」、「実は訛っていたり、方言で話した方が安心感を与えることができた」、「伝わりやすいレポートのやり方がわからなかった」、「知っている人の声や子供達の声がラジオから流れてくると気持ちが明るくなった」など経験者じゃないと得ることができない事がたくさんありました。



この貴重な経験や方法を、まだ大災害にみまわれていない地域に伝えれないか?地元にラジオが無い地域に「ラジオ」があるといった意識を持ってもらえないか?と取材しながらずっと考えておりました。



今回、由比を選んだのは「町の背後がすぐ山になっている地形(地すべりの危険)」、「1854年、安政東南海地震の大きな揺れで倒壊、焼失、津波襲来で壊滅といった記録がある」、「地元のラジオが無い」、「協力してくれる仲間がいる」といった理由からです。



まずは、自分にとって身近なところから実施したいなと考えました。



内容はバラエティ番組を想定した1分オープニングを僕と組んでやってみる。東日本大震災で活躍した高橋幸枝さん(元ラジオ石巻、現H@!FM)に災害時の喋り方、レポートのやり方を説明、参加者に実演してもらう。由比災害ボランティアコーディネーター杉山伸明さんに地元の危険地帯、避難ルートなどを説明。最後に簡単なテストをして成績優秀者には東日本臨災ネットワーク公認「子どもレポーター認定書」を授与するといった感じです。



遊びながら学んで「ラジオねー」と意識が残ってくれたらいいなと考えてます。



申し込み、詳細はこちら

http://ameblo.jp/jclamp/entry-12157147925.html






いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年05月03日(火) 21時34分49秒

とても、感動的なライブビデオでした。

テーマ:ブログ
2015年07月09日(木) 17時01分09秒

カブで東北、北海道を回った10年前の今日 11

テーマ:カブ全国ツアー




2005年7月7日~10日
岩手県盛岡市


7日
 朝から雨。気温12度。シンのお母さんが畑から獲ってきたウドを天ぷらにしてくれました。うまかったー。腕を怪我しているのに、なんだか申し訳ないっす。


 仏壇に向かい亡くなったシンのお父さんに「泊めていただき、ありがとうございました。これからも僕らジンケトリオの事をよろしくお願いします」と手を合わせ七百をあとにしました。


 12時過ぎ、我が故郷、岩手県に入ると雨が小降りになりました。もうすぐ、カブによるコミュニティFM営業ツアーが終わりに近づいてきているせいか、なんとなくネガティブな気分になったりして。今、考えると「次の目標を作れるのだろうか?」と言った不安だったかもしれません。ツアー中は常に次の営業先に行くといった目標がありましたから。


 カブを道の脇に止め、物置小屋で雨宿りをし、シンのお母さんからいただいたおにぎりをいただくとホッとしました。


 15時30分、盛岡に到着。cFMに伺った後、実家がある雫石に向かいました。空を見上げると青空から太陽の光が差し込んで御所湖に反射していました。


 明日から10日まで岩手県に滞在。作家、斉藤純さん、古巣、劇団亜季のメンバーと食事、IBCラジオ生放送など予定はありますが、時間をみつけて温泉に行きたい。





普段はコンビニ弁当ばっかりなので、きちんとおかずが並ぶと、どれから食っていいか迷ってしまいます



座敷童がいるという金田一温泉です



雨のせいで川が氾濫しておりました



ヘルメットのシールドを開けて雨を浴びました。時々、やります。気持ちいいんですよね



それでも、寒さには勝てず。おにぎりを食べたら体温が上がりました



僕の故郷雫石。しばらく、御所湖に見惚れてました



8日



作家、斉藤純さんと。バイクの話をたくさん伺いました。あ、ブルースの話も



9日



実家だと気兼ねなくモバイルの充電ができます。いやっつーくらい充電しました


劇団亜季のメンバーと。10代後半あたり、とってもお世話になりました


10日




盛岡市内になる旧岩手銀行本店。東京駅を見たとき、「あ、岩銀だ!」と思いました(笑)


盛岡冷麺です。うまいんですよねー。最高なんですよねー




というわけで当時のmixi



ホームタウン盛岡へ
2005年07月07日07:36
やっぱし、寒いなあ。今日はだらだらと続く坂を登っていく道らしい。プールの授業なのに海パンを忘れ、その後、津波に襲われ、車ごと流されるといった夢をみました。



十和田市で給油、缶コーヒー。
2005年07月07日11:01

結局、南部青森はずっと雨でした。これから青森は雨なんだろうな。空気が心地よくキリッと冷たい。スティングで行きますかねー。



岩手県の二戸を通過。
2005年07月07日12:36

四号線はトラックが猛スピードなので、怖いっす。道路が狭いので、後ろからあおられますよ。景色を楽しめまへんなあ。なーんか、ここで野営してショーチューでも飲みたい気分。



ゴッチン(メシ)
2005年07月07日14:11

豪雨ですなあ。気温は13度で、体が冷えて震えますわ。でも、シンのおっかさんか、持ってけとくれたオニギリがあるのでいいのだ。雨の中でもホットな気持ちになりますぜ。よーし、盛岡までがんばるぞー。雨よ、もっと降りやがれってんだ。わお~ん。



盛岡さ着いだ~。
2005年07月07日17:06

さんざん、降っといて、着いたら晴れるなんてよぉ。一瞬だったが日差し強いぞ。長靴の僕は、若干アホっぽいです。どーれ、雫石にチンタラ行くかあ。俺の街だあ。



一番、ゆったりするもの
2005年07月07日22:00
激しいビールでもなく、異国のウィスキーでもなく、古式ゆかしい日本酒でもなく。ショーチューの水割りという事に気づきました。ロンドン、大丈夫かなあ。



カブちゃんと牧場へ
2005年07月08日14:58

今ひとつ、集中力に欠けているので、 缶コーヒーを買いにGO。 自宅から、5分も走ると小岩井農場なんですよ。 故郷は北海道的だったのだなと、 あらためて「いいじゃない」と実感しましたです。 さて、今夜はマイミク「酉仁さん」と飲み会じゃあ。 酉仁さんのカブ話も聞きたい。



熱い北夜。
2005年07月08日21:02

マイミク、酉仁さんと飲みました。ロック酒場では温度が四度あがりましたねー。何かにかける思い、これが大事だな。酉仁さんは、玉のような汗をたらす、ブルースマンでした。熱くなきゃ、冬を乗り切れないのだと実感しましたなあ。オオタニさん、二次会で終わったのでご安心を。



香ばしい茶
2005年07月09日08:26
昨日、青空が覗き始めたのに、本日、天気がよくないですなあ日中、原稿&データ整理。バイク屋さんに行ってチェーンの調整とオイル交換。夜は地元の劇団員との飲み会であります。おっかあが出した、そば茶がやたらうまかった。はまりそうだあ。



役者をやっていた時期がありました
2005年07月10日00:41

十代に所属していた劇団員と飲みました。 メジャーの映画に出演したり、ガンガン活動してるみたいですな。 いまでも、ケンジ、ケンジと呼び捨てで呼ばれるのが嬉しかったなあ。 腹へった~。よっぱらってしまったので牛丼が食いたいですー。


盛岡は雨が降ってます。 明日の生出演までに晴れるといいのになあ。



レッツ雨ー!
2005年07月10日10:37
盛岡、雨でござる。
生出演のためIBC(岩手放送)に行けなければならないのだけれど、 やっぱし、カブちゃんで行くべきだよなあ。 ユースの会員継続手続き、明日からの地図データの切り出し、 新しい乾電池の購入、資料の整理、おっとう、おっかあのリクエストなど、やらなきゃならんことが、いっぱいだあ。


カブちゃんで走ってるときが一番自由だったりして。 お仕事、行ってきますー。



酒を酌み交すのも同じ。
2005年07月10日13:57

スタジオで生出演でした。いつもは電話出演だけど、面と向かって話すといいなあ。営業でも相談でもライブじゃなきゃねー。



ゴッチン(麺)
2005年07月10日19:28

盛岡冷麺でござる。最近は辛味無しが好き。どー考えても東京の冷麺は偽物と思えてしまうんですよ。環七と246の交差点にパワーラーメンって店があって、そこは唯一本物に近かったはずです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年07月08日(水) 09時48分12秒

カブで東北、北海道を回った10年前の今日 10

テーマ:カブ全国ツアー



2005年7月5日、6日
青森県むつ市



5日
すさまじい雨。豪雨です。カブを友人宅に数日間、放置していたせいかエンジンがなかなか、かからなかったです。でも、この単純さが好きです。


友人が「野辺地を過ぎると下北半島に入る。ほんとになーんにも無いぞ!」と言ってましたが、本当に原野でした。まるで北海道みたい。でも、先日までの東京のパワーにやられていたので気持ちがよかったです。


むつ市のFMアジュールの生放送出演後、局長に「こったにデッカイ、レバー食わせてやるぞー。一杯、どう?」と飲みに誘われたのですが、すでに宿をとっていたので泣く泣くお断りしました。かーっ。


宿に着くと、すっかり体が冷えたので焼酎のお湯割りを注文。夕飯を食べながらテレビを見ていたら下北地方は100ミリを超える雨だったと言っていいました。どうりで、すんごい雨でしたもの。




手がふやけてしまいました



野辺地を過ぎると本当に風景が原野っぽくなってきました。写真奥は海。下北半島のくびれのあたりです



忘れてた!むつ市にはこれがあったんでした



今(2015年)もFMアジュールさんにはお世話になっております





6日
民宿を出ようとすると窓からオバちゃんが顔を出してニコニコしていました。


「どごがら来たの?」
「東京です。おばちゃんは?」
「岩手、となりの。花巻から」
「俺、雫石です」
「はー、んだば、この辺りあかるいんだ」


昨日、おばちゃんは大雨の中、恐山に行ってきたらしいです。


「兄弟6人でがんばって登ってきたよお」
「いやいやー、がんばってますなあ」
「んだばねー」

「まんずねー」

岩手の訛り、方言を聞いて、
なんだか実家に帰りたくなりました。


七百にあるジンケトリオのシンの実家に戻る途中、廃止になった南部縦貫鉄道の跡を見ました。大雨でしたが探検隊ばりに追跡しました。廃線好きとしては、楽しかったー(笑)




お世話になったお宿。気さくでいいところでした



八戸方面に南下してますので海が昨日とは左右逆です



まあ、「男」と書いて「オス」と読ませるのもわからないわけではないですが



2002年に廃止になった南部縦貫鉄道。レールがあったー



大雨でしたが廃線追跡の興奮が止まらず。天間林駅も発見。ああ、もう、最後まで行く



こういう看板がマニア心をくすぐるんですよね



終点到着!



最近ではレールバスイベントなどをやっているとの事(構内の撮影の許可をいただいております)



シンの実家に到着しました。仲間が集まって飲み明かしました



なしくずしで宴が終わっていく感じが好きです







というわけで当時のmixi


豪雨だあ。
2005年07月05日06:44
こりゃあ、覚悟決めていくしかない!と決心するほどの雨。寒くならないよう、長袖を着るかな。15時から生出演らしいので、8時30分には出るつもりです。



下北半島大雨洪水警報
2005年07月05日12:37

寒い、風強い、服も濡れる。しかし、なーんか楽しい。もっと降りやがれと、アクセル開けてます。ここいら、北海道みたいな景色ですよ。



ゴッチン(麺)
2005年07月05日12:43

麺ばっかしですが、あたしにとって麺がご馳走なんでしょーな。んで、下北半島で牛乳ラーメン。麺が柔らかいが、やっぱしうまい。しょっぱくて濃厚な牛乳って感じ。ワカメが、かなりいい仕事してます。



安い民宿
2005年07月05日18:08

3500円の宿を見つけた~。えらく安いなあと思ってたら、数年前にポータルサイトの仕事で問い合わせた宿、グリーンツーリズムでした。だからって、もっと安くなるわけじゃないけど。恐山に行くなら、ここがいいかも。いかねーけど。



airH"が圏外
2005年07月06日05:30
むつ市から横浜町あたりは電波弱いですね。場所によっては国道沿いでも、ボーダフォンが圏外。今日も雨で気温14度とさぶいっす。走るのが億劫です。怪我をした翌日、腫れて痛いのに似てるなあ。濡れたグローブがいやじゃあ。



横浜町という町。
2005年07月06日09:20

風車があって牛がいて、やっぱし北海道っぽい。ただし訛りが強烈ですな。「んなの財布さ、じぇねっこへってらべ?」「ん?わの財布さが?わんちかな」



ガキの頃のようで楽しかった。
2005年07月06日15:14

むつ市からの帰り道、数年前に廃止になったというレールバスを、野辺地からの20キロ、ずっと追っかけてました。レールのほとんどが剥ぎとられ、鉄橋はくちて、森と線路跡は同化してました。やるつもりじゃなかったけど、映画「鉄塔武蔵野線」みたいに、はまりました


ゴッチン(一品)
2005年07月06日22:02

友達がニンニクを持ってきた。違う友達がビールサーバーを持ってきた。僕はギターを弾いた。と言うわけで、生レバー、生演奏、生ビールの囲炉裏となってます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年07月04日(土) 14時06分06秒

カブで東北、北海道を回った10年前の今日 09

テーマ:ブログ



東京に戻った際、ジンケトリオと河野さんでトークライブ。渋谷クロコダイルにて。



2005年6月28日、7月4日
青森県八戸市、東京、青森県八戸市


6月28日
早朝、青森県の八戸港に到着しました。霧の中、ジンケトリオのシンの実家がある七百という町へ。七百には友達が何人かいて「一旦、東京に行かなきゃなのよ。7月4日に戻るからそれまでカブをシンの実家に預けてほしい」と頼みました。


十和田観光電鉄で三沢駅、そこからJRの普通列車を使い八戸駅へ。んで新幹線でびゅーんと東京。トークライブが2本、ジンケトリオの収録、ガッツリ睡眠などを7月3日まで。なんかやることがあってうれしい。


で、車内で書いたメモがあったので、ここにメモをメモ。


50CCのスーパーカブによる、
東日本、北海道コミュニティFM営業ツアー


★スタート
5月23日東京出発。群馬から三国峠を越し新潟県へ。新潟市から日本海側を北上し青森駅からフェリーで北海道へ。函館、小樽、札幌。留萌から日本海側を北上して稚内。その後、旭川を目指し南下。富良野から十勝平野方面に向かい帯広、釧路、根室へ。そして、根室から苫小牧まで一気に戻りフェリーで青森県八戸市へ。



・稚内市で走行距離が2000キロ
・ここまでのガソリン代が4612円
・旭川市で営業したコミュニティFMの数が120局※2004年の西日本、2005年2月の四国、九州も含む
・営業の成果。現時点で40局がネット局となっている




フェリーは空いてました。肉体労働系のおっちゃんが缶ビール飲んでるのを見て、僕もマネしました


カブも僕も4回目の船移動。カブも車と同じようにきっちり固定されます


八戸港は霧でした。知らない地域なので、どっちにいけばいいのかわかりませんでした。GPSだけが頼りでした


友人の克幸君。数年前まで東京にいましたが青森に戻り農業やってるとのこと


十和田観光電鉄七百駅。手前のレールに萌えまくり。最高です


七百駅は唯一の交換所があって、なかなかの広さです。手前の貨物も萌えポイント


十和田観光電鉄は2012年に廃止となりましたが三沢駅(画像)は健在との事。ここの蕎麦はとってもおいしい


「はやて」で東京へ。大宮あたりに差し掛かると窓から外の暑さが伝わってきました


東京到着。まずはお世話になっているオフィスマイカのみなさんにあいさつ


で、麺覇王(めんばーわん)というお店で乾杯しました



東京滞在中、いくつかのイベントに出させてもらいました。こちらは「わたしたち恋したい」というイベント。その後、僕が初めて制作するラジオ番組になると想像もしていませんでした




7月4日
東京は雨。先月28日に東京に着いた日の気温は36.6度と6月では40年ぶりの記録的な暑さだったようですが、今日は肌寒いです。西日本では豪雨、新潟方面は被害も出ているようです。


午前中に東京を出て青森県八戸市へ。市内にあるBe-FMに営業をした後、ジンケトリオのシンの実家に向かいました。その夜は友達がたくさん集まり、亡くなったシンのお父さんが建てた囲炉裏がある小屋で酒盛り。海産物の炙り&生ビールが最高でした。


明日は青森県むつ市のコミュニティFMへ。





新幹線っつったら、この顔です



八戸Be-FM。今(2015年)もお世話になっております



十和田観光電鉄で七百へ。廃止前に乗っておいてよかったー



シンの実家にて。シメは焼きおにぎりでした





というわけで当時のmixi



八戸港についたが。
2005年06月28日05:10

霧が発生していて、どごさ行けばいいんだか、オラ、さっぱりわがんねって。どっちさ曲がればいいんだべ。本州、わがんね~。



克幸の町
2005年06月28日08:15

古い友達の家にカブちゃんを預けました。東京から戻って、地元で農業をやってました。七百(しちひゃく)と言う駅も呼び方もいいなあ。やっと、青森に着たんだなあ。おっかさん、豚汁、ごちそーさんでした。



そろそろ大宮あたりかな。
2005年06月28日12:30

窓越しに熱を感じるなあ。暑いのかな。暑いよな。新幹線は早くて便利だけれど、日本を狭くさせてる原因のひとつですな。住んでる街の駅に着いたら、冷たい生ビールでも飲もうかな。砂肝が食いたい。新幹線が俺んちで停車したら嬉しいのにー。



暑い東京だ。
2005年06月28日16:57

さーて、飲みに行くかあ~。昨年はツアー&入院だったから、二年ぶりの夏なんだよなあ。ほんっとに、暑いなあ。





青森県へ
2005年07月04日07:13
荷物をまとめて、ラジオ音源を梱包して。FM局への連絡もしたし。9時までには部屋を出る予定。雨かあ。



八戸に着いたが。
2005年07月04日14:54

ここからさらに、本八戸駅まで行かなきゃならないらしい。しかも、ガキの頃に乗ってた、ディーゼル列車だし。新幹線の八戸駅は郊外なのであった。うーむ、東京モードだったので油断していた。



北の雨
2005年07月04日17:19

明日は雨の中を爆走だなあ。むつ市まで、がんばりますかね。岩手銀行って八戸にもあるのね。煎餅汁を食ってみたい。



ゴッチン(一品)
2005年07月04日21:54



シンの家で仲間と飲み会。今は亡きおとっつあんの作った囲炉裏で焼き鳥を焼く。しみじみと酒が進む。雨の音を聞きながら、おっかさんの話を聞く。青森の夜ですわ。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年06月27日(土) 15時09分56秒

カブで東北、北海道を回った10年前の今日 08

テーマ:カブ全国ツアー

2005年6月25日~27日
納沙布岬、釧路市、帯広市、苫小牧市


25日
昨日で北海道にあるcFMの営業はすべて終了したので、本日は最東端の岬、ノシャップ岬へ行ってみることにしました。気温18度と寒く、ジャンバー無しでは走れない感じ。すぐに手がかじかんできました。東京は梅雨で蒸し暑いっつーのに。さすが北海道。


ノシャップ岬に行く途中「北方領土返還」のエグイ看板が目立つようになり、岬に行くとそれが強くなっていきました。先日、テレビで沖縄の話題が出てましたが、こことは違う感覚。置き去り感が漂っているというか、ギスギスしているというか。双眼鏡をのぞくと島があり建物が見えました。自分の心をどう整理していいのか、腑に落ちないままノシャップ岬を後にしました。


今夜の宿泊地、釧路市の健康ランドまで約125キロ。50CCのカブで寒い中の連続走行で体力をかなり消耗しました。つーか、ここんところ休み無しできつい。そろそろ体力、限界っす。休みたいー。


明日26日は帯広まで約150キロを走り、27日は200キロ近くがっつり走って苫小牧へ。夕方、フェリーに乗って青森県八戸市へ。んで、28日の午前中、友人の実家にカブを預けて、夕方、お仕事のため新幹線で一旦、東京に戻る計画。東京に戻ったら寝る!とにかく寝る!なので、28日まで頑張らないと。


健康ランドに着きメールをチェックすると、父が足の一部をはく離骨折したとの事。旅先でこういった事を知ることは何度も経験していますが、毎回、何もできない自分がほんと情けないっす。夜中、寒くて何度も目が覚めました。体力を温存したいのになあ(泣)



昨日泊まった3畳の部屋です


北方四島を感じました


歯舞中学校です


こういった看板が連続でたってました



ま、とりあえずセルフタイマーで



各県の石を敷き詰めた希望の道。この先が北方四島との事



なんていう建物なのか。双眼鏡から見えた景色です



自衛隊がいて物騒な感じがしました


さてー、ノシャップ岬を出ますか


ほんとに日本なのか?みたいな感じ


護岸工事されていない川がありました



網の乾燥(?)もワイルドでした


天然の小川もいいっす


というわけで釧路駅。なんだか俗世間に戻った気分でした


今夜のお宿。健康ランドです。なんだか、ホッとしました



26日
夜中の雨が上がっていました。でも曇り。はー、体が重いー。なかなか、出発する気が出ませんでしたが、ジャンバーを着て、荷物をカブにつけ、ヘルメットをかぶって「ふーっ」と息を吐くとエンジンをかける気になりました。恰好とかシチュエーションって人をその気にさせるもんです。


途中、白糠で大漁祭りが行われていて立ち寄りました。年に一度の祭りでとても賑わってました。貝を焼く匂いがヤバいっす。たまらず焼き牡蠣を買って食いました。


会場では吹奏楽団が演奏し、子供たちは縁日で遊び、犬は全速力で走りまわり、大人たちは酒を飲んでいて、とてもいい感じ。いいなあ。そういえば3年前の秋、路上ライブツアーで東北を歩いていた時、福島県で五穀豊穣を祝う祭りに遭遇しました。田んぼの奥から笛や太鼓の音が聞こえて、ここと同じように人々はとても楽しそうでした。


海では大漁を願い、陸では豊作を願い一生懸命働く。本来はそれだけのために生きればいいんだな。そして最も喜ぶべきことはメシが食えること、そして最も感謝すべきことは人が集まり助けあっていること、そして最も大事なのは仲間、家族がいること。祭りの風景を見ていたら、なんだか泣けてきました。


おっちゃん達が竿を持って船に乗り込んでました。子供の遠足のような感じでした。船に乗り込むと竿を持ち投げるをふりをしてます。船が出ていくのをずっと見守りました。堤防から外に出る時、おっちゃんがこっちに手を振りました。


おっしゃー、帯広までもうひと踏ん張り走るかー。




ええ、おなじみの



できれば、僕もビール飲みたかった



このワンちゃんです。全速力、最高でした(笑)



なんか地方っぽくていいんですよね。吹奏楽



一個、サービス。やったー



とても心温まる釣り人の方々でした



途中、ライダーハウスがありましたが、なかなかの外観。今回は帯広のライダーハウスに行きます



久々のオイル交換であります



27日
13度。寒い!しかも雨!今日はなんとしてでも苫小牧までいかないと。でも、200キロはキツイー!というわけで早朝6時出発。日高あたりのGSで道の状況を聞くと苫小牧に行くなら峠を越えるルートでは無く門別の海岸ルートがいいですと教えられました。


すさまじい雨の中、すっかり体は冷え、手がかじかみました。門別でラーメンを食べて体を温めつつ夕方、苫小牧に到着。夜8時のフェリーに乗船できました。


客室に入り荷物を置いたとたん、全部の力が抜け、すべてOFFになりました。着替えもなにも、なーんにもしたくない。やっとの思い出ウィスキーボトルを手にしてクイっとやるとすぐに眠ってしまいました。




ごはんにチーズを乗せた簡単な朝食。まあ、いいっすよ



雨支度をしております



すぐに霧、そして雨



意味もなく存在確認の自撮り



ずーっと前、家族でここに来ました。この広場でお湯を沸かしてインスタントラーメンを食べました



雨がすごいの



ねー、雨、すごいでしょ。つーか、スリップが怖かったー



苫小牧のフェリーターミナルが見えた時、達成感がありました



左側のボックスはGPSを入れる防水ケースです。当時は東芝ジェニオでした



というわけで当時のmixi


最東端。
2005年06月25日09:45

とりあえずノシャップ岬まできました。北方領土の歯舞郡東が見えます。なんだろう、わかるような、わからないような。心が素直になれないなあ。帰ろうかな。釧路まで戻ろうって気になりました。



オール・サマー・ロング
2005年06月25日13:12

気持ちいいーっ!



釧路の健康ランドに着きました。
2005年06月25日17:11

北海道は夜明けが早いので、連日、4時に目が覚めてしまうのであります。風呂に入ったら、「もずく酢」っぽいものが食いたい。明日は雨になりそうだなあ。ちっと、疲れました~。



さーて、カブちゃん。
2005年06月26日09:57

雨があがっても霧が出てますな。北海道から本州まで、まだ340キロあるらしい。缶コーヒー飲んだし、ブーンと次の行きますかねー。今日はレッド・ツェッペリンで。ロックンロール。



白糠町の大漁祭り。
2005年06月26日11:13

山村では五穀豊穣を祈り、海では大漁を願う。本当はそれだけの為に生きてりゃあいいんだよなあ。なんだか泣けるなあ。



ゴッチン(焼き物)
2005年06月26日11:25

白糠の港に水あげされたばかりのカキを炭火で焼く。海水だけの味付けが、香ばしくてよろしい。ぶりっぶりでしたぜ。海のミルクっつー、意味がわかるなあ。三個で五百円也



帯広に着いた~。
2005年06月26日14:33

バイク屋さんを見つけたので、カブちゃんのオイルを交換。昼はゴッチンだけだったので、腹がへった。今夜はライダーハウスでコンビニ弁当かなあ。



カブちゃん。
2005年06月26日19:11

タイヤは細いし、車高も低い。んでも、ずっと頑張ってるもんねー。頼りになるマシンだなあ。これで十分だなあ。



気温13
2005年06月27日07:55

雨も降りそうですな。これから日勝峠へ。霧がひどいなあ。まるでロンドンみたいだ…って、行った事ないけど。つーわけで、今日はストーンズのギミー・シェルターでロール!


石山トンネル手前。
2005年06月27日08:52

大分前に家族で来て、ここの広場でインスタントラーメンを食いました。霧でわかんねーっつーのな。只今、十二度。完璧に冬装備。あ、でも、薄日が差してきたじゃないよ~。晴れろー。



あ、あづーっ。
2005年06月27日09:49

トンネルを抜け、日高町に入った途端霧が晴れた。気温は二十二度まで上昇。んも~、ハードラック・ウーマンだわ。



ザーザーと雨でござる。
2005年06月27日11:48

次から次へと天気が変わるなあ。夕張への峠を越える前に日高町でガソリンを給油。本気で苫小牧に行くつもりなら、門別のある海岸ルートを行くべきと、おにーちゃんが言ってました。フェリーも出航してるらしい。よーし、根性入れて行くかあ。雨になんぞ負けねーぞー。が、しかし、レバニラが食いたい。



ゴッチン(麺)
2005年06月27日14:12

門別に着きました。寒かった~。手がかじかんでおります。新登場ししゃもラーメンというものを注文。全く、なんにも感動しなかった。いろんな角度から味わってみましたが、やはり「ししゃも」と「ラーメン」でした。温まったからいいか。



フェリー埠頭
2005年06月27日18:20

苫小牧市に着きました。21時15分出港のチケットを購入。2等の雑魚寝で5880円。明日の4時過ぎに青森県八戸市に着く予定。そしたら、新幹線で東京に戻りますー。まっじ、疲れました。224キロ走った~。



おたずね。
2005年06月27日19:48

明日、東京にもどりますが、ジャンバー着てたらバカですか。東京都民はハンソデなんだべか。夜も寒くないんですよね。生きる術を教えてください。新幹線から降りて、後ろ指さされない技を教えてください。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年06月23日(火) 16時49分30秒

カブで東北、北海道を回った10年前の今日 07

テーマ:カブ全国ツアー

2005年6月22日~24日
帯広市、釧路市、根室市


22日
今朝も3時45分、夜明けと共に目が覚めました。兵庫県尼崎市から来たというアンちゃんも夜明けと共に起床し、サッと荷物を整えるとバイクにまたがり去っていきました。規則であるライダーハウスの掃除をして日記を書きました。早朝、一人きりの空間はとても静かで低い気温がキリっとしていて頭がスッキリします。いくらでも日記が書ける気がしました。いいっすね。


帯広市のFM-JAGAはセキュリティがきちんとしていてスタジオも立派。今まで見てきたcFMの中で一番、メジャーな印象を受ける局でした。


ライダーハウスに戻ると青森県出身のライダーがいて、旅の話をたくさん聞きました。どこで何があったという話よりも「雨、風の日は動かない。ライダーハウスで本を読んだりと停滞するのも旅です」と言った事が僕には衝撃でした。僕の場合、cFMに行く日があらかじめ決まっていて、約2か月半のスケジュールがびっしり。約束がズレるなんて考えられない。なにげに緊張感がすごいです。その緊張感はせっかく取ってある休みの日も続いていて、よっぽど体調が悪くない限りは「二度と見れない景色かも」と動き回ってました。


青森ライダーの話を聞いて「ああ、ツーリングって言うのはそういう事なんだな。気ままな旅ってそういう事か」と初めて気がつきました。振り返ると西日本、四国、九州を50CCのカブでまわってきましたが、彼の言うような旅ではなく、常にスケジュールに追いかけられる実に余裕の無い旅なんだなと思いました。切迫した感じの表情が無く屈託のない笑顔で話す彼を見ながら「いつか、そんな旅をしてみたいな。いや、性格的に無理かな」などと考える夜でした。




日記を書いております



ここは2階です。アルミシートが僕の寝床でした



立派で綺麗なライダーハウス



FM-JAGAさんは今(2015年)もお世話になっております



行ってみたいと思っていた「幸福駅」



子供の頃、切符のキーホルダーがありました



乗った風で記念撮影しました。セルフタイマーです




23日
本日は帯広市から釧路市へ約135キロの移動。カブだとだいたい5時間くらい。2004年に西日本を走り始めた頃は100キロの移動だけで「ヒエーっ、遠い」と感じていましたが、北海道を走っていると、広大すぎて100キロくらいなら「まあ、走っていればいつか着くさ」とすっかり慣れてしまってました。ちなみに、ここ数日の距離は以下の通り。


稚内市→士別市(約222キロ)、士別市→富良野市(約248キロ)、富良野市→帯広市(約168キロ)。ちなみに釧路市から最東端のcFMがある根室市までは約154キロです。


早朝4時頃、夜明けと共に起床してしまうのがクセになってしまってますが、日中の時間が10時間近くありますから、北海道を走るうえではいい事かもしれません。


そう言えばライダーが「これから行く釧路、根室は寒い」と言ってました。海水温が低いので沿岸の街は寒く内陸は暖かいんだそうです。天気予報を見ると帯広市の最高気温は34度に対し釧路は21度、根室は23度との事。なるほどー。


確かに白糠あたり、湿原が現れてくると気温がグッと下がりジャンバー無しでは耐えられない感じでした。




これは側道です。あまりにもまっすぐな道だったので



カブのカバーには訪問したcFMのステッカーが貼られています



すごく雰囲気のいい駅でした



架線が無いのがいいです



カブで走るにはちょっと怖い道幅でした



湿原の中を行く汽車



今夜の寝床です。充電は必須です



「かしわぬき」という汁物。寒かったのでしみたー



24日
本日は最東端のcFMがある釧路市へ。釧路市からしばらく内陸を走るのですが海岸近くの厚岸が近づくと、気温が下がりました。なるほど、海水温の影響なんでしょうね。


夕方、根室市に到着。FMねむろでお話を聞いてもらった後、宿を探しました。何日も前から探しているのですが、どこも満室。まあ、高いお金を出せばいくらでもあるらしいのですが。


なかなか見つからないし、気温が低し、陽が傾いてくるし、心細くなってきました。最悪、テント張って寝るかと覚悟を決めると割と気分が楽になったので、その感じで再度、宿探しにチャレンジ。すると「3畳の何も無い部屋ならある」との事。共同のお風呂も使ってOK。即決しました。


荷物を放り込み、バタンと畳に倒れこみました。畳の匂いがいいー。とりあえず、今日で北海道の営業はおしまい。長かったー。よく走った。


3畳の部屋で缶ビールを飲みホッとしたのですが、ふと函館に上陸した日(6月7日)を思い出してました。函館の食堂でファイターズとベイスターズの試合をラジオで聴きながら「ついに北海道だ!距離もハンパないし、どっかで事故ったら大変だぞ。絶対無事故で、さらに1局でも多く、cFMにネットしたもらうんだ!」と身震いしていました。「あそこ(函館)も北海道だったなあ。なんだか、遠い昔のようだ。そろそろこのツアーも終わるなあ。目標が無くなってしまうなあ」と寂しい気持ちになりました。




初夏ですが冬みたいな感じがするユースでした



釧路湿原です



湿原を貫く線路。しびれるー



きっと、雪が降った際のスリップ注意なんだと思います



ひっそりとした根室駅



温暖化の影響で、花咲ガニが捕れなくなってきてるそうです



もちろん、記念撮影です



ロシア語でも記載されてました



FMねむろさんには今(2015年)もお世話になっています



3畳のお部屋でしたが、夕飯がゴージャスでした




というわけで当時のmixi



帯広のFM局。
2005年06月22日11:49

受け付けやら、応接スペースやら、大袈裟なので焦ったりして。なかなか、慣れねーなー。今日も暑い。北海道は夏になったみたいっすね。



幸福と言う駅がありました。
2005年06月22日15:10

廃止になった駅ですな。結婚式やってました。ったくよー、こっちは汗流して仕事だっつーの。鐘なんか鳴らしちゃってよー。いいロケーションじゃねーか。あー、俺もやりてー。んもー、風呂に行ってサッパリすっか…って、まだ早いっつーのな。ああ、北海道。



上等なライダーハウス。
2005年06月22日16:25

昨日から泊まってる「大正カニの家」でござる。カニと聞いてもカニパンとかカニサブレとか、海のカニを連想しないのはなぜだ。関係ないですがカニって、へんな言葉だなあ。カとニですよ。ウニもそうか。



花火をやりたい
2005年06月23日07:13

帯広を出ます。釧路、根室と、どんどん気温が下がるんだと。霧もひどいらしい。ローソンで沖縄そばのカップ麺を食ってま~す。今日も晴れ。杉真理あたりを聞きながら、80年代気分でゴーっ



上厚内駅で休憩中。
2005年06月23日10:06

セミの声が山から聞こえてくる。モンシロチョウが乱舞し、カラスが電柱の上で暑いと叫ぶ。こういうとこでロケでもできないかなあ。



釧路のFM
2005年06月23日15:12

駅の中だと勘違いしていた(笑)。やっべー、二キロ先じゃん。四時までに入らないと。海なんぞ見ている場合ではないのであった。



もう、寝ます。
2005年06月23日20:49

マキバなんとかユースに泊まってます。北海道は3時45分に夜が明けます。したがって早起きになります。東京って何時だったかなあ。



北海道、最後の営業へ。
2005年06月24日09:21

気温19度、晴れ。涼しい風が通り抜ける広間で日記を書く。大阪出身の主人から趣味で生活をするといった痛快な話を聞く。どーれ、そろそろ行きますかー。



うまそうな海
2005年06月24日11:21

厚岸(あっけし)という街。カキがガンガン取れるんだと。アイヌの首都だったんだと。さっき、ネズミ取りやってた。和歌山に比べて太陽光が弱いよなあ。さっき、走行距離が3000キロになりました。



最東端の駅ではない。
2005年06月24日17:05
根室駅です。ここでレールがジ・エンド。稚内駅に比べて地味だあ~。やたら、花咲カニを売ってる店が多いですねぇ~。一尾500円って、書いてた。ほんとかね。これから最東端の駅、東根室駅に行って、そこから岩手のラジオ番組に電話でつなぐのであった。まだまだ、仕事は続く。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。